わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ライトヘビー級に新たな新星 ドミトリー・ビボルVSセドリック・アグニュー

▼最新記事

ドミトリー・ビボル(ロシア)VSセドリック・アグニュー(アメリカ)

 

ライトヘビー級10回戦(2017年6月18日)

f:id:stonemeintothegroove:20170622080549j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170622080558j:plain

(出典:WOWOW)

この日の(ウォードVSコバレフ)アンダーカードにもう一つアメリカVSロシア対決が組まれていました。

(この日のアメリカVSロシア対決カード)

〇アンドレ・ウォード(アメリカ)  VS ✖セルゲイ・コバレフ(ロシア)

〇ルイス・アリアス(アメリカ)   VS ✖アリフ・マゴメドフ(ロシア)

✖セドリック・アグニュー(アメリカ)VS 〇ドミトリー・ビボル(ロシア)

 

ノンタイトル10回戦でしたが、ビボルはWBAの暫定チャンピオンです。

10戦全勝8KO、26歳。

アグニューは31戦29勝15KO2敗。31歳。

3年前に26戦全勝でコバレフに挑戦し、7RKOで完敗しています。

元USBA全米ライトヘビー級チャンピオンですが、現在世界ランキングからは消えています。

 

私にとっては、この試合はビボルの「お手並み拝見」となりますね。

 

 

初回からビボルが圧倒

ビボルは左ジャブを突きながら、距離を測って強い右ストレートを打ち込んできます。

左ジャブも距離を測るというより、左ストレートと言ってもいいぐらい強いパンチです。

アグニューはガードを堅めて、様子を見ながらサークリングしていますが、ビボルの圧力が強く、ほとんどパンチを出すことが出来ません。

このままラウンドが終了するかなと思った終盤、ビボルがワンツーでアグニューをロープに詰め、さらにワンツーをヒット。

コーナーに逃げ込んだアグニューの、堅いガードを破るように打ち込んだビボルの右ストレートで、アグニューはたまらずダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170622083104j:plain

(ワンツーでロープに詰め、さらに右ストレート叩き込む)

f:id:stonemeintothegroove:20170622083128j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170622083140j:plain

(コーナーに追いつめさらにワンツーを叩き込む)

f:id:stonemeintothegroove:20170622083156j:plain

(アグニューはたまらずダウン)

何とか立ってきて、この回を凌ぎましたが、KOは時間の問題と思われました。

 

ガードを貝のように固めて防戦するアグニュー

ビボルはとても基本に忠実なボクシングをします。愚直なまでに左ジャブを突いて、堅いガードのアグニューの顔面に右ストレートを叩き込みます。少し硬い感じですが、パワーは抜群です。

アグニューは防戦一方。両手はひたすらガードのために使い、ほとんどパンチを放つことが出来ません。

アグニューがガードを堅めてロープ伝いに逃げる様は、まるでロートルのヘビー級の選手のようです。

しかし、これだけ徹底的に守勢に回られると、ビボルもなかなか崩すことが出来ませんね。

 

唐突にアグニューがギブアップ

ガードの上からお構いなしにパンチを叩き込むビボルですが、なかなか決定打をヒットできません。

しかし4ラウンド開始早々、ビボルの放ったパンチで、アグニューが目の不調を訴え、あっさりギブアップ。すかさずレフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170622085018j:plain

(アグニューが目の不調を訴え戦意喪失)

まあ、これだけ一方的な展開になれば、ダウンはなくてもいつかはストップされていたでしょう。

 

アグニューはこれで世界戦線から完全に離脱ですね。

楽しみなのは、ビボルです。

かなり硬質な感じは否めませんが、パンチ力、パワー、しっかりした技術は将来性を感じさせます。しかもまだ26歳。

 

是非、アルツール・ベテルビエフ(ロシア)と対戦してほしいですね。私はこのベテルビエフが、ライトヘビー級では一番強いと思っています。