次はダニエル・ジェイコブスだ! ピーター・クイリン全開

WOWOWエキサイトマッチ観戦記・1103

ミドル級12回戦(2015年9月12日)

ピーター・クイリン(アメリカ)VSマイケル・ゼラファ(オーストラリア)

f:id:stonemeintothegroove:20151103135751j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20151103135807j:plain

(出典:WOWOW)

前回の試合は、体重オーバーのためタイトルはく奪、アンディ・リーとは結局引き分けと、スター街道を突っ走るクイリンには手痛い結果となりました。

そして、世界4団体のランキングから姿を消しました。

 

www.boxing-blog.com

 

今回の相手は明らかに格下とはいえ、ちょっと力みすぎかな。

 

スピードのあるゼラファを攻めあぐねる

クイリンは初回から倒す気満々で明らかに力みすぎです。

軽いパンチとはいえゼネファの返しのパンチを不用意にもらいすぎ。しかも攻めが雑です。

名誉挽回を焦るあまり、自慢のパワーもばねも空回り。前に出てプレッシャーはかけるものの、ポイントはシャープなパンチをヒットさせるゼネファに軍配が上がる展開となりました。

 

調子に乗りすぎたか?ゼネファ

4ラウンドぐらいからようやくクイリンが丁寧な戦い方をし始めました。

それでも自分のスピードあるパンチがヒットするゼネファは、5ラウンド40秒過ぎぐらいから思い切った打ち合いを挑みます。

クイリンのプレッシャーに耐えきれなくなったのかもしれませんが、これははた目にも無謀に見えましたね。

「待ってました!」とクイリン。もう圧倒的なパワーで返り討ち。力づくでゼネファをKOしました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151103135923j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151103135907j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151103135947j:plain

(出典:WOWOW)

 

パンチ力の差および地力の差を見せつけましたが、ちょっとディフェンスに課題を残した試合でした。アンディ・リー戦でもダウンをもらいましたからね

 

さていよいよジェイコブスと世界戦

WBA世界ミドル級王者、ダニエル・ジェイコブスと対戦することが決まりました。

これはもうKO必至のタフな試合になること請け合いです。

ジェイコブスも前回の試合ではモーラのパンチを不用意にもらいダウンを喫しています。

 

www.boxing-blog.com

 

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です