3月の「わしボク」注目のカード(海外)カール・フランプトンVSスコット・クイッグ

 

 

和氣慎吾の相手は誰だ

 

WBA・IBF世界Sバンタム級王座統一戦(2月27日)

カール・フランプトン(イギリス)VSスコット・クイッグ(イギリス)

f:id:stonemeintothegroove:20160222155759j:plain

(出典:WOWOW)

IBF王者のフランプトンの挑戦権を獲得している和氣をないがしろにして、フランプトンはイギリス人同士で統一戦を優先させました。

まあ、イギリスのファンにすれば和氣と防衛戦をやるよりは、クイッグと統一戦をやる方が盛り上がるのは間違いないでしょう。

フランプトンもクイッグに勝つ自信があるのだと思います。

問題はこの勝者が誰とやるかです。

普通なら、IBFの挑戦権をもつ和氣が最有力なはずですが、WBAはこの統一王者に対して、WBA休養王者のギジェルモ・リゴンドーとの対戦を義務付けているという話があるようです。

そうなるとIBFも黙っていないでしょう。(WBAの横暴を許すな!)

IBF王座を空位にして、IBF王者決定戦をやることになるという運びになりそうです。

当然、この決定戦の出場切符の一方は和氣が握っています。

私はこちらの方が和氣にはチャンスがあると思っています。フランプトンは難敵ですからね~。

 

www.boxing-blog.com

 

www.boxing-blog.com

  

www.boxing-blog.com

 

 

キース・サーマンVSショーン・ポーター

WBA世界ウェルター級タイトルマッチ(3月12日)

サーマンの真価が問われる一戦になりそうです。

ポーターも一時はスーパースター候補と言われた逸材です。

そして唯一の1敗がIBF世界ウェルター級チャンピオンのケル・ブルック(イギリス)に判定(0-2、114-114、111-117、112-116)で敗れたもの。

サーマンがこのポーターに圧勝するようだと、一躍スーパースターに躍り出てきそうです。

ただ一方でWBCが、このウェルター級でビッグなトーナメントを計画しているようです。メイウェザーの抜けた穴を必死で埋めようとしている感じがしますね。

 

 

 

www.boxing-blog.com

 

No tags for this post.

2 Comments

ロース

和気がイギリスの二人に勝つのはまぁ難しいでしょうね。
アウェイで彼らレベルに勝てば日本ボクシング史上でもかなりの快挙です。
それと非常に残念なことにサーマンが自動車事故で中止になったそうですよ。
結構楽しみにしてたのに…

返信する
stonemeintothegroove

ロースさん、貴重な情報ありがとうございます。
ショックですね。自動車事故とは…
でも大場政夫みたいにならなくて良かったです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です