このプエルトリカンはスター性抜群!11戦全勝のザンダー・ザヤス(S・ウェルター級)

(出典:WOWOW)

S・ウェルター級6回戦(2021年10月23日)

ザンダー・ザヤス(プエルトリコ)VSダン・カーペンシー(アメリカ)

両選手のプロフィール

ザンダー・ザヤス(プエルトリコ)

10戦全勝7KO、19歳 右オーソドックススタイル 身長 188cm

トップランク社が16歳の時に青田買いしたプエルトリコの天才ボクサーです。相当な期待値を持ってこのリングに上がっています。お手並みをは拝見しましょうか。

ダン・カーペンシー(アメリカ)

13戦9勝4KO3敗1分け、30歳 右オーソドックススタイル 身長 179cm

カーペンシー一家は、兄弟にプロボクサーが多いことで有名です。

試合経過)

1R)

このプエルトリコの新星、見た瞬間、フェリックス・トリニダードを思い出しました。構え方がよく似てますね。早い左ジャブで前に出ます。カーペンシーは後ろ足を軸に、下がりながらザヤスの攻撃をかわしています。

ザヤスがワンツーから左ボディブローを放ちます。スピード抜群です。そして速いワンツー。カーペンシーはクリンチで逃げます。カーペンシーもパンチを返しますが、いずれも空を切ります。ザヤスは上下にワンツーを打ち込みます。カーペンシーがパンチを返しますが、ザヤスは速いステップバックで難なくこれをかわします。

ザヤスはガードも高く、ディフェンス力も優れていますね。残り30秒、カーペンシーが前に出てパンチを放ったところへ、ザヤスの左カウンターがボディにめり込みます。これは効いたようです。ワンツーを放った後、カーペンシーがパンチを返すところには、もうザヤスは速いバックステップで、そこにはいません。

2R)

ザヤスが左ジャブを突いて、右のタイミングを計っています。カーペンシーが大きな左右のフックを放ちますが、いずれも空を切ります。ザヤスはゆっくり構えて、じわじわ前に出ます。中盤、ザヤスが左右のパンチを放ってカーペンシーをロープに詰めます。カーペンシーも上体をゆすって、ザヤスのパンチを何とかかわしています。

ザヤスの左フックがボディから上にパンチをヒットさせます。ザヤスは基本に忠実なボクシングで、上下にパンチを放ちます。左ジャブから入り、カーペンシーがパンチを返すと、速いステップバックでこれをかわします。

3R)

ザヤスは非常に安定した構えをしていますね。パンチを放っても体の軸がぶれることがありません。カーペンシーが接近戦に持ち込むと、すかさず左右のボディを打ち込みます。ザヤスは相手の開いているところへ、的確にパンチを打ち込みます。そして決して無理をしませんね。カーペンシーもパンチを返しますが、ことごとく空を切ります。ガードの上にすら当たりません。ザヤスはパンチを放っても、相手の攻撃をかわしても、決してバランスを崩すことがありません。ラウンド終盤、ザヤスが連打でカーペンシーをコーナーに追いつめます。

4R)

後はいつザヤスが仕留めるかですね。ザヤスが左ジャブを突いて、前に出ます。ザヤスのパンチが面白いようにヒットします。左のアッパーが上下にヒット。この回はかなりザヤスの手数が増えてきました。ザヤスは相手をよく見ていますので、カーペンシーはなかなかつけ入るスキがありません。

終盤、ザヤスが左ジャブから右ストレートを放ち、カーペンシーは防戦一方になります。ロープに詰めてワンツーを放ち、カーペンシーの返すパンチは軽くかわします。もうザヤスのやりたい放題です。そして、決して強いパンチを打ちません。的確なパンチをコツコツをヒットさせています。ここぞという時に温存しているのでしょうか。

 

そして、カーペンシー陣営からギブアップの申し出があり、ザヤスの4R終了TKO勝ちです。これはまるで、「ロマチェンコ勝ち」ですね。まだまだ、全力で戦っていないような感じです。楽しみな選手が登場しました。2~3年かからずに、世界戦線に浮上してくると思いますよ。間違いなくスター候補です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)