ユーリ阿久井政悟が判定で王座獲得! VS無敗の王者アルテム・ダラキアン7度目の防衛失敗(WBA世界フライ級タイトルマッチ)

目次

WBA世界フライ級タイトルマッチ

アルテム・ダラキアン(ウクライナ)VSユーリ阿久井政悟(倉敷守安)

両選手のプロフィール

アルテム・ダラキアン(ウクライナ)WBA世界フライ級王者

22戦全勝15KO、36歳 オーソドックス

身長 164センチ 

2018年にブライアン・ビロリアとWBAフライ級王座決定戦を行い判定で王座を獲得しました。その後6度の防衛に成功し、今回が7度めの防衛戦となります。やや変則的なスタイルですが防御感がよく、やり難いボクサーですね。「わしボク」は嫌いです。

ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)WBA1位

21戦18勝11KO2敗1分け、28歳 

身長 167センチ

2015年の全日本ライトフライ級新人王ですが、この時の「わしボク」評価はあまり高くなく、相手の細谷が勝っていたようなコメントを残しています。2017年に中谷潤人と対戦し6RTKO負けでプロ初黒星を喫しました。しかし、2018年4月には矢吹道正に1ラウンドTKOで再起戦を飾っています。2019年10月に小坂駿と日本フライ級王座決定戦を行い、1RTKO勝ちで日本タイトルを獲得しました。このタイトルは3度防衛に成功しています。いまや、各団体の世界ランキングに名を連ね、特にWBAでは1位にラインされています。11KOのうち実に1ラウンドKOが9回とフライ級では屈指のハードヒッターです。2023年2月の世界前哨戦では無敗の世界ランカーのジェイソン・パイソンに大差の判定勝ちしました。準備は万端です。

試合展開

前日計量は両者とも一発でクリアしましたが、ユーリがお辞儀をしたときに頭が当たるハプニングがありました。

無駄な国歌斉唱はいらいんやろ!セレモニーは無駄ですよ。

序盤はユーリがプレッシャーをかけて前に出ます。ダラキアンはのらりくらりとパンチをかわしながらカウンターを狙っています。中盤になってもこの展開は変わりません。ダラキアンはこの後どう反撃するのでしょうか。結局、フィジカルで勝るユーリが終始優勢に試合を進め、勝利を得ました。

判定でユーリがタイトルを獲得しました。3-0(116-111,117-101,119ー109)

 

 

 

2 Comments

正直にコメントすると、ケンシロウは2ポイント差ならドローでもおかしくなかった。
前に出るボクサーは好きだし、試合前の煽り動画見てユーリのことを応援してたけど、ヒット数だけでジャッジすると、判定負けだったと思う。一緒に見てたコメント欄でも強奪だと外人が怒ってた。 そしてダラキアンがポイントを獲れないんなら、ケンシロウの11Rと12Rは獲られたはず。違うジャッジだけど、矛盾した判定だったと思う。

天心は前に出る意思を見せてくれた。でも前に出ると平凡なボクサー。バックフットなら天性のカウンターが光るけど、前だと特別な物を感じなかった。でも数ラウンドで終わったので、ひょっとするとまだまだ引き出しがあったかもしれないけど。それでも試合には勝ってたし、KOも出来たと思う

3人とも勝利おめでとう!

返信する
わしボク

拳四朗は予想以上に苦戦しましたね。それに引き替え、ユーリのフィジカルの強さには驚きました。天心は勝ちましたが、相手が弱過ぎましたね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)