東京五輪銀メダリストのリチャード・トーレスがわずか3分で5連勝!  VSジェームス・ブライアント

目次

(出典:WOWOW、RECORDは間違っています)

リチャード・トーレス(アメリカ)VSジェームス・ブライアント(アメリカ)

ヘビー級6回戦(2023年2月3日)

両選手のプロフィール

リチャード・トーレス(アメリカ)東京オリンピックS・ヘビー級銀メダリスト

4戦全勝4KO、23歳  サウスポー

身長 188cm リーチ 193cm  体重 101キロ

ジェームス・ブライアント(アメリカ)

6戦4勝4KO2敗、37歳 オーソドックス

身長 191センチ  リーチ 197センチ 体重 115キロ

試合展開

トーレスの構えは独特ですね。サウスポースタイルから少し腰を落として、前に出ます。もう少し右のジャブが欲しいですね。しかし、いきなりの左はスピードがあります。

トーレスは小刻みに右をついて、左のタイミングを図っています。ブライアントの大きな打ち下ろしは、軽くダッキングでかわします。

残り30秒辺りで、トーレスの左アッパーがブライアントのあごをとらえました。そして、返しの左フックで、ブライアントが少しぐらつきました。ブライアントは必死にクリンチで逃げます。

そして残り10秒、左アッパーでブライアントがロープに飛ばされ、尻餅をついてダウン!もがきながら立ち上がって来たブライアントですが、足はがくがくしています。

何とかゴングに救われましたが、2ラウンドの試合開始には応じられませんでした。1ラウンド終了、トーレスのTKO勝ちです。これで5連勝5連続KO。

さて、188センチの小柄な(今のヘビー級では)トーレス。次はもう少し大柄な選手とテストマッチをしてほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)