日本人頂上決戦 井岡が5Rにダウンを奪い8RTKO勝ち!井岡一翔VS田中恒成(WBO世界S・フライ級タイトルマッチ)

その前に

中谷正義の逆転KOは、感動しましたね。中盤までは完全にフェリックス・ベルデホのペースでしたから、このまま大差の判定でまけると思いました。9ラウンドの左ジャブのカウンターは見事でした。

注目のバンタム級暫定王座検定戦は、ドネアのピンチヒッター、レイマート・ガバリョが、2-1の判定でエマニエル・ロドリゲスに勝ちましたが、「わしボク」は115-113でロドリゲスが勝ったと思っています。的確なパンチは圧倒的に、ロドリゲスが優っていました。

さて本日の行方は

まず両選手のプロフィールを簡単に五勝しておきましょう。

チャンピンの井岡一翔は、27戦25勝14KO2敗、31歳。

挑戦者の田中恒成は、15戦全勝9KO、25歳。

体格の比較では

    身長      リーチ

井岡  165cm  168cm

田中  164cm  162cm

井岡が、若干リーチが長いようですが、体格面ではほぼ互角と言っていいでしょう。

展開は

田中がどう出るかで、展開は大きく変わるでしょうね。大方の予想では、パワーに勝る田中が先制攻撃をかけるということですが、慎重に井岡の出方を見ることも考えられます。井岡はいつものように相手の出方を見て、戦略を組み立てるでしょうね。

田中が先に仕掛けた場合は、田中のパワーとパンチ力で序盤に田中が優位に立つことが考えられます。しかし、井岡はこれまでに負けた相手は、いずれもアウトボクサータイプ。前に出てくる相手には、結構うまく戦っています。田中もそのあたりは研究しているでしょうから、強引に打って出るということはないでしょうね。ただ、後半勝負となると、戦略的に長けた井岡の術中にはまる可能性があります。

ズバリ!田中の中盤にKO勝ち…か、序盤の井岡のカウンターが田中をとらえるか。なんとなく田中が勝つような気がします。

試合経過)

1R)

両選手とも計量をクリアーし、体調は万全にようです。とにかくコロナへの感染がなかって良かったですね。

やはり田中が前に出ます。井岡の左ジャブもヒット。田中のパンチは雑で、このラウンドは井岡のテクニックのうまさが上回ります。

2R)

田中が攻勢に出ますが、井岡が上手く対応しています。田中の速いパンチもヒット。井岡も応戦します。クリーンヒットでは井岡かな。

3R)

井岡が上手く戦っていますね。田中の攻撃はやや雑です。やはりボクシングのうまさでは井岡が上です。ジャブの打ち合いでも井岡が上ですね。

4R)

井岡が前に出ます。田中も応戦します。パンチの威力は田中ですが、的確なパンチは井岡の方が上ですね。このままだと、井岡の判定勝ちかなと。

5R)

井岡のうまさが目立ちます。井岡の左ボディもヒット。田中がやや前に出て攻勢をかけます。しかし、井岡の左ジャブがカウンターでヒットして、田中がダウン!少し効いています。ここはゴングに救われました。

6R)

田中が攻勢に出ます。しかし、井岡が的確にパンチをヒットいます。そして、2分弱、井岡の左フックカウンターで田中が2度目のダウン!

立ってきた田中が必死に応戦します。ラウンド終盤、田中の右ストレートがヒットして、井岡が下がります。

7R)

田中が出てきました。井岡も必死に応戦します。お互いボディの打ち合いです。ここでもやや井岡に分がありますね。田中はちょっと苦しくなってきましたよ。

8R)

田中が出ますが、井岡は的確に左ジャブを突きます。そして、1分半、井岡の左フックがカウンターでヒットし、田中が大きくぐらついたところで、レフリーが試合をストップしました!

井岡の8RTKO勝ちです。

田中のパワーも井岡のテクニックに屈しましたね。井岡のテクニックはやはり一級品でした。見直しました。

 

 

 

6 Comments

匿名

田中は結構雑でダウンもよくするので、序盤にスピードと強打でKOできなければ、井岡の勝ちかなと思っていました。
あまりにも予想通りの展開にびっくりしましたけど、同時に思ったのが、井上尚弥ってどれだけ異次元に強いのかと。

返信する
わしボク

匿名さん、ことしもよろしくお願いします。
「わしボク」の予想は見事に外れましたが、井岡のカウンターのうまさには驚きました。
田中のガードが下がる癖を見事に見抜いていましたね。

返信する
パンチャーファン

わしボクさま あけましておめでとうございます
 私の予想は 井岡の判定勝ちだったのですが。
井岡は様々なファイトスタイルを試して、強引に来る田中をかわして
ポイントアウトすると見たのですが。
田中は肉を切らして骨を断つという一か八かの戦い。
 実際は田中の筋肉と1ラウンド開始の威圧感を見てこりゃ思ったより早く田中が
倒し切りそうだと思った。
 解説通り井岡は1ラウンド中盤以降田中を見切ったように余裕があった。
わしボクさんには申し訳ないですが 辰吉薬師寺を上回るスリリングな
好試合だったと個人的には思いました。
 それにしても あれだけのけがをしてガードをもう少し練習してくると思ったんですが田中はまだ甘いですね。でもハートの強さはぴか一なので今後とも期待したいです。 
更新が滞っていたので心配してましたが 今年も楽しみにしています。

返信する
わしボク

パンチャーファンさん、今年もよろしくお願いします。
見応えのある試合でしたね。日本人対決としては、トップクラスだったと思います。
ちなみに、辰吉VS薬師寺は、「わしボク」は凡戦だったと思っています。
飯田覚士さんも指摘していましたが、田中は左のパンチを打つとき、右のガードが下がる癖があり、
そこを井岡は見逃さなかったですね。ここを修正すれば、リベンジも可能じゃないでしょうか。

返信する
名無しさん

質問です。田中はフライ級に戻って最強を証明するか
あくまで4階級にこだわってSフライでやっていくのか
どちらが望ましいと思いますか?
個人的にはフライ級のほうが向いていると思うのですが・・・

返信する
わしボク

名無しさん、今年もよろしくお願いします。
「わしボク」としては、フィジカル面でも全く問題がないと思いますので、このままS・フライ級でやってほしいですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)