読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

フェザー級のホープ、ジョセフ・ディアスは9RTKO勝ち&ウィリー・モンロー・ジュニアがWBOで再浮上か

▼スポンサーリンク

▼最新記事

サウル・カネロ・アルバレスのアンダーカード2試合の模様を、簡単にご報告していきます。

ジョセフ・ディアス(アメリカ)VSアンドリュー・カンシオ(アメリカ)

NABF北米フェザー級タイトルマッチ(2016年9月18日)

f:id:stonemeintothegroove:20160919105933j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160919105953j:plain

(出典:WOWOW)

ディアスはWBC3位、WBO7位。21戦21勝12KO、23歳のサウスポーです。

浜田さんいわく「将来的には世界チャンピオン」とその将来性に太鼓判を押しています。

カンシオは22戦17勝13KO3敗2分。WBO16位にランクしています。

 

 

序盤はカンシオのパワーに押されていたディアスですが、3ラウンドあたりから左がヒットし出します。

カンシオは前に出て手数は多いのですが、ディアスはこれをうまくいなし、クリーンヒットの数では上回ります。

6ラウンドにはディアスが完全にペースを握り、7ラウンドあたりから、ディアスの一方的な展開になりました。

ディアスの多彩な攻撃の前にカンシオはなすすべなく、逆転の右の一発も空を切るだけです。

そして、9ラウンドにこの一方的な展開をみて、ついにレフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160919110044j:plain

 (このストップは妥当ですね)

 

余談ですが、「カンシオ」が「タン塩」に聞こえて仕方がありませんでした。

勝ったディアスは、以前にも書きましたがやはりパンチ力が今一つで、WBO王者のオスカル・バルデスには遠く及びませんね。

 

boxing.hatenablog.jp

 

ガブリエル・ロサド(アメリカ)VSウィリー・モンロー・ジュニア(アメリカ)

WBOインターコンチネンタルミドル級王座決定戦(2016年9月18日)

f:id:stonemeintothegroove:20160919120500j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160919120506j:plain

(出典:WOWOW)

ロサドは32戦23勝13KO9敗1NC,30歳。WBO10位です。

モンローは22戦20勝8KO2敗、29歳。WBO14位です。

2人ともゴロフキンに挑戦してKO負けしています。ロサドは7R(2013年)、モンローは6R(2015年)です。

 モンローはこの時、大善戦し、ゴロフキンがよれよれになったシーンもあったのですが、最後は力の差を見せ付けられ、KOで敗れました。

ゴロフキンはボディに弱点が?と思わせた一戦でしたね。

boxing.hatenablog.jp

 

しかし、ロサドVSモンローの試合は、退屈そのものでした。

ロサドはサウスポーのモンローと距離が全く合わず、恐らくクリーンヒットは1発もなかったと思います。

モンローもひたすら低く構えて、左カウンター狙いだけ。

まったくかみあわないまま、12ラウンドを無駄に消化しました。

 

テレビ観戦している私にとっては、この間にゆっくりお昼ご飯を食べ、カネロの試合に備えることが出来たので、それはそれでよかったのかもしれません。

 

3-0の判定でモンローが新王座につきました。

 

モンローはこの次、カネロとやる、なんて話もあるようです。

カネロもこのモンローはやりにくい相手でしょうね。

それはともかく、このWBO傘下のタイトルを獲得したことで、またWBOランキングが上がりますね。