読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ワシボクが選んだスーパースター候補はこいつだ! 全日本新人王決勝(富岡大樹&中谷潤人&福永亮次)

▼スポンサーリンク

▼最新記事

富田大樹(堺東ミツキ) 4RTKO 富岡達也(REBOOT)

ミニマム級(2016年12月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20161225125044j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225125052j:plain

(出典:日テレG+)

富田は7戦全勝1KO、19歳。

富岡は6戦5勝2KO1敗、19歳。

 

解説の飯田さんが「富田はKO率以上にパンチ力がありますよ」

というように、この日は右ストレートが切れていました。

全体的なスピードでは富岡の方が上でしょう。

 

しかし、富田の右ストレートだけは速くて強いですね。

1ラウンドにいきなり、この右ストレートでダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20161225125412j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225125427j:plain

(あいさつ代わりの右ストレート?ダメージはなさそうです)

富岡は動きが速く、全体的にスピードがあります。飛び込んで打つパンチが、富田をとらえていました。

しかし、3ラウンドあたりから、打ち終わりを狙う富田のテンポが良くなり、富岡は少しずつ押され気味になります。

そして、4ラウンド、富田の右ストレートがカウンターで決まり、富岡がダウン。

立ってきたところを、富田が連打で攻めた立てたところで、セコンドからタオルが投入されました。

f:id:stonemeintothegroove:20161225125741j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225125800j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20161225125812j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225134852j:plain

(カウンターで富田の右ストレートが富岡の顎をとらえる)

f:id:stonemeintothegroove:20161225134921j:plain

(富田の連打で富岡のコーナーからタオルが投入されました)

 

中谷潤人(M.T) 判定 矢吹政道(薬師寺)

 

フライ級

f:id:stonemeintothegroove:20161225130755j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225130803j:plain

東西MVP対決!私が一番楽しみにしていたカードです。

中谷は8戦全勝7KO、18歳のサウスポー。

矢吹は3戦全勝3KO、すべて1RKOの24歳です。

 

矢吹のスピードや勘の良さは抜群です。しかもパンチ力があります。

しかし、1ラウンドしか経験がなく、スタミナに不安があります。

一方、中谷も高いKO率を誇るハードパンチャー。ボクシングのうまさは、矢吹より上でしょう。

1~2ラウンドは、スピードに勝る矢吹のパンチが中谷をとらえるシーンが多かったと思います。

中谷のパンチはややスピード不足で当て勘も悪く、なかなか矢吹をとらえることが出来ません。

f:id:stonemeintothegroove:20161225131952j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225132002j:plain

(序盤は矢吹の速いパンチが中谷の顎に再三ヒットする)

しかし、予想通り4ラウンドはスタミナの切れた矢吹に、中谷のパンチがヒットし出します。

勘のいい矢吹も、ガス欠で中谷の攻撃をかわし切れません。

私は、1ポイント矢吹が勝ったと思いましたが、結果は3-0(39-38、39-37、39-37)。

常に冷静に戦った、18歳の中谷のボクシングのうまさが評価されたようです。

 

福永亮次(宮田) 5RTKO 藤本耕太(江見)

Sフライ級

f:id:stonemeintothegroove:20161225132850j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225132855j:plain

福永は9戦7勝7KO2敗、30歳のサウスポー。そしてハードパンチャー。左ストレートには抜群の威力があります。

藤本は6戦全勝2KO、18歳。

 

試合を作るのは藤本。すがるい動きで福永を攻め立てます。

福永は左ストレートのカウンターを狙うだけで、自分から仕掛けことはあまりありません。

3ラウンドに福永の左カウンターがヒットし、ダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20161225133717j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161225133725j:plain

(警戒していた左ストレート浴び、藤本がダウン)

しかし、立ち上がってきた藤本を詰め切れません。このあたりに福永のボクシングの弱点があるような気がします。

藤本もダウンを挽回するため、勇敢に攻め立てます。

そして、結局、5ラウンドにまた福永の左ストレートカウンターを浴びてピンチに陥ります。

福永の連打で手が出なくなったところで、レフリーが割って入りました。

f:id:stonemeintothegroove:20161225134134j:plain

福永はこのクラスとしては、かなりパンチ力がありますね。左のストレートに絶対の自信を持っているようです。しかし、ボクシングが単調ですね。