井上尚弥がついにバンタム級へ転向 しかも初戦から世界戦 VSジェイミー・マクドネル

ジェイミー・マクドネル(イギリス)VS井上尚弥(大橋)

WBA世界バンタム級タイトルマッチ(2018年4月25日)

f:id:stonemeintothegroove:20180316132945j:plain

(出典:フジテレビ)

マクドネルは32戦29勝13KO2敗1分け1NC、31歳。

2014年5月に獲得したWBA王座の7度の目の防衛戦となります。タイトルを奪ってから4年近くになるのに、まだ6度しか防衛戦をしていないんですね。

しかも、昨年はリボリオ・ソリスとの防衛戦一試合のみ。

井上との勢いの差は感じますね。

 

井上はWBO世界S・フライ級王座を返上し、バンタム級に転向と同時に、WBAバンタム級1位にランクされています。さすが、リング誌PFP7位ですね。

そして、いきなりの世界戦です。

15戦全勝13KO、24歳。

 

気になるのは体格差

 

井上は身長164㎝、リーチが171㎝。

S・フライ級でも決して大きくはありません。

 バンタム級の平均的な身長は、170㎝ぐらいでしょうか。まあ、井上の場合、リーチが171㎝ありますので、それほど問題はないでしょうし、スパーリングではフェザー級クラスの相手とガンガンやっているようですので、フィジカル面でひけをとることはないと思います。

ただ、マクドネルの身長は178㎝のあり、リーチはなんと183㎝。

バンタム級でもかなり背の高い方でしょう。亀田和毅が、なかなか手が出なかった原因は、この長さだったのかもしれません。

亀田は、身長こそ171㎝で井上より背は高いものの、リーチが168㎝しかありませんので、マクドネルの距離の長さは、かなりやりにくかったでしょうね。

7度目の防衛戦の相手のヨワン・ボワイヨも長身でしたが、それでも171㎝です。

マクドネルのこの長い距離を克服出れば、井上は、ほぼ勝ったも同然ですね。

 

マクドネルの防御テクニック

 

ただ、ボワイヨとの違いは身長だけでありません。

防御テクニックが全く違います。

そう簡単にボディを打たせてくれるとは思えません。

接近してもボディワークでパンチをうまく殺します。さすがの井上も簡単には攻略できないでしょう。

典型的なイギリス人ボクサーですね。

自分の距離をキープし、とにかく手数を多く出してきます。「クリーンヒットをもらわなければいい」と思っていると、亀田和毅のように、手数の差でポイント負けしてしまいます。

 

唯一の心配はマクドネルがホントに…

思い切って中に入るには、多少の被弾は覚悟しなければなりませんが、パンチに怖さはないので安心です。防御勘にも優れた井上が、致命的なダメージを被ることはないでしょう。

しかし、このマクドネルはなかなか曲者のような気がします。

今までの相手のように簡単に倒すのは難しいかもしれません。

それほどフットワークが速いとは思えませんので、井上が積極的に距離を詰めて、いつものようなボクシングをすれば、判定勝利は間違いないでしょう。

 

ただ、バンタム級で長期政権を築くためには、この試合は圧倒的なパフォーマンスでタイトルを獲得してほしいですね~。

でも、ホントにマクドネルは日本に来るのでしょうか?

2 Comments

>でも、ホントにマクドネルは日本に来るのでしょうか?
マクドネルのトレーナーがyoutubeのインタビューで、マクドネルは自身が過小評価されていて、亀田と同じ日本人を相手に、敵地で将来のp4pと目される井上に勝利することで、汚名を返上したいと言ってました。なので来るでしょう!
同じインタビューでカネロのドーピングについても話をしていて、カネロほどの金持ちなら、世界から肉を輸入できるだろ。なんで危険と言われるメキシコ産の牛肉を食べるんだと言ってました。
正論すぎてぐうの音も出ません。

返信する
stonemeintothegroove

j さん、こんにちは。
それを聞いて安心しました。
カネロについては、まさにど正論ですね。しかし、メキシコ産の危険な肉の味が大好物なのかもしれませんよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です