ボクシング観戦記(海外編)

スーパースター候補のジャレット・ハードがまさかの陥落 元ホープのジュリアン・ウィリアムスに完敗

ジャレット・ハード(アメリカ)VSジュリアン・ウィリアムス(アメリカ)

WBA・IBF世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2019年5月11日)

ハードは、23戦全勝16KO、28歳。身長185㎝、リーチ194㎝。

2団体統一王者のスーパースター候補です。

ウィリアムスは、29戦26勝16KO1敗1分け、1NC、29歳。IBF1位。身長180㎝、リーチ184㎝。

1敗は、2016年にジャーマル・チャーロのIBFタイトルに挑戦し、5RKO負けしたものです。その後4連勝して、世界再挑戦のチャンスをつかみましたが、ハードが相手では、ウィリアムスはちょっと荷が重いでしょう。

ウィリアムスがダウンを奪いペースを握る

ウィリアムスが序盤から積極的なボクシングで、スロースターターのハードを圧倒します。無造作にウィリアムスのパンチを被弾するハードが、2ラウンドに打ち下ろしの左フックでダウンします。

(この左フックよりもその前の連打が効いていたと思います)

その後も接近戦で効果的なウィリアムスのアッパーが再三ヒットし、鈍い動きのハードのパンチは大振りで、空を切るばかり。スピードもディフェンスもパンチの的確性もウィリアムスが圧倒します。

中盤、ペースを取り戻そうとハードが前に出てプレッシャーをかけますが、ウィリアムスの巧みなボディワークに阻まれ、ラウンド中盤になると、ウィリアムスが的確なパンチで反撃。とにかくウィリアムスの左右のアッパーが、面白いようにハードの顎を跳ね上げます。

最後までウィリアムスのスタミナは切れず

解説の飯田覚士さんは「ちょっとウィリアムスは飛ばしすぎですね。」スタミナが切れたときのハードの反撃を危惧していましたが、一向にウィリアムスの動きは衰える気配はありません。

ラウンド序盤は、ハードがプレッシャーをかけますが、パンチは空を切るばかりで、接近戦でウィリアムスの的確なショートパンチがラウンドを支配します。特にアッパーに対しては、ハードは完全に無防備で、ほとんどのパンチを被弾しています。

距離もペースも支配したウィリアムスが、うまく休みながら最後までスタミナを切らすことなく、ハードの反撃をほぼシャットアウトします。そして、隙を見て的確なショートパンチをヒットさせ最後までハードにペースを譲らず、完璧なボクシングで最終ラウンドのゴングを聞きました。

判定は3-0(116-111、115-112,115-112)と思ったほど点差は開きませんでしたが、ウィリアムスの完勝だったのは間違いまりません。ハードは全くいいところなく、初黒星を喫しました。しかし、この採点はちょっと納得がいきませんね。「わしボク」は119-108でウィリアムスの大差判定勝ちでした。

ハードは、階級を上げるのでしょうか。体格は立派ですが、足が細すぎる気がします。終盤はウィリアムスのパンチで、足どりが怪しくなっていましたね。下半身の強化が今後の課題でしょう。

ウィリアムスは、初防衛戦で真価を問われることになります。

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)