モハメッド・アリの孫が衝撃の1RTKOデビュー!(S・ミドル級4回戦)ニコ・アリ・ウォルシュ

(出典:WOWOW)

S・ミドル級4回戦(2021年8月16日)

ニコ・アリ・ウォルシュ(アメリカ)VSジョーダン・ウィークス(アメリカ)

ウォルシュ(21歳)はこれがデビュー戦です。

身長 183cm リーチ 188cm アマチュアで30戦のキャリアがあります。

ウィークス(29歳)は5戦4勝2KO1敗と、デビュー戦の相手としてはなかなかの戦績ですね。

アリファンとしては、あっさりKOで勝ってほしいところですが、実力未知数なので、何とも言えません。

お手並み拝見といきますか。

試合経過)

体格はほぼ同じですね。ウォルシュが左ジャブから右オーバーハンド放ちます。かなり積極的に右左を叩き込みます。ウィークスはまだほとんどパンチを出していません。軽いステップを踏みながら(モハメッド・アリを彷彿させますね)、かなり強気に左右のパンチを打ち込みます。右は結構思い切って放っています。ただ、ウォルシュはややガードが低いですね。

残り1分50秒、左ジャブからの右がウィークスの顔面を見事にとらえ、ウィークスが早くもダウン!ウォルシュの右は結構強そうです。ウォルシュはすぐに立て来ましたが、ダメージはありそうです。

試合再開後、ウォルシュが猛然と襲い掛かります。そして右がヒットし、ウィークスがバランスを崩します。効いていますよ。ここからは左右の連打でウィークスを一方的に攻め立てます。

そして、残り1分少々のところで、レフリーがウォルシュの連打から、ウィークスを救い出します。

ウィークスがなんと1ラウンドTKO勝ちでデビュー戦を飾りました。ウィークスに何もさせませんでしたね。

「わしボク」好みの好戦的な選手です。これからが楽しみですね。とにかく魅力的なボクシングをします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)