井岡一翔が大差の判定負けで王座陥落 VSフェルナンド・マルチネス(WBA・IBF世界S・フライ級王座統一戦)ABEMAが7月7日午後3時から無料生配信

目次

(ボクシングビート7月号)

メインの配信時刻は午後8時半ごろということです。

WBA・IBF世界S・フライ級王座統一戦(2024年7月7日)

井岡一翔(至成)VSフェルナンド・マルチネス(アルゼンチン)

両選手のプロフィール

井岡一翔(至成)WBA世界S・フライ級王者

25戦22勝11KO2敗1分け、35歳 オーソドックス

身長 165cm  リーチ 166cm

2011年2月にWBO世界ミニマム級王座を獲得。3度防衛後、2012年にWBA世界L・フライ級王座を獲得し、2階級制覇を達成しました。3度防衛して、IBF世界フライ級王者のアムナット・ルエンロンに挑戦し、判定負けで3階級制覇に失敗しました。しかし、2015年にファン・カルロス・レべコに判定勝ちして、WBA世界フライ級タイトルを獲得し、3階級制覇を達成しました。5度防衛して、タイトルを返上し、S・フライ級へ階級を上げました。2019年6月、アストン・パリクテと王座決定戦を行い、TKO勝ちでWBO世界S・フライ級タイトルを獲得、同時に4階級制覇を達成しました。2022年7月にドニー・ニエテスにリベンジして、5度目の防衛に成功しました。2023年6月に、体重オーバーのジョシュア・フランコに判定勝ちしてWBA世界S・フライ級タイトルを獲得しました。2023年12月に久々のKO勝利で初防衛に成功しています。

フェルナンド・マルチネス(アルゼンチン)IBF世界S・フライ級王者

16戦全勝9KO、32歳 オーソドックス

身長 157センチ  リーチ 163センチ

2022年2月、IBF王者のアンカハスに挑戦し、大番狂わせの大差判定勝利でタイトルを獲得しました。全勝とはいえ全く無名で、しかもランキングは11位ですから、誰もマルチネスの勝利を予想しなかったでしょうね。そして、2022年10月の再戦でも大差の判定で、初防衛に成功しました。2023年6月にTKO勝ちで2度目の防衛に成功しています。

展開予想

マルチネスがタイトルを奪った試合は今でも印象に残っています。王者のアンカハスがあれほどパンチを打たれた姿を見たのは初めてでしたから。マルチネスは一発の威力はありませんが、とにかくアグレッシブにパンチを放ってきますし、スタミナもあります。あえて弱点を探すとしたら、ボディでしょうか。

井岡は、アウトボクサーはあまり得意ではありませんが、ファイタータイプには負けたことがありませんね。カウンターもうまいですし、自分の距離を掴むのも早いです。あえて相手の距離で戦うといっていますが、フィジカルの強いマルチネスにはお勧めできませんね。でも接近戦で得意のボディブローが決まれば、倒すシーンが期待できそうな気がします。

試合結果

井岡は全くいいところがない凡戦で、大差の判定負けで王座陥落。0-3(112-116,111-117,108ー120)。パワーもスピードもマルチネスが上でしたね。

6 Comments

ボディで逆転期待してましたが…マルチネスは当てるのも休むのもうまかったですね。
井岡選手このまま引退かもしれませんが、田中恒成とウルトラCで再戦もいいと思うんですが…

返信する
わしボク

ネームバリューはありますからね。慌てて引退することはないと思います。

松さんの言う通り、田中との再戦も面白いですし、ロマゴンや高山涼深なんかも見てみたいですね。

返信する
120sdh

メインカードの井岡は全然駄目だな~って感じでしたが、同日のデビュー戦の横山葵海選手がメチャメチャ強くて衝撃でした。デビュー戦だけで世界チャンピオン間違いないだろうと思ったのは井上尚弥以来2人目だったのですが(そもそもデビュー戦をリアルタイムで観た経験が数える位しか無いのですが汗)わしボクさん的にはいかがだったでしょうか?

返信する
わしボク

「わしボク」の大好きな内山さんも「めちゃ強い」と大絶賛してましたね。
実は、井上尚弥の試合を始めてみたときに、それほど衝撃をうけませんでした。
相変わらず、見る目がありませんでした。

返信する
120sdh

あっ、でも正直なところ私も井上尚弥のプロデビュー戦でも横山葵海君ほどの衝撃は受けませんでした(汗)ボクサーの可能性は1試合だけじゃ分からないものですね(当然かもしれませんが)
しかし今日の中谷潤人君の試合を観たところ尚弥との試合が観たくてたまらないです(´∀`)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)