わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

マイキー・ガルシアが問題児を中途半端に退治 VSエイドリアン・ブローナー

▼最新記事

マイキー・ガルシア(アメリカ)VSエイドリアン・ブローナー(アメリカ)

S・ライト級12回戦(2017年7月29日)

f:id:stonemeintothegroove:20170824150136j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170824150144j:plain

(出典:WOWOW)

ガルシアは36戦全勝30KO、29歳。現在WBCライト級チャンピオンです。

ブローナーは36戦33勝24KO2敗1NC、28歳。WBCでS・ライト級6位、WBAではウェルター級2位にランクしています。

今回はS・ライト級で対戦します。ガルシアは1階級上げ、ブローナーはなんと1階級下げて戦うことになります。

私にとっては、問題児ブローナーが前日計量をクリアできるかが最大の関心事でしたが、予想を裏切り、体を絞ってきました。破格の罰金が科せられていましたが、それでもびっくりです。

しかも、ノンタイトル戦で12000人もの観衆を集めたのは、悔しいけれどブローナーに根強い人気によるところが大きいと言わざるを得ません。

出来ればガルシアはブローナーを完全に退治し、もう二度とリングに上がらないようにしてほしいですね。

 

 

ガルシアが距離を掌握

きっちり下げてきたブローナーの左ジャブはさすがですね。ガルシアより速く見えましたが、距離が合っていません。

ガルシアにほとんど届かず、当たらないけど速い左ジャブは、回を追うごとに手数が減ってきます。

 

前半はガルシアがプレッシャーをかけ、ガードの上からお構いなしにパンチを打ちこみます。左ジャブの差し合いも、距離をつかんでいるガルシアの方のパンチがブローナーをとらえます。

 

無理をしないガルシア

ガルシアの右がブローナーのガードを破り、顎とらえる場面もありますが、それ以上畳みかけることがありません。

f:id:stonemeintothegroove:20170824152020j:plain

(ガルシアのパンチがブローナーの顎をとらえるシーンもありましたが)

ブローナーが連打を許さないのも要因ですが、ガルシアは倒すことより、勝負に徹しているような感じです。

中盤は退屈な展開が続き、7ラウンドはうっかり居眠りをしてしまいました。

中間距離でのスリリングなパンチの交錯がなく、お互いのパンチが単発で、特にブローナーの手数がとにかく少ない。ガルシアのパンチをガードするのに精一杯という感じです。

 

終盤ようやくブローナーが反撃

ブローナーのベストラウンドは9ラウンドでしょう。ガルシアをロープに詰めて放った左ボディブローは、この試合で初めての効果的なパンチでした。

この回あたりから、ようやくブローナーのパンチが少しずつヒットし出しましたが、時すでに遅しです。

結局、11~12ラウンドは再びガルシアの手数に押され、前に出ても、先にパンチを放つのはガルシアです。

最終ラウンドは結構ガルシアのパンチがブローナーをとらえていました。

f:id:stonemeintothegroove:20170824153155j:plain

(パンチの威力はガルシアが上です)

 

ブローナーは計量をパスした以外は、ほとんどいいところはなく、両者には明確に力の差を感じました。

判定は3-0(117-111、116-112、116-112)でもちろんガルシアの勝利です。

しかし、ブローナーに4ポイントも与えたジャッジは、一体どこを評価したのでしょうね。

とにかく、ガルシアはブローナーに勝って、また名前を上げた感じにはなりましたし、できればボコボコに倒してほしかったですね。

ブローナーはこの敗戦で、世界戦線から完全に退く形になるでしょう。

せめてWOWOWでの、こいつの試合の放送はもうやめてほしいですね。