わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

エキサイトマッチが選ぶ?未来のスター候補。リオ五輪出場組3選手のプロ第2戦。ジョー・コルディナ&ジョッシュ・ケリー&シャクール・スティーブンソン

▼最新記事

ジョー・コルディナ(イギリス)VSセルゲイ・ビブ(ドイツ)

ライト級4回戦(2017年5月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20170629114458j:plain

(出典:WOWOW)

コルディナはリオ五輪でライト級に出場し、ベスト16の成績を残しています。

2人がリング上で対峙すると、コルディナが2階級ぐらい上に見えます。

そして見た目通り、この二人の力量差は明確。プレッシャーをかけて攻めるコルディナの左フックが、かするようにビブのテンプルにヒットし、早くもダウンを奪いました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170629115341j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170629115349j:plain

(コルディナのかするような左フックがテンプルをとらえました)

立ってきたビブに、コルディナが襲い掛かります。

そして、右ストレートをガードの間からねじ込んで、2度目のダウン。

これは立てないですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170629115607j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170629115621j:plain

コルディナの力量を測るには、ビブがあまりにも手応えがなさ過ぎて、判断しかねますね。まあ、イギリスのボクサーらしい感じがします。

とりあえずこれで2戦全勝2KO。これからも弱い相手ばっかりと対戦し、4~5年後には全勝で世界ランクに顔を出すのでしょか。

 

ジョッシュ・ケリー(イギリス)VSジョニー・ビナ(スペイン)

S・ウェルター級6回戦(2017年5月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20170629120242j:plain

(出典:WOWOW)

ケリーはリオ五輪ではウェルター級で出場し、ベスト16まで行っています。

初回からビナのパンチを見切ったのか、ガードを下げて、上体の動きだけでビナのパンチをかわします。

たまに避けそこなうのは、ご愛嬌。

なかなか小気味のいいボクシングをします。

そして4ラウンドに会心の右ストレート放ち、ダウンを奪いました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170629120654j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170629120706j:plain

立ってきたビナに連打を浴びせ、レフリーは止めるタイミングだけを見ていた感じです。一方的になったところで、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170629121235j:plain

ケリーは、なかなか華のあるみせるボクシングをしますね。

ただS・ウェルター級にしては少し一発のパンチ力に欠ける感じがします。でも3~4年後には、世界のトップ戦線に顔を出すような気がします。

 

シャクール・スティーブンソン(アメリカ)VSカルロス・スアレス(アルゼンチン)

フェザー級6回戦(2017年5月20日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170629122136j:plain

(出典:WOWOW)

この日の一番の期待選手は、このスティーブンソンでしょう。

リオ五輪ではバンタム級で出場し、銀メダルを獲得しています。

173㎝の長身で、まだ19歳のサウスポーです。

 

アマ出身とは思えないほど好戦的で、スピードとパワーでスアレスを初回から圧倒します。

そして連打でスアレスをコーナーに追いつめ、反撃してきたスアレスに打ち下ろしの右ストレート叩き込みます。

レフリーは一度はスリップと裁定しましたが、立ってくるときにスアレスがよろけたのを見て、すぐにストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170629122708j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170629122845j:plain

早ければ2~3年後には、世界のトップ戦線に登場してくるかもしれませんね。

楽しみな選手です。