ジャレット・ハード、次はいよいよジャーメル・チャーロか。右ボディ一発で3度目の防衛成功 VSジェイソン・ウェルボーン

ジャレット・ハード(アメリカ)VSジェイソン・ウェルボーン(イギリス)

WBAスーパー・IBF世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2018年12月1日)

ハードは、22戦全勝15KO。28歳。

左の肩の手術をしたハードは、この試合がその左の試運転となります。そんなわけで、軽い相手を選んだの仕方がないでしょう。

ウェルボーンは、30戦24勝7KO6敗、32歳。WBA11位。

 

戦績から察するところ、両者の力量差はかなりありそうな気がします。

解説の浜田剛史さんも「この試合、早いでしょう」。

(この試合が最後となるルー・モレットさん)

身長差以上にハードが大きく見える

 

身長差は3㎝ですが、それ以上にハードが大きく見えます。

ウェルボーンは、体を沈めて初回からぐいぐいと前に出ます。ハードは、完全に1ランドは様子を見ると決めている感じですね。左ジャブを放ちますが、それ以外はほとんどパンチを出さず、ウェルボーンの好きなようにさせています。

2ラウンドは、ハードも左ジャブをついて前に出てきました。しかし、ウェルボーンはガードを固め、後半から攻勢に転じます。ハードは、ロープに詰まりながらも、腕をうまく降りたたんでパンチを返します。

リーチの長いハードですが、接近戦も得意です。

セコンドの指示通り右のボディ一発でKO

3ラウンド。ハードは、上体を低く構え、左ジャブを突いてウェルボーンを追いつめます。

ウェルボーンは、がっちりとガードを固め、反撃します。

ハードは軽いパンチを顔面に放ち、ウェルボーンのガードを上げさせます。

ウェルボーンは、体は小さいですが、馬力はありますね。終盤、ハードをコーナーに詰めて連打を浴びせますが、クリーンヒットはありません。

4ラウンドは、またウェルボーンが前に出て、ハードをロープに詰め連打を浴びせます。

ハードもまともにはもらっていませんが、結構パンチを被弾していますね。何だか油断しすぎてる気がします。

しかし、ラウンド後半から、ハードがようやく本気でボクシングが始まります。

強いパンチの連打を上下に打ち分け、ウェルボーンを追い詰めます。ウェルボーンも必死に反撃しますが、そこへハードの右アッパーがボディにめり込み、ウェルボーンはしゃがみ込むようにしてダウン。

(ウェルボーンのみぞおちにジャストミート。モレットさんは、最後のテンカウントを数えました。)

レフリーがカウントアウトし、あっけなく試合が終了しました。

S・ウェルター級は3強

試合後、チャーロがリング上に上がってきて、かなり挑発していましたね。

どうやら、ハードとしてはもう一試合挟んでから、チャーロと対戦する計画のようです。

もう一人のチャンピオン、ハイメ・ムンギアは、井上岳志と来年1月26日に防衛戦を行うことが決まっています。

恐らく、序盤でムンギアのボディブローが決まると思いますよ。万に一つも井上の勝ちはないですね。

 

S・ウェルター級の3強対決は、楽しみですね。

1位 ジャーメル・チャーロ

2位 ハイメ・ムンギア

3位 ジャレット・ハード

WBA正規王者のブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)も15戦無敗(11KO)ですが、まだ名のある相手との対戦はなく、実力は未知数です。

むしろ、ケル・ブルックエリスランディ・ララの方が実力は上だと思います。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)