速報)井岡一翔は11ラウンドKOで防衛成功 VSキービン・ララ

井岡一翔VSキービン・ララ(ニカラグア)

WBA世界フライ級タイトルマッチ(2106年7月20日)

井岡の圧勝、中盤以降でのKOが予想されていましたが、さて。

 

(7/21追記:詳報はこちら▼)

www.boxing-blog.com 

 

1ラウンド

井岡は様子見、ララは積極的に攻めてくる

 

2ラウンド

互角の打ち合いだが、井岡のボディが何度か決まる

ララは体が柔らかいし好戦的。

 

3ラウンド

ララは積極的に打ってくる。何とかボディで応戦するが、被弾も多い。

 

4ラウンド

ララの攻撃は止まらない。手数で圧倒。クリーンヒットで井岡か。でも押されている。

 

5ラウンド

相手の乱戦に付き合うが、確実にボディを決めいていく

井岡、ボディから顔面へ連打!

 

6ラウンド

ララ少し止まる。

井岡はやっと距離感をつかんだ感じ

 

後半戦 

7ラウンド

相手はタフ。KOは無理かな。

完全に井岡がペースを握った感じ。

 

8ラウンド

ララはタフ。ダメージが感じられない。攻めあぐねる井岡。

 

9ラウンド

クリーンヒットを当てるものの、ララはタフ。ややボディが効いてきたか。

 

10ラウンド

やっとダウンを奪う!立ってきたが猛攻。ストップか~。ララ、ゴングに救われる。

 

11ラウンド

ボディから左右連打で、ようやくKO。

ララはなかなかタフでした。

 

(7/21追記:詳報はこちら▼)

www.boxing-blog.com

No tags for this post.

3 Comments

パンチャーファン

録画で 5ラウンドくらいまで見て後は結果だけ見た。 井岡の試合はいつもつまらない。
相手はスタミナはすごいが、明らかにパンチのない軸の座らない相手、こんなのばっかり選んで エストラーダと本当にやるんでしょうか。

返信する
stonemeintothegroove

パンチャーファンさん、相変わらず井岡には厳しですね。
井岡は、詰将棋みたいなボクシングでした。
ララはロマゴンの偽物でしたね。

返信する
オサリバン

こんにちは。
私はこのララは好きなタイプでしたねぇ。
もし、そこそこのパワーが在ったのなら井岡はやられていたでしょうね。
哀しいかな。パワーが全く無いのが致命的でした。
せめて高山くらいの出入り出来る脚が在ればいい線いきそうなんですがね。
おっしゃる様に
井岡は詰め将棋の如く的確で計算された良い戦いぶりでしたね。
ただ、こちらも哀しいかな。パワーが無いのが超一流に成れない所でしょうか。
ガジョ戦が実現する事を願っております。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です