井岡一翔が無難に判定勝ち!VS福永亮次(WBO世界S・フライ級タイトルマッチ)

目次

(出典:TBS)

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2021年12月31日)

井岡一翔(志成)VS福永亮次(角海老宝石)

TBS系列で、午後6時30分から生中継されます。久しぶりに地上波でボクシングが観られますね。

オミクロン株のおかげで、外国人が来日できなくなり、井上尚弥はぎりぎりセーフでしたが、井岡と村田はアウト。一時は中止というアナウンスでしたが、やはり「大晦日男」の意地ですかね。リトル・パッキャオの福永亮次を相手に防衛戦を行うことになりました。

両選手のプロフィール

井岡一翔(志成)WBO世界S・フライ級王者

29戦27勝15KO2敗、32歳。右オーソドックス

身長 166cm リーチ168cm

田中恒成戦では、圧倒的な実力差を見せたものの、2021年9月フランシスコ・ロドリゲス戦では、大苦戦し、ややホームタウンデシジョンでなんとか判定で3度目の防衛に成功しています。

今回がリベンジの4度目の防衛戦となります。

福永亮次(角海老宝石)WBO6位、日本&アジアパシフィック王者

19戦15勝14KO4敗、35歳。左サウスポー

身長168cm リーチ ?

2013年に新人王を獲得しています。→ワシボクが選んだスーパースター候補はこいつだ! 全日本新人王決勝(富岡大樹&中谷潤人&福永亮次)

2018年に2連敗していますが、その後5連続KO勝ちで、2021年10月に梶颯と対戦し、大苦戦の末、2-0の判定で勝利しています。しかし「わしボク」は梶の方がポイントで勝っていたと思います。とはいえKO率74%のハードパンチは、井岡にとっては脅威でしょうね。

試合展開予想

どちらも直前の試合では不甲斐ない結果となっていいます。そして、一旦中止になって気を抜いた井岡と、突然のご指名の福永。どちらがコンディション的に優位なんでしょうか。試合運び、ボクシングスキルでは圧倒的に井岡に軍配が上がります。しかし、福永も梶颯戦ではその豪打を見せることが出来ず、不甲斐ない試合でしたが、15勝のうち14勝がKOという強打者です。ただ、手数で倒すタイプですので、井岡にとっては、一発のパンチにそれほどリスクはないかもしれません。

まず、リングに上がった時の両選手のコンディションが一番重要ですね。どこまで仕上げるか。パワーでは福永が上だと思います。井岡は下がりながら、チャンスをうかがうことになるでしょう。本来なら、井岡はこの程度の相手は、中盤辺りから仕留めにかかることでしょう。しかもこういう好戦的なファイターは得意です。井岡が本調子なら、後半に倒すか、大差で判定勝ちだと思います。

しかし、「わしボク」は井岡のモチベーションを心配しています。それと、前回の防衛戦での井岡の出来の悪さ。ピークを過ぎたのか?「わしボク」はフィジカル的にS・フライ級があっていないように思います。ロマゴンがS・フライ級で実力を発揮できないのも同じ理由出はないでしょうか。

試合経過

両選手とも一回で前日計量をパスしました。

1R)

井岡は距離を測っています。井岡が少しずつプレスをかけます。井岡に余裕が感じられます。

2R)

井岡がじりじりと前に出ます。井岡はボディ攻撃から上にパンチを放ちます。

3R)

ボクシングスキルは井岡が上ですね。福永のパンチを見切っている感じがします。しかし、お互い手数が少ない。

4R)

井岡のアッパーがヒットしだしました。井岡のボディが福永をとらえています。

5R)

福永も前に出て応戦します。井岡の左ジャブが的確にヒット。

6R)

井岡は慎重ですね。福永も応戦しますが、なかなかヒットしません。井岡はボディを攻撃しますが、福永のパンチは空を切ります。

7R)

盛り上がりのない前半戦でしたね。このままずるずると12ラウンドまで行く感じがします。やはり井岡はサウスポーに対してやや苦手意識があるのでしょうか。安全にボクシングをしています。井岡のガードは完璧ですが、攻撃が今一つです。井岡が上下にパンチを放ちます。福永も前に出ますが、どうにも攻めあぐねています。

8R)

福永が前に出ます。井岡はステップバックでかわします。井岡が上下にパンチを放ちます。井岡が少し強めに前に出てパンチを放ちます。福永のボディもヒットして、井岡の動きが止まります。

9R)

福永が前に出て攻勢をかけます。井岡はボディブローで応戦します。井岡は相手が弱るまで倒しに行きませんね。

10R)

こんな試合ではRIZINに負けますよ!福永が前に出ます。井岡は手堅いボクシングで応戦します。つまらないです。

11R)

井岡はどうやら、サウスポー対策として、福永と対戦しているようですね。このままでは負けが濃厚な福永が前に出ます。井岡は流しています。ショートのパンチで応戦します。

12R)

つまらないボクシングです。福永は倒される覚悟で、一気に行ってほしいですね。福永が前に出ます。井岡はショートパンチを返します。井岡のうまさだけが目立った試合でした。

判定は3-0で井岡が防衛に成功しました。モチベーションの低いつまらない試合でしたね。これでまたボクシング人気が下がりました。(115-113,116-112,118-110)

それにしても、115-113はないでしょう。井岡にはアンカハスしか見えていないのでしょう。福永はサウスポー対策として、恰好の相手でしたね。しっかり12ラウンド練習できました。しかし、この試合が世界戦だということを忘れているような気がします。ついでですが、RIZINを録画で見ましたが、盛り上がっていたのは、ゲスト解説陣だけで、試合内容は凡戦ばっかりでした。あれ、5時間も辛抱した人は「偉い!」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6 Comments

怒りの王子

今日計量ですね

挑戦者が勝つにはガード上げて前進、強打を当たれば倒れるかもと江藤さんが予想してましたが。

返信する
わしボク

両選手とも一発で計量クリアしたみたいです。これでほぼ間違いなく試合を見ることが出来ますね。
ところで6時からRIZINが五時間以上生中継しますね。

返信する
怒りの王子

リアルタイムで観ましたが、福永さんは大振りのパンチで井岡チャンピオンは省エネ戦法の安全運転でしたね

その後RIZINで天心が五味さんとハンディありの大振りパンチを避けたりしてて微妙な試合でした汗

返信する
わしボク

アンカハス戦に備えて、無理をせず、ケガをせず、まるでスパーリングのようでした。
サウスポー対策にはなったのでしょうが、これが世界戦だということを忘れているみたいですね。

返信する

井岡チャンピオンの負けたら元も子もないというのもわからんではないのですが、この王者の統一戦が見たい!という機運が高まる様な熱い試合をしないと、今後中々マッチメイクも進まないような気もしますね。

返信する
わしボク

松さん、同感です。
あの試合、もう少し井岡がリスクを覚悟して戦えば、終盤のKOもあった思います。
「この選手の次の試合も見たい!」と思わせることが、プロボクサーの大事な役目です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)