わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ロマチェンコに唯一の黒星をつけたオルランド・サリドが、三浦隆司さんにTKO負けしたミゲール・ローマンに倒される

▼最新記事

オルランド・サリド(メキシコ)VSミゲール・ローマン(メキシコ)

S・フェザー級10回戦(2017年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20171212174009j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171212174022j:plain

(出典:WOWOW)

尾川堅一が世界タイトルを奪取した試合のラスベガスのメインは、大番狂わせとなりました。

サリドは、62戦44勝31KO13敗4分け1NC、37歳。

WBC1位、WBOでも1位にランクしている歴戦の雄です。なにせあのワシル・ロマチェンコに、唯一の黒星をつけているんですからね。

三浦隆司さんがTKO負けしたフランシスコ・バルガスと引き分け、その後2連続KOで、この試合にいどみます。

 

www.boxing-blog.com

 ローマンは、今年の2月に三浦隆司さんにTKO負けして、その後KO勝ちで再起を果たしています。

69戦57勝44KO12敗。WBC5位、32歳。

 

www.boxing-blog.com

 

まさに生き残りを賭けた「超」ベテラン対決です。60戦を超えた同士の対決は、そうそう見られるものではありません。

順当なら、激闘王サリドが後半にローマンを倒すでしょうね。

 

いきなりサリドの右フック

前に出てプレッシャーをかけるのは、背の低いがっしりしたローマン。

三浦さんと対戦した時、こんなにプレスの強いイメージはないのですが、この日はサリドがローマンのパワーに押されています。

しかし、1ラウンド終盤にサリドの右フックがさく裂。ローマンが大きく体勢を崩しました。

f:id:stonemeintothegroove:20171212175433j:plain

(見えない角度から飛んでくるサリドの右フック)

サリドのあの外からくる右フックは見えないかもしれませんね。

かなりダメージがあったようです。

 

ローマンのパワーに押される

しかし、ローマンのプレッシャーはかなりのもです。しかも連打の回転が速いので、早くもローマンがペースを握ります。

よくこんな相手に三浦さんは勝ちましたね。

そして、4ラウンドには、サリドの足が揃ったところへ、ローマンのタイミングのいい右ストレートはヒットし、バランスを崩すようにサリドがダウンします。

f:id:stonemeintothegroove:20171212175550j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171212175604j:plain

(サリドが攻勢に出たところへタイミングのいいローマンの右ストレートがヒット)

ダメージはさほど盛ったようですが、このダウンで流れが大きく変わります。

サリドの得意な距離を殺し、ローマンが接近戦でサリドをロープに詰める場面が多くなります。

時折、いいパンチを放ちますが、完全にローマンのパワーに押され、サリドは下がりながらの応戦を余儀なくされます。

 

勝負をかけたサリドがまたダウン

明らかに疲労の色が見えるサリドが、6ラウンドに勝負をかけて攻勢に出ます。

見た目はサリドがプレッシャーをかけて、ラウンドを支配している感じですが、サリドは一杯一杯、むしろローマンの方に余裕がありように見えます。

それでもサリドはローマンをロープに詰めて連打します。

しかし、いつものパンチのキレがありません。

そして、8ラウンドにローマンが決定的なダウンを奪います。

サリドを連打で追いつめ、左ストレートで2度目のダウンを奪いました。

このダウンは明らかにダメージが感じられました。

f:id:stonemeintothegroove:20171212181559j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171212181613j:plain

(連打で追いかけとどめの左ストレートがヒット)

サリドの気持ちが折れたかに見えましたが、立ってきたサリドはしぶとく反撃します。

 

ローマンの猛攻に心が折れる

サリドはここで下がる訳にはいきません。必死に応戦します。

しかし、残されたスタミナに明らかな差がありました。

ローマンがロープに詰めて連打すると、さすがのサリドも心が折れて、崩れるようにダウン。レフリーがすぐにストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171212181821j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171212181832j:plain

(もうサリドに余力は残っていませんでした。連打で崩れるようにダウン)

 

9ラウンドTKOで、なんとローマンが生き残りました。

この敗戦で、サリドはロマチェンコとの再戦はほぼなくなったと言えます。

この日のサリドは、負けるときのサリドですね。

もう引退かなとも思えますが、こんなサリドがあっても、今までは不思議と蘇ってきます。でも、さすがに…。

そして、あらためて三浦隆司さんの強さを実感した次第です。