わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

自身のプロキャリア最高の試合 強い!強い!ワシル・ロマチェンコ VSローマン・マルチネス

▼最新記事

 

ローマン・マルチネス(プエルトリコ)VSワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

WBO世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年6月11日)

f:id:stonemeintothegroove:20160722145453j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160722145500j:plain

(出典:WOWOW)

チャンピオンのマルチネスは、あのオルランド・サリドに勝ってタイトルを手に入れています(1勝1分け)。

34戦29勝17KO2敗3分け、33歳。

浜田さん曰く「やや体が硬い」。

 前回はサリドとのダイレクトリマッチで引き分け、なんとか防衛しました。

        ↓

boxing.hatenablog.jp

 

ワシル・ロマチェンコは6戦5勝3KO1敗。唯一の1敗はサリドに判定負けしたものです。プロデビュー2戦目で世界タイトル(世界最速)を狙いましたが、サリドの乱戦に巻き込まれ失敗しています。

ちなみにアマチュアでの戦績は396勝1敗です。2戦目で世界を狙ったのも頷ける、アマチュア界のスーパースターでした。

 

ロマチェンコの有利は動きませんが、問題はその勝ち方ですね。

  スピードが違いすぎる

ロマチェンコが前にでてプレッシャーをかけ、マルチネスが下がるという展開でスタートしました。

2ラウンドにはもうロマチェンコが距離を支配していました。

そして、パンチのスピードはもちろんのこと、体の動き、足の動きのスピードが全く違い、マルチネスは全くついていけません。

f:id:stonemeintothegroove:20160722150054j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160722150123j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160722150155j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160722150143j:plain

(素早くマルチネスの後ろに回り、マルチネスがまだ追いついていないところへ、狙いすましように右フックを打ち込みます)

 

いきなりの左ストレートが何度もヒット

4ラウンドはロマチェンコのワンマンショーでした。右ジャブはもちろんですが、いきなり放つ左ストレートが面白いようにヒットします。

f:id:stonemeintothegroove:20160722150831j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160722150844j:plain

(この左ストレートにはマルチネスは全く反応できていません)

じり貧のマルチネスが5ラウンドに勝負に出ました。

前に出てパンチを放つのですが、ロマチェンコには全くかすりもせず、逆にその隙をついて右アッパーから破壊力満点の右の返しで、マルチネスは失神するようにダウン!

 

f:id:stonemeintothegroove:20160722151242j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160722151249j:plain

(狙いすまいように右アッパーを放ち、会心の右のフックでマルチネスが失神)

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20160722151411j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160722151418j:plain

(上のアングルから)

もうロマチェンコをPFP(パウンド・フォー・パウンド)1位にしてもいいぐらい、完璧でとにかく強い勝ち方でした。

見ていて気持ちがいいボクシングですね。ほれぼれします。

もし、内山高志が再起するのでしたら、ジェスリル・コラレスみたいな中途半端相手より、ロマチェンコと対戦してほしいと思います。

別に世界戦でなくても、ノンタイトルで十分です。