さあ、河野公平VS亀田興毅の詳細です

f:id:stonemeintothegroove:20151017222634j:plain

 (出典:テレビ東京さん、ありがとうございま す!)

225.このレフリーなんか変!

 

WBA世界Sフライ級タイトルマッチ in シカゴ

河野公平VS亀田興毅

 

こんなにすぐ減点を取るレフリーは珍しいです。

試合を中断して、注意する場面も多すぎます。この試合に限ってはレフリーがいない方がよかったような気がします。

都合3ポイントも減点されるほどダーティーな試合とは思えません。

私なら、このレフリーに減点です!

ダウンと減点がすべて

2ラウンドの亀田のボディ攻撃は、解説の内山高志も認めるほど河野にダメージを与えました。しかしこの後の追撃はローブローと判定され、河野に休憩を与えられます。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151017222709j:plain

ボディが効いた河野チャンピオン

これは、亀田にには痛い裁定でした。

しかもこの後、タイミングのいい右ストレートをもらい、ダウン。

 

 f:id:stonemeintothegroove:20151017222819j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151017222742j:plain

関係ない話ですが、このダウンはチャンピオンが興奮しすぎて、逆に倒れた亀田の方が冷静だったのがおかしかったですね。

 

3ラウンドの亀田の2度の減点は不可解でした。会場からもブーイングが出るほど、「これですぐに減点?」と思うほど、しかも2度も。確かに低いブローでしたが。f:id:stonemeintothegroove:20151017222842j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151017223130j:plain

中盤から河野と亀田のパンチ力差がでた

この日の亀田は、予想に反して打ち合いに応じてきました。

お互いパンチの交錯する結構激しい打ち合いでしたが、やはりパンチの威力は河野が勝っていたようです。

コンパクトにパンチを打つ亀田に対して、応戦する河野の右ストレートの方が効果的だったように思います。

不可解な7ラウンドのレフリー

なぜか7ラウンドにレフリーは試合を中断し、リングサイドの誰かと相談?協議?

「また減点か?」思いましたが、試合再開のの際に、「クリーンファイト」みたいなことを言っていたように思います。

これに対して河野が「クリーン!」とかなんとか言っていたのは、河野の人の良さが出ていて面白かったですけど、なぜ長時間試合を中断したのかは不明です。

そしてまた減点

9ラウンドに今度は河野が減点を取られました。上から押したようなジェスチャーでしたが、減点するほどの行為とは思えません。

こんなことで減点をすぐとるレフリーは初めて見ました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151017223149j:plain

今度は河野が減点

 

こいつ、やっぱり変です。

一進一退

後半はやや河野が押していたようですが、展開としては一進一退で、両者とも完全にペースを握れないまま12ラウンドを終えました。

とにかく亀田は最後まで下がらず打ち合いに応じていたのが、予想外の展開でした。

f:id:stonemeintothegroove:20151017223213j:plain

これが亀田のベストパンチ(9ラウンド)

打ち合えば河野が絶対に有利で、KOチャンスも十分あると思いましたが、意外と亀田もしぶとかったですね。

 

私の採点は3ポイント河野の勝ちとしましたが、公式ジャッジは、一人を除いて完全に河野を支持していました。

いずれにしても3ー0で河野の明確な防衛。

亀田はこの試合を最後に引退を表明しました。

No tags for this post.

24 Comments

評論家

ちょっといきなり減点したレフェリーは意味不明ですね
アメリカのレフェリーはこんなのが多いんです(亀田大毅の世界戦でもアメリカのレフェリーがさばきましたがかなり厳しくローブローを取ってました)
ジャッジもさすがに厳しいと感じていたのか減点を反映したのは1度だけで2度目の原点は無視してましたけど妥当な判断だったと思います。アマのレフェリーでもあんな厳しくとりませんよ
その割にマレスの明らかな下腹部うちは見逃したり・・・まさに意味不明
まあへんてこりんなレフェリーに没収試合にされずによかったと思います

返信する
stonemeintothegroove

いつも的確なコメントありがとうございます。
WOWOWもおかげで海外の試合をたくさん見ていますので、ラフファイトもこんなレベルではないひどいのがあります。
でも基本は、最初は注意、もう一回やったら減点するよ、がレフリーの正しいスタンスだと思いますよ。
タイで戦った赤穂なんか、今日のレフリーだったら、2回で反則勝ちしてますよ。

返信する
通りすがり

余計なお世話ですが、あのレフリングはルールブックどおりの、お手本になるようなものでした。たとえば下記ブログの評価も同様。ルールも知らないでボクシングマニアを自称するのは恥ずかしい限りです。 
http://blog.goo.ne.jp/saupon

返信する
stonemeintothegroove

コメントありがとうございます。
申し訳ありませんがルールブックを見たことがありませんでした。
でもただのしょうもないマニアで専門家ではありませんので、思ったままを書いてしまいます。
私のルールブックではあのレフリーは失格です。

返信する
ハリマオ

こんにちは。
確かにレフェリーのほうが目立つ試合でした。
でも、アメリカのジャッジって、あんな感じですよね。
特にクリンチ中の、レフェリーに見えない角度で打つローブローに対しては辛い。
たぶん、日本のジャッジがローブローやホールドに甘いのでしょう。

返信する
stonemeintothegroove

ハリマオさん、コメントありがとうございます。
WOWOWで海外の試合もかなり見ていますが、日本人同士の試合なので、レフリーが必要以上に神経質になったのかもしれんせんね。
ルールを運用するのは人間ですからね。
あのレフリー、ロボットくんみたいでした。もうちょっと人間味がほしかったですね。
今後ともよろしくお願いします。

返信する
評論家

私も海外試合をよく見ていますがあそこまで試合の流れを止めて減点しまくる主審ははっきり言ってプロのレフェリーとしてふさわしくないと思います
試合に介入しすぎるのも良くないですから。

返信する
stonemeintothegroove

評論家さん、待ってましたよ!そのコメント。
プロスポーツはファンがあってのものですからね。
最近少しへこんでましたから、なんだか今日はすっきり眠れそうです。
ありがとうございます。

返信する
通りすがり

うーん、試合の流れよりもフェアネスこそ優先されるべきでしょう。ボクシングは一歩間違えば殺し合いなのですから。すっきり眠ってほしくありませんね。

返信する
stonemeintothegroove

残念ですが、すっきり眠りました。へへへ~
そういえば、アメリカのレフリーはマウスピースを落とすと、どんな場面でも試合を中断して、必ずマウスピースはめてから試合を再開しますね。
日本のレフリーは流れを止めず、きりのいいところまで?やらせますからね。
ストップもアメリカのレフリーの方が圧倒的に早いです。
メキシコのボクサーのkO率が高いのは、ストップが早いからだと聞きました。
もちろん、安全第一に異論はありません。でもね~

返信する
stonemeintothegroove

ご同情ありがとうございます。
これかもスタンスを変えることなく、ぶれずに頑張りますよ!

返信する
名無し

審判はクリーンな試合をと何度も言っていた事に対しローブロー連発
そりゃあ減点も付きますよ、見ている側は楽しくないのは確かですが
審判としてはあれで間違ってはいないと思います。
人間はロボットでは在りませんし細かい人から大雑把な人がいるので
仕方のない事だと思われます。
また、他人の発言に対し批判的な発言をしている様に見えますが
でもね~とか
そう言った発言は控えるべきだと思います。
あなたの意見が全てではありませんので。

返信する
stonemeintothegroove

コメントありがとうございます。
私の意見がすべてなんて、1回も思ったことはありません。
人それぞれの見方、意見があるのは十分承知しています。
それぞれのボクシングの見方があると思います。私の見方を強要する気は全く、かけらもありません。
ただ、自分のスタンスは変えるつもりアありません。
お互いそうだと思いますので、このコメントのやり取りは一生平行線になりますよ。
最後に河野VS亀田がそんなにダーティファイトとも思えまません。
かといって、逆の考えの人を批判する気もありません。
人それぞれの見方、感想があると思っています。それでいいと思っています。

返信する
ビー

俺もレフェリーのジャッジはいかがなものかと感じました~
あそこまで減点や中断せなあかんほどの ダーティーな感じはなかったかと
当然安全第一ですが プロの世界戦なんですからお互い覚悟と誇りを持って戦ってるんであれではノリきれませんね
亀田アウトボクシングしてたら勝ててたやろうに何故打ち合ったんすかね?
河野にとってはありがたかったかな
まぁレフェリーはべつとして Nice fight

返信する
stonemeintothegroove

ピーさん、コメントありがとうございます。
私にとってはあの試合、ただの接近戦だったと思っています。
亀田は離れるより、接近する方が守り易いと判断したんでしょう。それだけ動体視力が落ちていたんだと思います。

返信する
ビー

なるほど そういう見方もありますね
引退するって決めてたんで最後は作戦やなく気持ちでいったんかと思てました
ところでボクシングマニアさんは好きな選手とかスタイルとかありますか?
昔の選手でもいいです

返信する
stonemeintothegroove

コメントありがとうございます。
私は「ボクシングはKOだ」と思っています。昔ですと辰吉丈一郎さん、現役だとやっぱり内山高志か井上尚弥ですね。
意外とモハメッド・アリは好きでした。

返信する
ビー

俺もです 辰吉は辞めるって何回も言って撤回して なんて情けない男って
最初は思いましたけど 自分の吐いた言葉のんででもボクシングに拘る
ベストボクサーやないかもしれんけど 正にボクサーオブボクサーがいいっすね~
因みに俺はジェラルド マクラレンがめっちゃ好きでした
悲しい結末でしたが(涙) 正直 昔の方が好きです
WBOがまだ浸透してないころっすかね~ マイケルカルバハル ジェシージェイムス レイハ ジョニータピア ルエラス兄弟 かけだしのデラホーヤやハメド
アイク クオーティーどれ観てもおもしろかったですね~

返信する
ビー

コメントしたつもりが載ってませんでした(涙)
俺もそう思います~ まぁ個人の好みでしょうが
個人的には昔の方が熱かったですね~ チャンピオンもチャレンジャーも
ワクワクする選手ばかりでした~
WBOがまだちょっとおちるころですかね~
ジョニータピア マイケル カルバハル モリナ ジェシージェイムスレイハ
ルエラス兄弟 かけだしのデラホーヤ ハメド アイククオーティー
最高の時代でした~ ベビーはタイトルマッチのたびに新チャンピオン誕生でしたけど(笑)
中でも マクラレンがめっちゃめっちゃ好きでした
悲しい結末でしたが(涙) ラビットパンチ反対

返信する
ビー

辰吉いいっすね~ 正にボクサーオブボクサー
世界とれんかったけど池原も好きでした

返信する
stonemeintothegroove

どひゃ~コメントの嵐や!
私はデラホーヤがデビューした時から全試合をWOWOWで見ました。
でも彼が魅力的だったのウェルター級あたりまでですね。
ミドル級でホプキンスにボディ一発で倒された試合が衝撃的でした。
今やWBOには井上尚弥いますからね。立派になったもんです。

返信する
ビー

書きすぎてすんません(汗)
詳しい方と話すとつい熱くなる悪い癖です
そう言えばデラホーヤもジミーブレダルから奪取した初ベルトもWBOでしたね~懐かしい
自分はエスパーニャがクオーティーに連打でKOされたのが衝撃でした~
あと マクラレンとナイジェルベン(涙) 悲しい限りです
いまだに ネットでマクラレンのその後を観てます~
今になって何故亀田 河野の欄に書き込みしたかと申しますと その日 負けた本人に会いまして とはいえお客で来てたんですが(笑)
それで調べてたらマニアさんのブログを見つけたんです~
これからもマニアさんのブログ楽しみにしてます
長々とお付き合いありがとうございました

返信する
stonemeintothegroove

最初にビーさんことをピーさんと書いてしまいました。年を取ると小さい字が見えにくいのですみません。
それにしても記憶力抜群ですね。脱帽です!
クオーティーはデラホーヤに最終ラウンドにダウンをもらって負けましたね。デラホーヤは強運も持っていたようです。
今後ともよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です