エロール・スペンスの独擅場 2階級制覇王者は何もできず VSレイモンド・ピーターソン 付録)「わしボク」ウェルター級ベスト10

エロール・スペンス(アメリカ)VSレイモンド・ピーターソン(アメリカ)

IBF世界ウェルター級タイトルマッチ(2018年1月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20180313122931j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180313122940j:plain

(出典:WOWOW)

スペンスは22戦全勝19KO、28歳のサウスポー。

スペンスは敵地イギリスで、ケル・ブルックにkO勝ちして獲得したタイトルの初防衛戦です。

ピーターソンは39戦35勝17KO3敗1分け、33歳。IBF5位。

ピーターソンは昨年ダビッド・アバネシアンから奪ったWBA世界ウェルター級タイトルを返上し、IBFのスペンスに挑んできました。

本来なら、王座統一戦ともいうべき一戦ですが、なんとかけ率は15-1と大差がつきました。

 

力の差が歴然

ガードを固めるピーターソンに対して、スペンスは右ジャブをガードのから突きます。

そして、左ストレートのボディブローから切り崩していきます。

2ラウンドにはすでにスペンスはピーターソンの動き、パンチを見切った感じで、上下にパンチを打ち分け、一方的に攻勢をかけます。

スペンスはパンチのスピードはもちろんですが、体にばねがあり、ピーターソンは完全にパワー負けし、早くも試合はスペンスの一方的な展開になります。

3ラウンドに、劣勢を打開しようと強引に前に出てきたピーターソンですが、長くは続きません。

スペンスの絶妙の右アッパー

4ラウンドに入るとお互いの距離が近くなり、スペンスの左アッパーがピーターソンの顎をとらえるようになります。

f:id:stonemeintothegroove:20180313131108j:plain

(西岡利晃さん絶賛のスペンスの左アッパーがピーターソンの堅いガードを突き破ります)

離れるとワンツーが飛んできます。

ピーターソンはほぼなすすべなしの状態です。

これだけ一方的にやられるピーターソンは、初めて見た気がします。

 

5ラウンドにスペンスがペースを上げてきました。

パンチを強めに打ってきて、明らかに倒しに来た感じです。

そして、スペンスが連打で攻め立て、左フックがピーターソンのテンプルにヒットし、ピーターソンがついにダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180313131456j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180313131501j:plain

(スペンスの左フックがピーターソンのテンプルをとらえます)

立ってきたピーターソンにスペンスが襲い掛かりますが、ピーターソンも必死に防戦。滅多打ちに合いながらもなんとかこの回を逃げ切りました。

この回終盤、ちょっと強引に打って出たスペンスに、ピーターソンのカウンターが飛んできてひやっとする場面がありました。

妥当なストップ

 

6ラウンドはスペンスが少しペースダウンし、やや軽めのパンチを上下に散らします。

ラウンド終盤のスペンスの左ストレートで、ピーターソンがぐらつきます。

 

7ラウンド開始のゴングと同時に、ドクターチェックが入りました。

何とかOKが出たようですが、終わりが近い感じですね。

少し休んだスペンスが当然のごとく倒しに来ました。

プレッシャーを強め、左右にステップしながら、ピーターソンを翻弄します。

手数を増やし、チャンスを狙っている感じです。

そしてラウンド終盤にまた強いパンチを打ちこみました。

 

コーナーは8ラウンドのゴングと同時に、ギブアップ。

まあ、これ以上続けてもピーターソンが逆転することはできないでしょうし、回を追うごとにダメージが蓄積しているのは明らかです。妥当なストップでしょうね。

 

付録)さて、ウェルター級はなかなかのスター選手ぞろいです。

あえて順位をつけるとしたら、

1位 テレンス・クロフォード(WBO1位)

2位 エロール・スペンス(IBF王者)

3位 ショーン・ポーター(WBC1位)

4位 キース・サーマン(WBC王者)

5位 エジディウス・カバロウスカス(WBO4位)

6位 ルーカス・マティセ(WBA王者)

7位 ダニー・ガルシア(WBC2位)

8位 ジェフ・ホーン(WBO王者)

9位 マニー・パッキャオ(WBO2位)

10位 オマール・フィゲロア(元WBCライト級王者)

 

テレンス・クロフォードVSエロール・スペンスがぜひ見たいカードですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です