ショーン・ポーターがTKO負け!テレンス・クロフォードは全勝をキープして防衛に成功(WBO世界ウェルター級タイトルマッチ)WOWOWオンデマンド

(出典:WOWOW)
(出典:WOWOW)

テレンス・クロフォード(アメリカ)VSショーン・ポーター(アメリカ)

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2021年11月21日)

テレンス・クロフォード(アメリカ)WBO世界ウェルター級王者

37戦37勝28KO、34歳 スイッチボクサー

身長 173cm リーチ 188cm

8連続KO勝利中。とにかくパンチを当てるタイミングが抜群に上手いし、相手のパンチを紙一重でかわす防御勘は素晴らしいの一言ですね。「わしボク」が好きなボクサーナンバーワンかもしれません。

ショーン・ポーター(アメリカ)WBO世界ウェルター級2位

35戦31勝17KO3敗1分け、34歳 右オーソドックス

身長 170cm リーチ 177cm

3敗の相手は、まず、2014年にケル・ブルックに判定負けしたもの。この時のブルックは全盛期でしたからね。そして、2016年にキース・サーマンと対戦し、僅差で判定負け。全勝のサーマンが大苦戦した試合でした。最後の1敗は、エロール・スペンスです。この試合は珍しく、ダウンを奪われています。

展開予想

フィジカル面ではポーターの方が、上回っているような気がします。このパワーでサーマンは終始押されていましたからね。クロフォードはスイッチボクサーですが、恐らくサウスポーで戦うでしょう。中盤ぐらいから、クロフォードが的確なパンチを決めて、ポーターを追いつめるでしょうが、タフなポーターを倒すのは難しいでしょうね。それほど大差はつかないでしょうが、判定でクロフォードが王座を防衛すると思います。「わしボク」クロフォードのKOを見たい!ポーターが失神するところを見たい!無理でしょうね。

なお。両選手とも前日計量を一発でクリアしています。

予定どおり、11時から配信が始まりました。メインの試合までアンダーカードが3試合あります。従ってクロフォードが登場するのは、午後2時頃でしょうか。

試合展開)

1R)

ポーターがいきなり突っ込んで打って出ます。クロフォードは右構えでスタート。ポーターが腰を低くして、じりじりと前に出ます。そして、強引に突っ込んで左右のフックを放ちます。

2R)

クロフォードはまだ右構えです。クロフォードがじりじりと前に出ます。そしてサウスポーにスイッチしました。ポーターは左のカウンターを警戒し、前に出られません。それでもポーターの大きな左右フックがヒットしました。ラウンド終盤、クロフォードの左フックがカウンター気味にヒット。

3R)

クロフォードはここからずっとサウスポーで戦うでしょうね。クロフォードは右ジャブを突きます。ポーターは相変わらず突っ込んでパンチを放ちます。お互いフェイントの掛け合いです。ラウンド終盤、ポーターの右フックがヒットし、クロフォードがバランスを崩します。ポーターは右目尻から出血が見られます。

4R)

クロフォードはまだ距離、タイミングがつかめていないようです。しかし、中盤から左ボディ、そして右ジャブから左がヒットし出します。クロフォードはそれでもやり難そうですね。ポーターは突っ込んでパンチを放ちます。

5R)

クロフォードの右ジャブが、少し距離が合ってきた感じです。ポーターが飛び込むと、右フックで体を入れ替えます。ポーターが接近して左右のフックを連打。クロフォードはガードを固めて、クリンチに逃げます。ポーターがクロフォードをロープに追いつめますが、クロフォードの右ジャブから左ボディがヒットします。

6R)

どうやらこの調子だと12Rまで行きそうな感じです。

クロフォードが左ジャブから大きな左右フックを振りますが、いずれも空を切ります。それでも左のパンチにかなり力を入れて放っています。やや力んでいるのかな。クロフォードの右ジャブがヒットしましたが、ポーターは構わず前に出てクロフォードを追いかけます。どうやらバッティングで、クロフォードが目の上をカットしたようです。クロフォードの左アッパーが軽くヒットしましたが、ポーターは接近戦で左右のフックを放ちます。

7R)

ポーターがじりじりと前に出ます。クロフォードは体を入れ替え、右ジャブを突きます。ポーターがクロフォードをロープに詰めて左右のパンチを放ちます。そこへクロフォードの左ショートアッパーがヒット。ポーターはパワーでクロフォードをロープに押し込みます。

8R)

クロフォードがジャブを突いて前に出ます。ポーターはひるまず前に押し込みます。そして、ポーターの左ジャブがヒットします。さらにポーターは前に出て右フックをカウンターでヒット。クロフォードの反応が少し悪い感じです。少し休んでいるのかな。ポーターの圧力でかなりスタミナを消耗するでしょう。

9R)

クロフォードが右ジャブを放ちますが、どうも距離感が悪い。この回もクロフォードはカウンター待ちで、やや消極的です。ポーターはタイミングを計っています。クロフォードは左のボディアッパーをヒットしますが、どうも倒す気はないような気がします。それでも、クロフォードは左をボディから上にダブルで放ちます。

10R)

開始1分過ぎ。ポーターが強引に左右のパンチを放って前に出るとところへ、クロフォードの左カウンターがヒットし、ポーターは尻もちをつくようにダウン!

すぐに立ってきて、それほどダメージは感じられませんが、クロフォードは猛然と攻め込みます。そして、左右のパンチでまたもポーターがダウンしました。これはかなりダメージがありそうです。マットをたたいて悔しがっていましたが、セコンドからギブアップのサインが出て、なんとポーターは初めてのTKO負けを喫しました

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: クロフォード2021-2-1-1024x769.jpg

(2度目のダウン)

クロフォードが10RTKO勝ちで、防衛に成功し、ウェルター級ナンバーワンをアピールしました。リングサイドに観戦しに来ていた宿敵エロール・スペンスは苦笑を浮かべて席を立ちました。

 

 

 

 

4 Comments

9Rまでですが、ポーターはポイントでひょっとしたら勝っていたかもしれません。
しかし一瞬の隙、もしくは的確な打撃の積み重ねで、クロフォードがノックダウンを奪ってしまった。
見てて思ったんですが、クロフォードの近距離打撃はそれほど上手くない。ちょっとガチャガチャしているし、パンチの軌道にも無駄がある。それでもポーターの隙をついて的確に当てるんですが、クロフォードの総合力が95点なら、近距離だけは90点ぐらいで、少しだけ劣っている。ポーターは良いところまで行ってたんですけど、残念です

返信する
わしボク

今日のクロフォードは出来が悪かったですね。ポーターの突進に戸惑い、距離感をつかむのに苦労していました。
ポーターが強引に勝負に出たから、この結果でしたが、ポーターが安全運転してたら、勝敗は微妙でしたでしょう。

返信する
怒りの王子

クロフォード、スーパーウェルターに転向のオプションがあるみたいですね

パッキャオがウガスに負けて引退したので、そのパッキャオと対戦が流れたスペンスが即会場を去ったのが気になりますが。

返信する
わしボク

クロフォードは、ウェルターでも、線が細い感じがします。むやみに階級をあげるのは賛成できませんね。スペンスとの統一戦が無理なら、是非、シャロンエニスとの対戦が観たいと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)