全勝王者、ルカシュ・ロザンスキーが1Rに沈む! VSローレン・オコリー(WBC世界ブリッジャー級タイトルマッチ)

目次

(出典:WOWOW)

WBC世界ブリッジャー級タイトルマッチ(2024年5月24日)

ルカシュ・ロザンスキー(ポーランド)VSローレンス・オコリー(イギリス)

両選手のプロフィール

ルカシュ・ロザンスキー(ポーランド)WBC王者

15戦全勝14KO、38歳 オーソドックス

身長186センチ  リーチ 188センチ

2代目の王者でKO率はなんと93%のハードパンチャーです。

ローレンス・オコリー(イギリス)WBC1位

20戦19勝14KO1敗、31歳 オーソドックス

身長 196センチ  リーチ 210センチ

リオ五輪でヘビー級ベスト16のアマチュアエリートです。前WBOクルーザー級王者です。体格ではヘビー級でも十分通用するでしょうね。唯一の黒星は、現WBOクルーザー級王者のクリス・ビラム・スミスに判定でタイトルを奪われた敗戦です。こちらも右一発に破壊力があります。

試合展開

KO決着必至だとは思いましたが、まさか1ラウンドで終わるとは思いませんでした。

開始1分もたたないところで、オコリーの右打ちおろしがかすりました。ここはロザンスキーがクリンチで逃げます。しかし、体格差がかなりありますね。ロザンスキーはオコリーの長いリーチに阻まれ、中に入ることが出来ません。

そして、残り2分あまりのところで、オコリーの右ストレートがヒットし、ロザンスキーはもろくもダウンしました。かなり効いていますね。立ってきましたが、またもオコリーの右打ちおろしを浴びて2度目のダウンを喫します。最後は右ストレートを2発浴びてダウン。レフリーがカウントアウトし、ロザンスキーは何もできずに初防衛に失敗しました。

ブリッジャー級は必要?

WBCに続いてWBAもブリッジャー級を創設しましたね。まあ団体としては階級を増やせば収入も増えるでしょうが、レベルの低下は否めません。クルーザー級もスター選手はほとんどいません。ライトヘビー級と比べると、その差は歴然としてますね。

「わしボク」はクルーザー級の体重上限をブリッジャー級の224ポンドまで上げて、クルーザー級のレベルアップを図るべきだと思います。

各団体は儲けることばかり考えず、ボクシング人気の向上をもっと考えるべきですね。日本では井上尚弥を除いては、マニアックなスポーツになりつつあります。危機感がなさすぎます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)