クリストファー・ディアスが体重超過のブライアント・クルスを一方的に倒す

クリストファー・ディアス(プエルトリコ)VSブライアント・クルス(アメリカ)

NABO北米S・フェザー級王座決定戦(2017年12月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20171220111652j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171220111642j:plain

(出典:WOWOW)

ディアスは21戦全勝13KO、23歳。WBO8位にランクしている期待のホープです。

クルスは20戦18勝9KO2敗、28歳。元UBF全米ライト級チャンピオンです。

急きょ対戦が決まったクルスは、前日計量で体重超過し、王座獲得の権利を失いました。

クルスを見るのはこれが2度目です。

 

www.boxing-blog.com

 

 

初回からダウンを奪う一方的展開

体重超過のクルスですが、動きはそれほど悪いようには見えません。

前回はライアン・マーティンにいいところなくTKO負けしていますが、まさかいきなりダウンを奪われるとは思いませんでした。

ディアスはディフェンスがよく、特に左フックが強そうですが、ダウンを奪ったのは、カウンターの右ストレートでした。

スピードのあるディアスのタイミングよく出した右ストレートが、クルスの顎をきれいにとらえました。

f:id:stonemeintothegroove:20171220112701j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171220112713j:plain

(絶妙のタイミングでディアスの右ストレートがヒット)

立ってきたクルスに、それほどダメージは感じられませんでした。

ディアスが連打を畳みかけましたが、左ジャブで距離をとり、なんとかこの回はしのぎます。

 

2ラウンドはディアスが左ジャブでクルスをコントロールし、今度は左フックがヒットします。クルスは足をばたつかせてダウンしました。

クルスは完全にスピード負けしていますね。このダウンはかなりダメージがありますよ。

f:id:stonemeintothegroove:20171220112326j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171220112407j:plain

(ディアスの左フックは強烈です。一発でクルスの足がばたつきました)

しぶとく立ってきたクルスに、ディアスが連打で襲い掛かります。

そして、ロープに詰めてオーバーハンドの左フックがクルスのテンプル、というより完全に後頭部にヒットし、クルスは3度目のダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20171220114529j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171220114540j:plain

何とか立て来たクルスは、ゴングに救われました。

まあ、ここで止めても良かったというのが、エキサイトマッチ解説陣の一致した意見でしたが、私もそう思います。

ただ、このパンチは完全に後頭部に当たっていますね。まあ、頭を下げすぎたクルスにも責任があるとは思いますが。

 

最後も後頭部へのパンチ

 

2ラウンドが終了してコーナーに戻るクルスを見れば、3ラウンドはないかもしれない、と思わせましたが、ラウンド開始後、ドクターチェックがあり、試合が再開されました。

そしてディアスの豪快な左フックがクルスの後頭部をとらえ、クルスは足をばたつかせながら4度目のダウンを喫しました。

f:id:stonemeintothegroove:20171220114408j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171220114418j:plain

(このパンチもクルスの後頭部にヒットしていますね。)

さすがにこのダウンでレフリーは試合をストップしました。

 

NABO北米タイトルは、WBO傘下の地域タイトルですから、ディアスはこの王座獲得で、WBOのランキングを上げてくるでしょうね。

しかし、この日のクルスは決して本調子ではなかったでしょうから、ディアスのパワーパンチを鵜呑みにすることはできません。

しかも、WBOの王者は、ワシル・ロマチェンコですから、ディアスにチャンスが巡ってくるのは、ロマチェンコが階級を上げてからでしょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です