ヘビー級のホープ、エフェ・アジャクバが大事な再起戦を2RTKO勝ちで飾る VSジョセフ・ダーモス

目次

(出典:WOWOW)

エフェ・アジャグバ(ナイジェリア)VSジョセフ・ダーモス(ハンガリー)

ヘビー級8回戦(2022年8月27日)

両選手のプロフィール

エフェ・アジャクバ(ナイジェリア)WBC世界ヘビー級19位

16戦15勝12KO1敗、28歳 オーソドックス

身長 198cm  リーチ 216cm

2021年10月9日にフランク・サンチェス(キューバ)に大差の判定で敗れ、初黒星を喫すると思に、世界戦線から大きく脱落してしまいました。今回は絶対に負けられない再起戦となります。

ジョセフ・ダーモス(ハンガリー)元ハンガリークルーザー級王者

21戦14勝10KO4敗3分け、37歳 オーソドックス

身長 185cm  リーチ 185cm

試合展開

1R

アジャグバがジャブを突いて距離を取りながら前に出ます。しかし、ダーモスはじわじわと前に出て接近戦に持ち込もうとしています。アジャグバのジャブはまあまあですが、右はスピードがありませんね。それでも、ボディやアッパーをコンパクトにヒットしてます。

2R

アジャグバが左ジャブから、右を少し強めに放っています。開始30秒に放った右フックが少し効いたのか、ダーモスが少し体勢を崩しました。そして、連打でロープに詰め、左右のフックから右フックをボディにヒットさせると、ダーモスがあっさりダウンしました。

何とか立ってきましたが、残りはまだ2分以上あります。アジャグバが落ち着いて攻め、右フックをテンプルにヒットさせると、ダーモスが膝を着いてダウン!レフリーは直ぐに試合をストップしました。

アジャグバが2RTKO勝ちで、再起戦を飾りました。まあ、力の差がかなりありましたね。勝てる相手を選んだのでしょう。さあ、次はこの程度の相手では物足りませんよ。真価を問われる一戦となりますね。はっきり言って、この選手は世界戦には浮上しないと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)