読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

メイウェザーが怒るのも無理はない。これで引き分けはないでしょう! バドゥ・ジャックVSジェームス・デゲイル

▼スポンサーリンク

▼最新記事

バドゥ・ジャック(スウェーデン)VSジェームス・デケイル(イギリス)

WBC・IBF世界Sミドル級王座統一戦(2017年1月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20170222123300j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170222123314j:plain

 

WBC王者のバドゥ・ジャックはこれが3度目の防衛戦となりますが、ジョージ・グローブスは2-1の辛勝、ルシアン・ビュテは引き分けと、苦しい防衛戦が続いています。

23戦20勝12KO1敗2分け、33歳。決め手を欠くボクシングが苦戦の原因だと思います。

 

www.boxing-blog.com

 IBF王者のジェームス・デゲイルもこれが3度目の防衛戦。

24戦23勝14KO1敗、30歳。変則的なスイッチボクサーです。

唯一の1敗は、ジョージ・グローブスに喫したものです。

 

現地の掛け率は5-2でデゲイルが有利となっていますが、解説の浜田さんは「私はジャック」と明言しました。

私は、どちらが勝つにしても判定決着の凡戦を予想していました。はっきり言って、この二人のボクサーにはあまり魅力がありません。

それにしても、Sミドル級は今ひとつレベルが低く、スター不在の階級ですね。

 

 

まずデゲイルがダウンを奪う

ジャックは右構えのスタイリッシュなボクサーですが、ボクシングが慎重すぎて、面白みに欠けます。

一方のデゲイルはスイッチヒッターで、ガチャガチャした変則的なボクサーです。この日はとりあえずサウスポースタイルでスタートしました。

しかし、そのガチャガチャしたボクシングのデゲイルが、ノーモーションの右ストレートでジャックからダウンを奪いました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170222124418j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170222124426j:plain

(サウスポースタイルからノーモーションの右ストレートがジャックの顎をとらえました)

f:id:stonemeintothegroove:20170222124431j:plain

(ジャックの堅いガードの隙間をうまくとらえています)

タイミングよく決まりましたが、見た目ほどジャックにダメージは感じられませんでした。

2ラウンドもデゲイルがサウスポースタイルで、距離感がつかめないジャックをコントロールしました。

 

3ラウンドからはほぼジャックのペース

しかし、3ラウンドからジャックのボディブローが決まりだすと、途端にデゲイルに余裕がなくなり、ジャックのパンチが少しずつヒットし出します。

どうやらこのボディブローは、ニューヨークのジャッジに評価されなかったのでしょうね。

でも、デゲイルはこのボディブローを嫌い、落ち着きなく右へ左へとスイッチを繰り返します。完全にペースはジャックが握っていました。

 

5ラウンドはレフリーがダウン

この試合で一番面白かったのは、5ラウンド終了間際のレフリーのダウンですね。

 5ラウンド終了のゴングがなり、止めに入ったレフリーの顎に、ジャックの右フックがヒットしました。たまらずダウンしたレフリーをジャックが抱きかかえました。

f:id:stonemeintothegroove:20170222125559j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170222130720j:plain

(このパンチがヒットしてからジャックは調子を上げました?)

 重量級の試合だとレフリーも大変ですね。

とにかく、私にはこのシーンが一番おもしろかったですね。

 

このパンチでジャックが調子を上げたような気がします。

6ラウンドのジャックのボディブローは、明らかにデゲイルにダメージを与えました。

そして7ラウンドの右ストレートで、デゲイルは大きく体勢を崩し後退しました。これもかなり効いた感じでした。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170222131752j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170222131801j:plain

(この右ストレートはかなりダメージがあったようです)

何度もマウスピースを吐き出すデゲイル

7ラウンドにはデゲイルのマウスピースが飛ばされます。

どうやら、ボディが効いて、自分からマウスピースを吐き出したようです。

デゲイルはこの後も、何度もマウスピースを吐き出します。

9ラウンド辺りまでは、ジャックが完全にペースを握っていたように思います。

デゲイルも力を込めたパンチで反撃しますが、長くは続かず、すぐにジャックの連打にさらされます。しかも、デゲイルのパンチは見た目は派手ですが、ほとんどクリーンヒットしていません。

 

最終回にジャックがとどめのダウンを奪い返す

10ラウンドと11ラウンドはデゲイルが勝負に出てきました。

かなり力を込めたパンチを放ち、一方のジャックは手数が少し減ってきました。

しかし、この時点でも私はジャックがポイントをリードしていたと思います。

そして、最終ラウンドに、ジャックの右アッパーがデゲイルのテンプルをとらえ、デゲイルはたまらずダウンします。

f:id:stonemeintothegroove:20170222133205j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170222133213j:plain

(このダウンでジャックは勝利を確信したでしょうね)

立ってきたデゲイルにジャックが襲い掛かりましたが、なんとか追撃をかわし、判定に逃げ込みました。

私にはジャックが明確に勝っていたように見えました。ちなみに私の採点は115-111です。

 

判定は1-0(114-112、113-113,113-113)のマジョリティドロー。

114-112でデゲイルの勝ちとしたジャッジは、デゲイルのどこを評価したのでしょうね。ちなみに、ネットではダウンの応酬の激戦と書いてあったのですが、初回と最終回以外はお互い決め手に欠くお粗末な凡戦でした。

 

プロモーターのメイウェザーはこの採点にカンカン。

どうやら、ジャックはLヘビー級に階級を上げるようですが、この程度の実力ではLヘビー級では通用しないでしょう。レベルの低いSミドル級のようなわけにはいきませんよ。