ジャーボンテイ・デービス、最後は意地の12RTKO VSユリオルキス・ガンボア(WBA世界ライト級王座決定戦)

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSユリオルキス・ガンボア(キューバ)

(出典:WOWOW)

WBA世界ライト悠王座決定戦(2019年12月28日)

デービスは、22戦全勝21KO、25歳のサウスポー。WBA1位。166cm。

フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子。2019年9月にWBA世界S・フェザー級王座を返上し、ライト級に階級を上げてきました。ワシル・ロマチェンコにとって、一番危険な相手かもしれません。

ガンボアは、32戦30勝18KO2敗、37歳。WBA2位。166cm。

2014年にテレンス・クロフォードにTKO負けしたからは、やや低迷していた感じですが、今年の7月にローマン・マルチネスに2RKO勝ちして、久しぶりに世界戦のチャンスをつかみました。

試合経過)

デービスが2ラウンドにダウンを奪う

デービスが、右ジャブを突いて前に出ます。ガンボアは下がりながら左ジャブで距離をとります。スピードはデービスの方がありそうです。

そして2ラウンド中盤、デービスが右のジャブから左アッパーで早くもダウンを奪います。ガンボアはすぐに立ってきましたが、結構ダメージはありそうです。しかし、足取りの怪しいガンボアに、デービスはとどめを刺すことはできませんでした。

どうやら、ガンボアは右足を痛めたようですね。ギブアップかと思われましたが、試合は続行されました。

右脚を痛めたガンボアが粘る

このまま、デービスが押し切るかと思いましたが、ハンデを背負ったガンボアが苦しい展開ながらも、予想以上に粘りを見せます。デービスは随所にいいパンチをヒットさせますが、ガンボアは足を引きずりながら、留めのパンチを打たせません。5ラウンドは相当いいパンチをもらい、何度もピンチを迎えますが、老獪なテクニックで乗り切ります。

8ラウンドに2度目のダウンを奪うが

しかし6ラウンドから、突貫小僧にやや勢いがなくなります。小休止かと思われましたが、明らかに前半に比べると、手数が減ってきています。

8ラウンドは、デービスが下がり始めます。息を吹き返した感じのガンボアが、何とかペースを変えようとしますが、前に出るガンボアにデービスの左フックがヒットし、ガンボアが2度目のダウンを喫します。かなりダメージがありましたが、ここはゴングに救われます。

デービスが失速?

9ラウンド、倒しに行ったデービスですが、ガンボアに粘られ、ラウンド終盤は息があがって、手が止まります。10ラウンドは、ガンボアのパンチを不用意にもらう場面も見られ、明らかに集中力を欠いています。それでもペースは譲るまでには至りません。

11ラウンド終盤に、デービスの連打で、ガンボアがダウン寸前まで追い込まれますが、ここも何とかゴングまで持ちこたえます。

最後は意地のTKO

早い回でのKO決着かと思われました、ガンボアが足を引きずりながら、最終ラウンドまで粘りました。デービスは何度もKOチャンスがありながら、倒し切れません。

そして、最終ラウンド、デービスが最後の力を振り絞って、倒しに行きます。1分過ぎ、デービスの左アッパーがガンボをとらえると、ガンボアの体が硬直します。すかさずデービスが左アッパーを狙い打ちし、ガンボアがこの日3度目のダウンを喫します。さすがにフルスイングのアッパーをまともに顎に受けては、ガンボアも立つことが出来ません。レフリーがすぐに試合をストップしました。

ガンボアが、12RTKO勝ちで、2階級制覇を達成しました。

「わしボク」の節穴の「目」

最後はパワーでねじ伏せた

前日計量で1度目はオーバーし、2度目の軽量でクリアしています。いつものことかもしれませんが、この日のデービスは、調整が万全ではなかった気がします。

本来のデービスなら、序盤にダウンを奪った時点で、早い回で試合を決めていたでしょうが、ガンボアの老獪なテクニックに粘られてしまい、後半はやや失速してしまいました。しかし、最後はパワーでねじ伏せた感じですね。パワーはライト級でナンバー1かもしれません。一方のガンボアは、これで世界戦線から完全に脱落ですね。

それと、今年の2月に暴行容疑でまた逮捕されましたね。この素行の悪さにはあきれてものが言えません。日本ならすぐにライセンス取り消しになるでしょうね。

ライト級最強は誰か

ライト級は、非常に魅力的な選手がそろっていますね。レベル的にも全階級を通じて、トップクラスだと思います。

1位 ライアン・ガルシア(アメリカ)20戦全勝17KO WBA2位 21歳

フランシスコ・フォンセカを一発で沈めた左フックは、ロマチェンコにとっては脅威でしょうね。

2位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)3団体王者 15戦14勝10KO1敗 31歳

ボクシングスキルなら、全階級を通じてダントツのナンバー1でしょう。

3位 ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)WBA王者 23戦全勝22KO 25歳

4位 デビン・ヘイニー(アメリカ) WBC王者  24戦全勝15KO 21歳

ネームバリューは劣りますが、「わしボク」は、ティオフィモ・ロペスより将来性を感じます。まだ21歳ですからね。

5位 テオフィモ・ロペス(メキシコ) IBF王者 15戦全勝12KO 22歳

リチャード・コミ―を一発で倒した破壊力はトップクラスですが、攻撃パターンがやや単調だと思います。

日本勢も頑張っています

ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ) WBA3位 52戦47勝29KO5敗 34歳

再起第二戦でカルロス・モラレスを倒した右フックは、技ありのKOでしたね。

吉野修一郎(三迫) WBO13位 12戦全勝10KO 28歳

KO率83%は魅力ですね。

中谷正義(井岡) IBF8位 19戦18勝12KO1敗 30歳

テオフィモ・ロペスに善戦し、この試合でロペスの評価が一気に下がりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)