わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

内山高志はさすがKOダイナマイト!(いずれ三浦隆司とやるの?)、田口良一も素晴らしい!

▼最新記事

◆ダイナマイトパンチ

 

WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ:内山高志VSジョムトーン・チューワッタナ

 

(この試合の結果予想の記事は↓)

内山高志の相手はジョムトーン! - わしはボクシングマニア


まさか内山の右がこんなに強いとは、びっくりびっくりです。
対峙してすぐに距離を見極め、強烈な右ストレートを叩き込みました。

f:id:stonemeintothegroove:20150507173136j:plain

もう、これで決まったようなもんです。

f:id:stonemeintothegroove:20150507173255j:plain

ジョムトーンはしきりに右目を気にしていました。
2ラウンド、ジョムトーンはまだ死んでいませんでしたね。しかし、右目の不具合が集中力を欠いたのかもしれません。


あれほどの内山の右を見たのは初めてかもしれません。

 

あのジョムトーンが大の字に倒れる姿は、まったく予想できませんでした。恐ろしい右ストレートですね。


◆やはりジョムトーンの減量はきつかった


金子と対戦した時はもっと「がたいが大きい」感じがしましたけど、

 

(金子大樹VSジョムトーン戦の記事は↓)

黄信号、金子大樹! - わしはボクシングマニア

 

試合前日の計量後の二人の写真を見ると、ジョムトーンはぎりぎりの体つきで、減量の厳しさがうかがえました。

一方、「どうやらフィジカル面でも内山は負けていないな」と若干安心しました。

 

ところが試合当日、

 

 

ジョムトーンは7キロも増量してきました。

 

何をどんだけ食べたら、1日で7キロも増えるのでしょうね。

 

◆さてこの後は


とにかく、これで最強の挑戦者を退け、10度目の防衛に成功しました。


よかった、よかった。

 

三浦は内山に雪辱したがっていますが、国内での三浦の知名度を考えると、内山にとっては、メリットはあまりありませんね。今回のジョムトーンもそうですが、危険な割にうまみがないのです。


私は、WBOチャンピオンのオルランド・サリドがお勧めです。

(サリドの記事は↓)

WOWOWエキサイトマッチ観戦記:ロマチェンコ、サリド、クリチコ - わしはボクシングマニア

 


あのアマチュアスーパースター、ワシル・ロマチェンコが、がちゃがちゃのボクシングに巻き込まれ、唯一一敗している相手です。

(ロマチェンコVSサリド戦の記事は↓)

世界のトップボクサー中量級編:ワシール・ロマチェンコ - わしはボクシングマニア

 

ロマチェンコの調子が今一つだったようで、再戦すればおそらくロマチェンコが楽勝するでしょう。
内山ならこのサリドをKOできると思います。ぜひ年内に実現してほしいですね。


◆つよかっこいい!


WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ:田口良一VSクワンタイ・シスモーゼン

「つよかわいい」を返上する素晴らしいボクシングでしたね。

f:id:stonemeintothegroove:20150507174221j:plain


井上尚弥が唯一倒せなかった田口(判定負け)と、井岡のボディブローで7回KO負けしているクワンタイの対戦です。面白いですね。


まあ、戦前の予想は田口が勝つだろう、と言われていました。問題はKOできるかどうか、だけでしたね。


しかし、クワンタイはもろかったですね。おそらく、ジョムトーンと同じく、減量に失敗して万全の状態ではなかったのだろうと思います。


ラウンドの終盤になると必ず失速し、結局KOされるまでに、5回のダウンを奪われ、いずれもゴングに救われています。


倒している田口も「このまま判定になったらどうしよう」と逆に不安になったことでしょう。KOできてよかったですね。


田口の場合は、次の防衛戦が正念場になりそうです。