村田諒太9ラウンドTKO負けVSゲンナディ・ゴロフキン(WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦)Amazon Prime Videoで生配信

目次

(出典:WOWOW)

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦(2022年4月9日)

村田諒太(帝拳)VSゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

ゴロフキンが来日しましたね。噂によると、高級ホテルのワンフロアを貸し切り、その費用がなんと7千万円ということです。更に、村田の報酬が推定4億円、ゴロフキンは10億円以上らしいです。これじゃ、地上波のテレビ局は手が出ませんね。

両選手のプロフィール

村田諒太(帝拳)WBAスーパー世界ミドル級王者

18戦16勝13KO2敗、36歳 右オーソドックススタイル

身長 184cm リーチ 190cm

2017年5月に、WBA世界ミドル級王座決定戦でアッサム・エンダムと対戦し判定負け。しかし、再戦で7RTKO勝ちして、タイトルを獲得しました。2018年にロブ・ブラントに判定負けして、タイトルを手放していますが、これも再戦で、2RTKO勝ちして、王者に返り咲いています。2019年12月、スチーブン・バトラーに勝って初防衛に成功してから、2年4か月のブランクがあります。

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)IBF世界ミドル級王者

43戦41勝36KO1敗1分け、40歳 右オーソドックススタイル

身長 179cm リーチ 178cm

カザフスタンは、間にロシアを挟んで、ウクライナの東にある大きな国です。

2010年にWBA世界ミドル級タイトルを獲得し、なんと20度も防衛しています。その間にWBCタイトルやIBFタイトルも獲得しています。そして、2018年9月に、サウル・アルバレスとの再戦で初黒星を喫し、王座陥落。2019年10月にIBF王座決定戦で判定勝ちし、再び世界王座に返り咲いています。2020年12月に初防衛に成功してから、1年4か月のブランクがあります。

試合結果

アンダーカード(吉野修一郎VS伊藤雅雪)が午後6時ごろから始まるようです。2試合目に、セミファイナルの中谷潤人VS山内涼太もあります。従って、村田の試合は午後9時頃でしょうか。こんな豪華カードを1日でやるのはもったいないですね。

前日計量は、ブランクの影響もなく両選手とも余裕でクリアしました。

序盤は村田が攻勢

やはり村田が初回から攻勢をかけました。右ストレート、左ボディで優位に立ち、これはひょっとして、と思いました。特にボディブローは効果的でしたね。

中盤からゴロフキンが反撃

しかし、5ラウンドあたりから、ゴロフキンが反撃に転じました。村田は序盤に力を出し尽くし、ややスタミナが切れてきたのか、守勢に回るシーンが多くなり、6ラウンド終了時点で、村田がややふらつく感じに見えました。

後半はゴロフキンのコンビネーション

やはりゴロフキンのパンチは、強烈ですね。ガードの上からでも村田はかなりダメージを受け、しかもスタミナも切れてきたのか、パンチに威力がなくなってきましたね。9ラウンドは、最後の反撃もむなしく、ゴロフキンの右フックを浴び、ついにダウン。タオルが投入され、レフリーがすぐに試合をストップしました。

いや~やっぱりゴロフキンのパンチは強烈ですね。「わしボク」は村田が倒れるとは思っていませんでした。それはともかく、日本のリングにゴロフキンが登場した時は、感動しましたね。めちゃくちゃオーラがありました。村田も最善の策で応戦し、序盤はゴロフキンを下がらせたのですから、さすがです。しかし、ゴロフキンはその上をいきましたね。

 

10 Comments

怒りの王子

朝刊記事にも拳を付き合わせている写真が大きく載ってましたがいよいよですね

スポーツニュースやYouTuberで夜、チェックするつもりです。

返信する
わしボク

YouTubeでもう配信されてますね。やはり試合を観ないと、この試合のすごさは分からないですよ。

返信する

村田の出だしは悪くなったから残念です。村田のボディーも良かったし、私の予想を覆す村田の頑張りを見れたので満足です。GGGのフックの種類の多さは流石でした。上からのフックが当たらなくても、ガードをすり抜けるフックも凄かったし、アッパーからのフックやボディへのコンビネーションも健在でした。40歳でも強い人は強いのね

返信する
わしボク

ゴロフキンの右フックは角度があって、よけにくいのでしょうね。しかも破壊力が壊量が抜群。
ボディブローが効いていただけに、悔しいです。

返信する
怒りの王子

タオル投入によるTKO勝ちでゴロフキンが勝ったみたいですね

これでゴロフキンはカネロと9月に再戦、村田さんは引退か・・・

返信する
わしボク

目標にしていた、ゴロフキンに負けたですから、引退するでしょうね。残念です。

返信する

いや~村田も相当頑張りましたがゴロフキンは一枚上手でしたね。他の試合も好試合で今日は楽しみました。やはり観客がいるといいですね、今後もドンドン盛り上がって欲しいものです。

返信する
わしボク

「わしボク」は村田の左ボディブローが効果的にヒットし、何よりもゴロフキンを下がらせてるのを見て、
「これは行けるかも」と思ってしまいました。終盤も、打たれたら打ち返す村田の根性には敬服します。

返信する
パンチャーファン

 わたしは村田が勝つとしたら後半スタミナ切れのゴロフキンに判定で20%くらいは
可能性はあるかもと思った。
 ゴロフキンは全盛期に比べ動きが硬く,4Rまでは村田の圧力が効いていた。
ところが先にスタミナが切れたのは村田の方だった。
 村田はプロに転向する前からの予想通りの道を予想通りにこなせてきたと思う。
このクラスでよく頑張ったお疲れさまと言いたい。
 daznでなく今後もamazonがんばれw

返信する
わしボク

村田は予想以上に頑張りましたね。特に序盤はボディブローで、あのゴロフキンを下がらせていましたから。
後半も、打たれたら、必ず反撃していましたし、もっとボディを叩けばチャンスがあるかな、と思いましたが、
やはりゴロフキンが一枚上手でした。村田は前半飛ばしすぎて、先にスタミナが切れたのも痛いですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)