最後に決まった大晦日の世界戦は日本人対決 木村翔VS五十嵐俊幸 WBO世界フライ級タイトルマッチ

木村翔(青木)VS五十嵐俊幸(帝拳)

WBO世界フライ級タイトルマッチ(2017年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20171218121501j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171218121018j:plain

 

中国のスーパースター、ゾウシミンにTKOで勝って、日本のボクシングファンをあっと驚かせ、一躍中国で有名人になった木村の初防衛戦が決まりました。

相手はWBO1位で元WBCフライ級王者の五十嵐俊幸。

 

木村は18戦15勝8KO1敗2分け、29歳。

五十嵐は28戦23勝12KO2敗3分け、33歳のサウスポー。

 

 

展開予想

私はYouTubeでしか木村の試合を見てませんので、今一つ木村の実力が分かっていません。

KO率は50%を切っていますが、最近の10試合では10勝8KOと、急にKOが多くなっています。ただ、名のある相手との対戦は皆無で、恐らくゾウシミンも完全に木村をなめていたと思います。

 万全の状態でリングに上がったとは思えません。

倒された11ラウンドは明らかに動きがおかしく、完全に失速したように見えました。

木村のパンチで倒れたというより、ゾウシミンが自滅したような感じでした。

したがって、この勝利がフロックかどうか、真価を問われる一戦であることは間違いまりません。

www.boxing-blog.com

 

一方の五十嵐は、2013年4月に八重樫東に判定で敗れWBCのタイトルを失って、4年半。

再起戦のオマール・ソトにはKO勝ちしていますが、その後の4戦は3勝1分けでかろうじて負けはありませんが、いずれも不甲斐ない試合です。しかも引き分けを含む3試合が負傷判定と、とにかくカットが多いのが気になります。

私にはとても世界1位の実力があるとは思えません。おそらくピークは4~5年前で、その後は完全に下り坂だと思います。

 

木村にとってはラッキーな相手だと思います。

スピードが売り物の五十嵐ですが、最近の試合を見ていると、その自慢のスピードも今一つで、手数も少なく、相手を圧倒するシーンはほとんどありません。

木村にとって唯一の問題点は、五十嵐がサウスポーだということぐらいでしょう。

しかし、プレッシャーをかけ、思い切って接近すれば、サウスポーも関係計なくなるでしょう。

初回から積極的に仕掛けて先手を獲れば、判定で初防衛に成功する可能性が高いと思います。

 

この試合は田口良一VSミラン・メリンドのセミファイナルで行われます。

ところで、テレビ放映は、テレビ東京ではなく、TBSテレビで生中継されるようですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です