生き残りを賭けたヘビー級ポンコツ対決は、アンディ・ルイスが勝利 VSルイス・オルティス

目次

(出典:WOWOW)

アンディ・ルイス(アメリカI)VSルイス・オルティス(キューバ)

WBC世界ヘビー級挑戦者決定戦(2022年9月4日)

両選手のプロフィール

アンディ・ルイス(アメリカ)WBC世界ヘビー級5位

36戦34勝22KO2敗、32歳 オーソドックス

身長 188cm リーチ 188cm

2019年6月に、アンソニー・ジョシュアに挑戦し、7RTKO勝ちで、3団体ヘビー級王座を獲得。世紀のアップセットと言われましたが、再戦で判定負けして初防衛に失敗しました。その後クリス・アレオーラに勝って生き残りを賭けた挑戦者決定戦に挑みます。この選手の体型はどう見てもポンコツヘビー級ボクサーに見えますが、パンチのスピード、威力は世界トップクラスです。

ルイス・オルティス(キューバ)IBF2位・WBO5位・WBC8位

37戦33勝28KO2敗2NC、43歳 サウスポー

身長 193cm  リーチ 198cm

キングコングのニックネームで有名な元WBA世界暫定ヘビー級王者。テクニックは一流ですが、打たれもろいのが弱点ですね。2敗はいずれもワイルダーにKO負けしたものです。さすがに43歳はポンコツです。

試合展開

リングアナウンサーのジミー・レノン・ジュニアは金髪になってましたよ。

ルイスは相変わらずぼてぼての腹ですが、調子は良さそうです。ほとんどの相手はこの体型を見て油断するでしょうね。

2ラウンドにルイスが2度ダウンを奪う

そして、2ラウンド、ルイスの右ストレートがオルティスの顎をとらえ、ダウンを奪いました。きれいにヒットしましたね。かなりダメージがありそうです。そしてもつれ合うようにして、オルティスが2度目のダウンをとられました。

中盤はオルティスがペースつかむ

ルイスはダウンを奪いながらも、消極的なボクシングで、むしろオルティスの方が攻勢をかけます。ルイスは手が出ませんね。右ジャブでルイスを下がらせます。

そして、盛り上がりに欠けるポンコツ対決が続きます。

7ラウンドにルイスがまたダウンを奪う

7ラウンド終盤、ルイスの右ボディブローでオルティスが体勢を崩し、右フックで3度目のダウンを奪いました。不思議な展開です。ダウンを奪うシーン以外は、オルティスがラウンドを支配しているのですから。

オルティスは打たれもろいですが、回復も早いですね。

オルティスがジャブで立て直す

オルティスはまた速いジャブでラウンドを支配します。

9ラウンドにルイスが攻勢をかけますが、オルティスも応戦します。右ジャブで攻勢をかけているのはオルティスです。ルイスは下がりながら、カウンターを狙っていますが、オルティスのジャブが邪魔ですね。12ラウンドはお互い、至近距離で打ち合います。

判定は意外にも接戦。3-0(113-112,114-111,114-111)とかなり僅差の判定で、ルイスが判定勝利。世界を狙うには物足りないポンコツ対決でしたね。

WBCのチャンピオンは、タイソン・フューリーですが、恐らくルイスとは対戦しないでしょう。試合後リング上にいた、デオンテイ・ワイルダーの王座決定戦も面白いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 Comments

アンディーには足が無いのでジャブだけで倒せると証明してしまった試合でした。ジョシュアにも同じ負け方をしたので、もうチャンピオンに返り咲くことはないですね。結構好きだったのに、見事なポンコツぶりを見せてくれました

返信する
わしボク

名前のややこしい対戦でしたね。確かに距離を取って、ジャブを突いていれば、判定で勝てる相手だと思います。
オルティスもそれは分かったいたはずですが、ちょっと打たれもろすぎました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)