ボクシング観戦記(海外編)

「わしボク」大注目のライト級ホープ、テオフィモ・ロペスが世界ランカーをボディブロー一発で沈める VSエディス・タトリ

テオフィモ・ロペス(アメリカ)VSエディス・タトリ(フィンランド)

(出典:WOWOW)

NABF北米ライト級タイトルマッチ(2019年4月21日)

ロペスは、12戦全勝9KO、21歳。WBC4位、WBA4位、IBF7位、WBO5位。

ワシル・ロマチェンコVSテオフィモ・ロペス、見たいですね。

タトリは、33戦31勝10KO2敗、31歳。WBC9位、IBF11位、WBO4位。

2014年にWBAライト級王者のリカルド・アブリルに挑戦し、判定負けを喫しています。

ステップインのスピードが違う

身長はそれほど変わらないのですが、タトリの方が高く見えます。速いステップインでパンチを放つロペスに対して、堅いガードでロペスのパンチをカバーします。

ステップインの速さでは、アンダーカードで登場したクリストファー・ディアスよりかなり速いですね。

速いパンチで先に仕掛けるロペスですが、タトリのガードが堅く、なかなかクリーンヒットを奪えません。しかし、構わずロペスはプレッシャーをかけて、パンチを打ちこみます。ロペスの動きは素早いですね。タトリは下がりながら、カウンターを狙っていますが、ロペスの踏み込みが速く、思うようにパンチを合わせることが出来ません。

ボディブローが効果的にヒット

固いガードのタトリにやや攻めあぐねている感じですが、時折打つボディブローは結構効果的です。

しかし、4ラウンドあたりから、ロペスはタトリのパンチを見切った感じがします。ロペスはプレッシャーを強め、上下に打ち分け、少しずつタトリの急所にヒットするようになってきました。ロペスのパンチはスピードがあってしかもパワフルですね。早くもタトリは防戦一方に追いやられます。

4ラウンドにかなり強引にパンチを放ったせいか、5ラウンドに入ると、ロペスは少し攻撃に手を緩めます。このラウンドはスタミナを温存して、6ラウンドに勝負をかけるのかな、と思っていたら、残り1分40秒辺りで、ロペスの右ストレートがタトリの左脇腹あたりにヒットし、タトリがあっさりダウンします。

(鋭い踏み込みで右ストレートを左わき腹に叩き込んでいます)
(まさかのテンカウント)

立ってくると思いましたが、膝をついたままカウントアウトされました。前の回からのボディ攻撃がかなり効いていたのでしょうね。見た目以上に強烈なボディブローだったようです。

ステップが速く、パンチも速い。しかもパンチ力もけた違いです。ややディフェンスが雑なところはありますが、目はいいですね。油断して不用意なパンチをもらわなければ、間違いなく世界チャンピオンになると思いますよ。

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)