わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

まさか小國以載が勝っちゃったの?ボディブローでダウンを奪い判定勝ち VSジョナタン・グスマン

▼最新記事

小國以載 判定 ジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)

IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ(2016年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20170101142049j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170101142100j:plain

(出典:TBS)

だれも小國が勝つとは予想しなかったでしょうね。

何ラウンドもつか、が焦点、そんな戦前の予想でした。

なにせ小國が唯一TKO負けしている、和氣慎吾をKOしてる相手ですから、仕方がありません。

グスマンは22戦22勝22KOのパーフェクトレコードで、それが本物だと前回の和氣戦で証明されています。

小國は20戦18勝7KO1敗1分け。

スピードもテクニックもパンチ力もすべてグスマンが上でしょう。

 

小國が良かったのはガード

高いガードでがっちり顔面を守り、打たれてもステックバックでパンチを殺していました。そして何より良かったのはボディブローです。

恐らく小國にとってはこれが唯一の秘策だったのでしょうね。

怖いグスマンに対して、勇敢にこのボディを放っていました。

 

そして3ラウンド、あっと驚く小國のボディブロー1発でダウンを奪いました!

f:id:stonemeintothegroove:20170101142301j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170101142307j:plain

(あっと言わせた小國のボディブロー)

恐らく、打った本人もびっくりしたでしょうね。

この1発が、この試合のすべてと言っても過言ではありません。

このボディブローでグスマンの突進が、いつもより弱まったことは間違いあいりません。

 

それでもグスマンは速くて強い

確かにこのボディブローでグスマンは、連打が出なくなりましたが、それでも前半はグスマンのスピードとテクニックが小國を上回っていました。

さらなるボディ攻撃を狙う小國も、グスマンのカウンターが怖くて、なかなか踏み込めません。

小國のパンチもヒットしますが、ペースはグスマンが握っていました。

 

8ラウンドあたりからグスマンがペースダウン

中盤までは地力に勝るグスマンがペースを握っていましたが、8ラウンドあたりから、ボディ攻撃の影響か、グスマンのガードが明らかに下がってきましたし、顔に余裕がなくなってきました。

小國のパンチがグスマンをとらえるシーンが多くなりましたし、グスマンは明らかに腰が引けていて、自慢の強打に威力がなくなってきました。

 

11ラウンドのボディブローはローブローじゃないよ!

スロー再生を見ても明らかですが、11ラウンドの小國のボディブローは明らかにクリーンヒット、ベルトラインの上をヒットしています。

f:id:stonemeintothegroove:20170101142442j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170101142450j:plain

(1発目も2発目の完全にベルトラインの上です)

このレフリー、ぼんくらですね。下手したら、この回で小國がKOできたかもしれませんよ。

 

終盤は執拗にボディを狙った小國が、ポイントを奪取したように見えました。

小國はもう少し手数がほしかったですね。

微妙な判定ですが、3-0(3者とも115-112)で小國の判定勝ちでした。

 

今回は小國のボディブローが功を奏しましたが、再戦したらこうはいかないでしょうね。

勝った小國も苦しかったようです。スピード、テクニック、パンチ力のすべてで上回るグスマンに、かろうじて作戦勝ちで勝利をものにしましたが、リマッチは絶対に避けた方がいいですね。

しかし、岩佐亮佑の相手が小國になるとは、夢にも思いませんでした。

これは楽しみです。