速報)WOWOWエキサイトマッチ 注目の光速対決 ホルヘ・リナレスVSワシル・ロマチェンコ 10RKOでロマチェンコが3階級制覇に成功

ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)VSワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

WBA世界ライト級タイトルマッチ(2018年5月13日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20180513144530j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180513144543j:plain

(出典:WOWOW)

この試合はWOWOWエキサイトマッチで、9時から生中継されます。

  

リナレスは47戦44勝27KO3敗、32歳。

ロマチェンコは、11戦10勝8KO1敗、30歳のサウスポーです。

ロマチェンコがライト級でも、S・フェザー級と同じパフォーマンスを披露できるかどうかに、勝敗の行方がかかっているでしょう。

 試合経過)

試合当日の両選手の体重を知りたいですね。

セミファイナルの試合が今から始まります。

リナレスVSロマチェンコは、10時半ぐらいになりそうですね。

 

控え室でのロマチェンコは、かなり厳しい顔をしています。

いよいよ、両選手が入場します。

リナレスには笑顔が見られます。

1R)

ジャブの付き合い。ロマチェンが前にでます。距離はかなり近いですね。

まだ、探り合いの段階です。

f:id:stonemeintothegroove:20180513144643j:plain

(リナレスの肩幅が大きい。)

2R)

やはりロマチェンコのステップは速いですね。

リナレスが後手後手に回っています。

リナレスがボディを狙います。

ロマチェンコの出入りが速く、しかも手数も多いですね。

3R)

リナレスが少し強めに出てきました。

しかし、ロマチェンコも負けずに前に出ます。

リナレスが下がりながらカウンターを狙います。右ストレートがボディへヒットしました。

ロマチェンコの方がパンチの回転はは速いですね。

手数もロマチェンコ。

4R)

ポンポン打ってきます。ロマチェンコ。

リナレスの手数が少ないですね。でも、カウンターが当たれば、倒せますよ。

5R)

リナレスの左ボディブローはいいですね。

リナレスも、ロマチェンコの動きに、少し慣れてきた感じがします。

パンチの力強さではリナレスが上です。

6R)

パワーではリナレスですが、テンポはロマチェンコ。

リナレスのカウンターがヒットしました。ロマチェンコがダウンしました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20180513144756j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180513144804j:plain

(ノーモーションの右ストレートがロマチェンコをとらえる)

f:id:stonemeintothegroove:20180513144909j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180513144919j:plain

(これほどまともにパンチをもらったロマチェンコは、初めて見ました)

カウント8で立ってきましたが、少し効いていますね。珍しく下がってサークリングしています。

7R)

さて、ロマチェンコのダメージはどうでしょうか。

でも、リナレスは行きませんね。

ロマチェンコもここはダメージの回復を図っているのか、あまり前に出ません。

でもラウンド後半にはまた手数が増えます。

8R)

ロマチェンコはまたペースを戻します。

ロマチェンコがポンポン打ってきます。リナレスはその打ち終わりを狙っています。

ロマチェンコは、少し疲れてきた感じです。

9R)

いつものロマチェンコではありませんね。

まだまだ、リナレスのカウンターをかなり警戒しています。リナレスの小さい連打はいいですね。

このラウンドはリナレスの方がいいです。

ロマチェンコに少し余裕がなくなってきた感じです。

10R)

リナレスが出てきましたが、ロマチェンコも反撃します。

ロマチェンコが、少し強めにパンチをヒットしてますね。

おっと、リナレスがダウンしました。

かなり効いています。立てません!

 

f:id:stonemeintothegroove:20180513145040j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180513145050j:plain

(左右の細かい連打の後、必殺の左ボディブローがリナレスのわき腹にヒット)

ロマチェンコが3階級制覇に成功しました。

 

ビデオ再生を見ますと、ロマチェンコの左フックが、リナレスのボディをえぐっています。やはり強い、ロマチェンコ。

ダウンを奪ってから、少しずつリナレスが調子を上げて来ていただけに、残念です。

ここぞ、という時のロマチェンコのパンチは威力がありますね。

でも、ロマチェンコも久しぶりに大苦戦でした。

ロマチェンコはやはり、S・フェザー級の方があっているようです。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です