わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ジャッジ3人が揃って120-106の大差判定。またかよ、ヒルベルト・ラミレス! VSマックス・ブルサック

▼最新記事

ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)VSマックス・ブルサック(ウクライナ)

WBO世界Sミドル級タイトルマッチ(2017年4月22日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170523163023j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170523163032j:plain

(出典:WOWOW)

ラミレスは34戦全勝24KO、25歳のサウスポー。

アルツール・アブラハムをフルマークの判定で破り、タイトルを獲得しましたが、拳を痛め、これが1年ぶりの初防衛戦です。

 

 

www.boxing-blog.com

ブルサックは38戦33勝15KO4敗1分け、32歳。

世界挑戦は2度目。一度目はなんと今、渦中の世界チャンピオン、アッサン・エンダムに挑み判定で敗れています。

打たれ強いだけが取り柄のボクサーです。

 

大柄だがテクニックは細かいラミレス

ラミレスは188㎝の長身で、ブルサックに比べると、一回り大きく見えます。

さすがにスピード感はありませんが、意外と細かいテクニックを持っています。

当て勘もいいですし、ディフェンスもうまいですね。

決して強振しない代わりに、手数はかなり多いと思います。

 

判で押したようなラウンドが続く

小柄なブルサックが前に出て、これをラミレスがさばき、ラミレスが打ち返す。

パンチのヒット数は、はるかにラミレスが上です。ブルサックは前に出るだけで、ほとんど何もできません。ラミレスは、コーナーに詰まってもくるりと体を入れ替えます。

 

変わったことと言えば、5ラウンドにブルサックがホールドで減点を取られたぐらいですか。

後は毎回、同じ展開のラウンドが延々と続きます。

 

10ラウンドに少し強めに出ましたが

さすがのラミレスも相手の戦力を見切ったのか、10ラウンドは少しギアを上げ、パンチを強めに打って出ました。

f:id:stonemeintothegroove:20170523165029j:plain

(倒そうという意欲は見られましたが)

しかし、しぶといブルサックを仕留めきれません。

あきれたのは、11ラウンドにレフリーがまた、ブルサックからホールドの減点を取ったことです。

これだけ大差がついているのに、なんの意味があるのでしょうか。

こんな空気の読めない、頓珍漢なレフリーもいるんですね。

あ~そういえば、カナダとパナマにも一人づついました。採点基準のわからないジャッジが。

 

というわけでこの退屈なボクシングは、予想通り12ラウンドまで続きました。

そしてその採点が傑作です。3-0はもちろんですが、3人のジャッジが揃って120-106のフルマークでした。

まあ、このボクシング、ここだけが見せ場でしたね。

f:id:stonemeintothegroove:20170523165634j:plain

(次は俺の番だ!リングサイドのジェシー・ハート)

前から思っていたのですが、Sミドル級は、ミドル級やライトヘビー級に比べると、明らかにレベルが低いですね。

村田諒太がもう少し大きければ、楽に世界タイトルを取っていたでしょう。

 この時点でランキング1位だったジェシー・ハートがリングサイドに来ていました。

「次は俺の番だ」とアピールしていたようです。

しかし、4月26日のWBOのランキングでは、あの亀みたいなボクサーのアルツール・アルバハムが1位に返り咲いていましたよ。

ラミレスはまたアルバハムとやるのでしょうか。こんな試合、誰が見るのでしょうね。

ラミレスは、「フルマーク判定勝ち連続記録」でも狙っているのでしょうか。