今、狙い目のボクシングチャンピオン(これなら日本人も勝てるかも)

◆スーパーフライ級

IBF世界チャンピオンのゾラニ・テテ(南アフリカ)。先日、帝里木下に圧勝しましたけど、これは木下が弱すぎただけで、決してこのチャンピオン、強くはないですよ。ただ、赤穂、五十嵐ではちょっと力不足ですね。八重樫、いっそライトフライに落とさず、スーパーフライに上げたら。ホント、このチャンピオン、すぐ誰かに負けてしまいますよ、やるなら「今でしょ!」

 

フェザー級

言わずと知れたジョニゴン。これこそ今やらないと、もうすぐ誰かに取られてしまいます。
まだ怖いパンチはあるものの、スピードもないし、打たれ弱いしひょっとしたら細野悟でもいけるかも。まあ一か八かですけどね。でも、10月に防衛戦があるから、おそらくそれで負けるでしょうけど、それになんとか勝ったら、次、ホントに次いかないと手遅れです。

 

スーパーミドル級

急にクラスが上がりますが、先日、WOWOWでサキオ・ビカとアンソニー・ディレルのタイトルマッチをみましたが、まれにみる凡戦で、どちらも決め手に欠く感じがしました。ディレルが判定勝ちしましたが、ボクシングが結構消極的でスタミナもなさそうです。

 

ミドル級の村田との力量差は計りようがないですが、私は、ミドルよりスーパーミドルでとりあえず、このディレルとやってみるのも面白いと思います。負けたらまたミドルに戻せばいいんですよ。この辺のクラスではチャンスはそうそうないですよ。今ならディレルがお買い得、ホント。

 

実は知らないチャンピオンが結構たくさんいて、戦績だけで判断すると、ライト級のリチャード・アブリル、スーパーウエルター級のカルロス・モリナ、辺りは狙い目かな、と思います。

残念ながらスーパーウエルターは日本人には無理でしょう。

 

ライト級は、純粋な日本人選手じゃないですが、日本のジムに所属しているホルヘ・リナレスならチャンスは十分あるでしょう。粟生は無理ですね。いくらなんでもライト級の世界レベルに通用するとは思えません。

日本人が狙い目の、弱いチャンピオンはまだまだいるはずです。
これからWOWOWでのボクシングの見方の幅を広げて、狙い目のチャンピオンを探していこうと思います。たるい試合もそういう目で見ると面白いかもしれませんね。

目から鱗の発見や!

4 Comments

金星宏幸(きんせいひろゆき)より

日本人は筋肉質な人に疎過ぎるだから何時もボクサーやキックボクサー等は減量、減量、減量と言って逃げるのだ。普通に考えたら重く成るほど強くなるのは当たり前だ。だから極真空手の緑健児さんや大山倍達先生、プロレスラー、相撲選手、ブルース•リーさんもデカい人にはスピードで闘うと。自分自身よりも小さな相手にならパワーで闘うと言っていました。ボクサーでフェザー級以上になるとぐんと減りますがそれが答えです。強くなる為に筋肉質な体になりデカい人にも勝てる様に努力するのだ。外国人選手は160~170センチでもフェザー級~ウェルター級に沢山いますが日本のテレビでは言わないし。井上が真のスターになりたかったらフェザー級以上でチャンピオンになる事だ。多分それは俺は無理だと思いますよ。今までが殆どの選手がそうだから。

返信する
わしボク

金星宏幸(きんせいひろゆき)さん、コメントありがとうございます。
「わしボク」はフィジカル面での知識に乏しいので、あまり理解できませんが、旧ソ連圏の中慮級のボクサーの中には、おっしゃるような背の低い筋肉質なボクサーが結構いますね。
個人的には、井上が階級をこれ以上上げていくのは、あまり賛成できませんが、昨日の試合の井上のげっそりやせた顔を見てると、バンタム級できついのかもしれませんね。
ところで、金星さんのYouTubeを拝見しましたけど、アクションスターなんですか?

返信する
金星宏幸(きんせいひろゆき)より

そうですよ。ボクシングと一緒で日本では稼げませんし仕事が無かったりで中国や香港に行ったりもします。香港映画カンフー映画は世界でも有名ですからね。アクション関係やボクシング格闘技関係はアメリカや香港に行った方が稼げますからね。日本ではアニメや漫画、ゲームぐらいしか稼げないと思いますよ。だから向こうに行って勝負しようと思っています。これからも頑張ります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)