ジャレット・ハードが最終ラウンドにダウンを奪って接戦を制す VSエリスランディ・ララ

エリスランディ・ララ(キューバ)VSジャレット・ハード(アメリカ)

WBA・IBF世界S・ウェルター級王座統一戦(2018年4月7日)

(出典:WOWOW)

ララは、29戦25勝14KO2敗、34歳のサウスポー。

観客のブーイングをものともしない、マイペースなボクシングで、WBAタイトルを7度も防衛しているスーパー王者です。

ハードは、21戦全勝15KO、27歳。現在、7連続KO勝ちと「わしボク」期待のハードヒッターです。

熾烈なペース争い

身長で10㎝上回るハードが、一回り大きく見えます。

しかし、ララは出入りのスピードで、この体格差に対抗します。

前に出てプレッシャーをかけ、ララを追いつめるハードですが、先にコンパクトなパンチをヒットさせるのはララです。

特に左アッパーは何度も、ハードの顎をとらえます。

しかし、ハードも上体をゆすって、ララを追いつめ、ガードの上から豪快なパンチを打ちこみ、ララにペースを譲りません。

一進一退の攻防が続き、ラウンドごとにペースが変わる目まぐるしい展開です。

ハードが終盤失速

10ラウンドぐらいから、ハードは、ラウンドの序盤はパワフルなパンチでララを追いつめますが、後半になると明らかに失速。

10-11ラウンドは、ララのコンパクトなパンチが、ハードの顎をとらえ、ハードの攻防はかなり雑になってきます。

間違いなくポイントは競っていましたから、ここでの失点はハードにとっては痛いですね。

パンチがあるというのはのは強い

最終ラウンド、当然ハードは倒しに来ました。

しかし、ララもコンパクトなパンチで応戦し、ハードにペースを譲りません。

両者にかなり疲労の色が見えてきた残り15秒。ハードの左フックがついに、堅いガードのララの顎をとらえました。

ララがダウン!

(ハードはパンチ力がありますね。一発でララを倒しました)

(ついにララがダウンしました)

疲れたところへ、このパンチは効きましたね。

立ちあがったララは、ゴングに救われ、試合は判定決着にゆだねらてます。

ララは、最後の最後で痛い2ポイントを失いました。

浜田剛史さんがいつも言っていることですが「パンチがあるというのは強い」。

 

採点は割れました。2-1(114-113,114-113、113-114)でハードが王座を統一しました。

S・ウェルター級もなかなかの強豪がそろっていますよ。

NO,1は、WBC王者のジャーメル・チャーロですね。

連敗から再起して、調子を取り戻したケル・ブルック、サダム・アリを倒した新鋭ハイメ・ムンギア、そしてジャレット・ハードが4強と言えるでしょう。

日本の亀海喜寛、井上岳志、にとっては、かなりハードルの高い階級ですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です