わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ボクシング観戦記(海外編)

ジョー・スミスVSサリバン・バレラ WBCインターナショナルL・ヘビー級タイトルマッチ なんと試合途中で12回戦から10回戦に変更

ジョー・スミス(アメリカ)VSサリバン・バレラ(キューバ) WBCインターナショナルライトヘビー級タイトルマッチ(2017年7月16日) (出典:WOWOW) スミスはあのバーナード・ホプキンスをリング外にたたき出し、引導を渡した男です。 24戦23勝1…

速報)ジェスリル・コラレスVSロビンソン・カステジャノス WBAスーパー世界S・フェザー級タイトルマッチ なんとコラレスが2度ダウンして大苦戦の末負傷判定勝ち

ジェスリル・コラレス(パナマ)VSロビンソン・カステジャノス(メキシコ) WBAスーパー世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年7月15日) (出典:WOWOW) メインの三浦の試合のアンダーカードです。 やはり、11時からは先に、ジョージ・スミス・…

速報)マニー・パッキャオVSジェフ・ホーン WBO世界ウェルター級タイトルマッチ なんと無名のホーンが判定勝ちでタイトル奪取

マニー・パッキャオ(フィリピン)ジェフ・ホーン(オーストラリア) WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年7月2日) (出典:WOWOW) パッキャオはいつまで現役生活を続けるのでしょうか。今や全盛期のパッキャオとは別人のように、全くスリルも魅力も…

圧巻の強さ!テレンス・クロフォードの自在なボクシングに北京五輪金メダリストがギブアップ。 VSフェリックス・ディアス

テレンス・クロフォード(アメリカ)VSフェリックス・ディアス(ドミニカ共和国) WBC・WBO世界S・ライト級タイトルマッチ(2017年5月20日) (出典:WOWOW) クロフォードはPFPに名を連ねる強豪です。 30戦全勝21KO、29歳。 浜田剛史さんいわく…

エキサイトマッチが選ぶ?未来のスター候補。リオ五輪出場組3選手のプロ第2戦。ジョー・コルディナ&ジョッシュ・ケリー&シャクール・スティーブンソン

ジョー・コルディナ(イギリス)VSセルゲイ・ビブ(ドイツ) ライト級4回戦(2017年5月20日) (出典:WOWOW) コルディナはリオ五輪でライト級に出場し、ベスト16の成績を残しています。 2人がリング上で対峙すると、コルディナが2階級ぐらい上…

メイウェザーの秘蔵っ子デービスが全勝のイギリス人に圧勝! ジャーボンテイ・デービスVSリアム・ウォルシュ

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSリアム・ウォルシュ(イギリス) IBF世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年5月20日) (出典:WOWOW) デービスはフロイド・メイウェザーの秘蔵っ子中の秘蔵っ子です。 17戦全勝16kO、まだ22歳のホー…

ライトヘビー級に新たな新星 ドミトリー・ビボルVSセドリック・アグニュー

ドミトリー・ビボル(ロシア)VSセドリック・アグニュー(アメリカ) ライトヘビー級10回戦(2017年6月18日) (出典:WOWOW) この日の(ウォードVSコバレフ)アンダーカードにもう一つアメリカVSロシア対決が組まれていました。 (この日のアメリ…

やっぱりボクシングはすっきりKO決着が一番ですね ルイス・アリアスVSアリフ・マゴメドフ

ルイス・アリアス(アメリカ)VSアリフ・マゴメドフ(ロシア) USBA全米ミドル級タイトルマッチ(2017年6月18日) (出典:WOWOW) メインの「アメリカVSロシア」対決のアンダーカードでも、「アメリカVSロシア」対決がありました。 チャンピオンのア…

速報)2試合とも後味の悪いKO決着。アンドレ・ウォードVSセルゲイ・コバレフ&ギジェルモ・リゴンドー防衛戦VSモイセス・フローレス 

アンドレ・ウォード(アメリカ)VSセルゲイ・コバレフ(ロシア) WBAスーパー・IBF・WBO世界タイトルマッチ (出典:WOWOW) ウォードVSコバレフのダイレクトリマッチです。 ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)VSモイセス・フローレス(メキシコ) WBAスーパ…

最大の武器は第三のパンチ!なかなか頑固な石頭ですヨ ショーン・ポーターVSアンドレ・ベルト

ショーン・ポーター(アメリカ)VSアンドレ・ベルト(アメリカ) ウェルター級12回戦(2017年4月22日) (出典:WOWOW) ポーターはキース・サーマンに敗れたものの、その好戦的なファイトスタイルで、依然高い人気を誇っています。 29戦26勝1…

パワーアップしたチャーロ弟、右フック一発で挑戦者が失神 ジャーメル・チャーロVSチャールズ・ハトリ―

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSチャールズ・ハトリ―(アメリカ) WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ(2017年4月22日) (出典:WOWOW) ジャーメル・チャーロは、ミドル級に転向したジャーマル・チャーロの双子の弟です。 28戦全勝13KO、2…

なんとも不思議なアフリカンボクサーが王座統一 ジュリウス・インドンゴVSリッキー・バーンズ

リッキー・バーンズ(イギリス)VSジュリアス・インドンゴ(ナミビア) WBA・IBF世界Sライト級王座統一戦(2017年4月15日) (出典:WOWOW) リッキー・バーンズは、47戦41勝14KO5敗1分け、34歳。3階級制覇の歴戦の雄です。 www.boxing-blo…

左フック一発でイギリスの全勝ホープを粉砕 アフタンディル・クルツィゼVSトミー・ラングフォード

アフタンディル・クルツィゼ(ジョージア)VSトミー・ラングフォード(イギリス) WBO世界ミドル級暫定王座決定戦(2017年4月22日) (出典:WOWOW) クルツィゼは36戦32勝21KO2敗2分け、37歳。167㎝とミドル級としては非常に背が低いの…

それほど速報でもないですが、5月の注目の試合結果 エロール・スペンスがケル・ブルックにKO勝ち!

ケル・ブルック(イギリス)VSエロール・スペンス(アメリカ) IBF世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年5月27日) (出典:WOWOW) この試合は、「わしボク」としては、今年の海外ファイトの中でも5本の指に入る、屈指の好カードだと思っています…

大激戦の終盤のピンチに、起死回生のカウンターでダウンを奪い激闘を制する。オスカル・バルデス VSミゲール・マリアガ

オスカル・バルガス(メキシコ)VSミゲール・マリアガ(コロンビア) WBO世界フェザー級タイトルマッチ(2017年4月22日) (出典:WOWOW) バルデスは日本人ファンにもおなじみのチャンピオンですね。 昨年11月にパッキャオのアンダーカードで、大沢…

ジャッジ3人が揃って120-106の大差判定。またかよ、ヒルベルト・ラミレス! VSマックス・ブルサック

ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)VSマックス・ブルサック(ウクライナ) WBO世界Sミドル級タイトルマッチ(2017年4月22日) (出典:WOWOW) ラミレスは34戦全勝24KO、25歳のサウスポー。 アルツール・アブラハムをフルマークの判定で破り、タ…

ノニト・ドネアから奪ったタイトルを2RKOの圧勝で防衛 ジェシー・マグダレノVSアデイルソン・ドス・サントス

ジェシー・マグダレノ(アメリカ)VSアデイルソン・ドス・サントス(ブラジル) WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ(2017年4月22日) (出典:WOWOW) ノニト・ドネア戦では持ち前の強打ではなく、スピードとテクニックを見せ付けたマグダレノでしたが…

ワシル・ロマチェンコがまたも「ギブアップ勝ち」ジョー小泉さん曰く「ロマチェンコ勝ち」 VSジェイソン・ソーサ

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSジェイソン・ソーサ(アメリカ) WBO世界Sフェザー級タイトルマッチ(2017年4月8日) (出典:WOWOW) わしボクのPFP1位、ワシル・ロマチェンコは8戦7勝5KO1敗、29歳のサウスポーです。ニコラス・ウォータ…

さっさとマイキー・ガルシアにKOされて引退したらええねん!テリー・フラナガン  VSピーター・ぺトロフ

テリー・フラナガン(イギリス)VSピーター・ぺトロフ(ロシア) WBO世界ライト級タイトルマッチ(2017年4月8日) (出典:WOWOW) テリー・フラナガンはまさに典型的なイギリス人ボクサーですね。 がっしりした体幹でそこそこ手数が多いけど、際立った…

ルーカス・マティセの強打健在 5RTKO勝ちで再起&デビッド・レミューはしぶとい相手に粘られ判定勝ち

ルーカス・マティセ(アルゼンチン)VSエマヌエル・テイラー(アメリカ) ウェルター級10回戦(2017年5月7日) (出典:WOWOW) WBCのインターナショナルとかWBOのコンチネンタルとかの王座決定戦ということでしたが、ここではウェルター級の10回戦…

速報)WOWOW生中継  サウル・アルバレスが完封で判定勝ち VSフリオ・セサール・チャベスは何もできず

サウル・アルバレス(メキシコ)VSフリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ) スーパーミドル級12回戦(2017年5月7日) (出典:WOWOW) この対戦は、実際には164.5ポンド(73.94キロ)契約ということです。 カネロの直近の対戦は、リアム・ス…

ホルヘ・リナレスの挑戦者は長身のサウスポーでまたもやイギリス人のルーク・キャンベル VSダルレイス・ぺレス

ルーク・キャンベル(イギリス)VSダルレイス・ぺレス(コロンビア) WBA世界ライト級タイトル挑戦者決定戦(2107年4月30日) (出典:WOWOW) ルーク・キャンベルはWBCでは2位ですが、WBAでは8位です。 17戦16勝13KO1敗、28歳。長身のサウ…

どうにも面白味に欠けるイギリス人ボクサーの代表 スコット・クィッグVSビオレル・シミオン

スコット・クィッグ(イギリス)VSビオレル・シミオン(ルーマニア) IBF世界フェザー級タイトル挑戦者決定戦(2017年4月30日) (出典:WOWOW) スコット・クィッグは昨年2月にカール・フランプトンと、WBA・IBF世界スーパーバンタム級王座統一戦を…

速報)アンソニー・ジョシュアが苦しい苦しいTKO勝ち VS大健闘のウラジミール・クリチコ

アンソニー・ジョシュア(イギリス) 11RTKO ウラジミール・クリチコ(ウクライナ) WBA・IBF世界タイトルマッチ(2017年4月30日) (出典:WOWOW) 私には大逆転に見えました。10ラウンドまでは、おそらくほとんどの人がクリチコの勝利を確信して…

長谷川穂積さんが返上した空位のタイトルを獲得したのはレイ・バルガス VSキャビン・マグドネル

レイ・バルガス(メキシコ)VSキャビン・マグドネル(イギリス) IBF世界Sバンタム級王座決定戦(2017年2月25日) (出典:WOWOW) ランキング1位のバルガスは、28戦全勝22KO、26歳。 2位のキャビン・マグドネルは18戦16勝4KO2分け、3…

デビッド・ヘイが番狂わせのTKO負け VSトニー・べリュー

デビッド・ヘイ(イギリス)VSトニー・べリュー(イギリス) ヘビー級12回戦(2017年3月4日) (出典:WOWOW) デビッド・ヘイはWBO1位をはじめ、各団体の世界ランキング上位に顔を題しています。ヘイにとっては、べリュー戦は世界戦へのステップで…

注目のミドル級世界戦線サバイバルマッチ 生き残ったのはデビッド・レミュー VSカーティス・スティーブンス

デビッド・レミュー(カナダ)VSカーティス・スティーブンス(アメリカ) WBC米大陸・WBOインターコンチネンタルミドル級タイトルマッチ(2017年3月11日) (出典:WOWOW) WBC米大陸はなんとなくわかりますが、WBOインターコンチネンタルは意味不明で…

ユリオルキス・ガンボアはもう終わったと思いますよ VSレネ・アルバラード

ユリオルキス・ガンボア(キューバ)VSレネ・アルバラード(ニカラグア) ライト級10回戦(2017年3月11日) (出典:WOWOW) ガンボアはこの試合が1年3か月ぶり。26戦25勝17KO1敗、35歳。 アルバラードは31戦24勝16KO7敗、28歳…

Sライト級の全勝ホープ対決は粗削りなイーブ・ユリ―スが圧勝 VSザッカリー・オチョワ

イーブ・ユリ―ス(カナダ)VSザッカリー・オチョワ(プエルトリコ) Sライト級10回戦(2017年3月11日) (出典:WOWOW) ユリ―スは12戦全勝8KO、28歳、身長170㎝。 オチョワは16戦全勝7KO、24歳、身長175㎝。 オーソドックススタイ…

見どころは1ラウンドだけ。ディフェンス合戦に終始したビッグマッチ キース・サーマンVSダニー・ガルシア

キース・サーマン(アメリカ)VSダニー・ガルシア(アメリカ) WBA・WBC世界ウェルター級王座統一戦(2017年3月4日) (出典:WOWOW) キース・サーマンはWBA王者。28戦27勝22KO1ND、28歳。 ダニー・ガルシアはWBC王者。33戦全勝19KO、2…

ジャーメル・チャーロに強敵現る! エリクソン・ルビンVSホルヘ・コタ

エリクソン・ルビン(アメリカ)VSホルヘ・コタ(メキシコ) WBC世界Sウェルター級挑戦者決定戦(2017年3月4日) (出典:WOWOW) エリクソン・ルビンは「ボクシングマガジン4月号」でも紹介されていましたね。 17戦全勝12KO、21歳のスタイリッ…

比嘉大吾の標的 ファン・エルナンデスの左アッパーは怖いぞ! VSナワポーン・ソールンビサイ

ナワポーン・ソールンビサイ(タイ)VSファン・エルナンデス(メキシコ) WBC世界フライ級王座決定戦(2017年3月4日)タイ (出典:WOWOW) 今日は(4月11日)あいにくの雨ですが、近所の公園の桜は満開でした。 (先週の町内の花見会ではまだ2~3…

不安な右で最後は豪快にフィニッシュ! デオンテイ・ワイルダーVSジェラルド・ワシントン

デオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSジェラルド・ワシントン(アメリカ) WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2017年2月25日) (出典:WOWOW) 番組の冒頭で「今夜はこの2試合を中心にお送りします」と紹介されると、がっかりします。 「あ~今日は判…

これは年間最高試合かもしれないぞ! ジャレット・ハードが逆転TKO勝ちで王座獲得 VSトニー・ハリソン

トニー・ハリソン(アメリカ)VSジャレット・ハード(アメリカ) IBF世界Sウェルター級王座決定戦(2017年2月25日) (出典:WOWOW) 本来、この試合はジャーマル・チャーロへの挑戦者決定戦でしたが、急きょチャーロがタイトルを返上し、ミドル級へ階…

ダウンの応酬、やっぱりヘビー級は迫力がありますね! ドミニク・ブリージールVSイズアグべ・ウゴノー

ドミニク・フリージール(アメリカ)VSイズアグべ・ウゴノー(ポーランド) ヘビー級10回戦(2017年2月25日) (出典:WOWOW) エキサイトマッチは、なんと今年で27年目になるそうです。 WOWOW開設以来、ずっと放送していてるんですね。これからも…

さぁ!次はマイキー・ガルシアだ ホルヘ・リナレスVSアンソニー・クロラ

ホルヘ・リナレス(ベネズエラ・帝拳)VSアンソニー・クロラ(イギリス) WBA世界ライト級タイトルマッチ(2017年3月25日) (出典:WOWOW) 私には、なぜダイレクトリマッチをやるのかわかりません。それほどの激戦でも、微妙な判定でもなかったと思…

イギリス期待の無敗のホープがまさかの番狂わせで判定負け マーカス・モリソンVSジェイソン・ウェルボーン

マーカス・モリソン(イギリス)VSジェイソン・ウェルボーン(イギリス) WBCインターナショナルシルバーミドル級タイトルマッチ(2017年3月25日) (出典:WOWOW) このWBCインターナショナルシルバーというタイトルは何でしょうね。 インターナショ…

ロマゴンのアンダーカードでカルロス・クアドラスが大苦戦 VSダビド・カルモナ

カルロス・クアドラス(メキシコ・帝拳) 判定 ダビド・カルモナ(メキシコ) Sフライ級10回戦(2017年3月19日) (出典:WOWOW) クアドラスはロマゴンに判定負けしてタイトルを失い、これが再起戦です。 37戦35勝27KO1敗1分け、28歳。 …

ロマゴン、ゴロフキンのアンダーカードに登場した身長180㎝のライト級新星 ライアン・マーティンVSブライアント・クルス

ライアン・マーティン(アメリカ) TKO ブライアン・クルス(アメリカ) WBC米大陸ライト級タイトルマッチ(2017年3月19日) (出典:WOWOW) ライト級で長身といえば、まず思いつくのがIBF王者のロバート・イースターですね。 www.boxing-blog.com ラ…

速報)ゲンナディ・ゴロフキンVSダニエル・ジェイコブス戦結果 4ラウンドにジェイコブスがダウンしましたが、ゴロフキンはついに倒せず判定勝ち

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSダニエル・ジェイコブス(アメリカ) WBAスーパー・WBO世界ミドル級タイトルマッチ(2017年3月19日) (出典:WOWOW) この世界戦には当初、IBFのタイトルもかかっていたのですが、ジェイコブスが当日計量に…

速報)ローマン・ゴンザレスVSシーサケット・ソールンビサイ戦結果 井上尚弥もびっくり! ロマゴンが1ラウンドにダウンし判定負けで王座転落

ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)VSシーサケット・ソールンビサイ(タイ) WBC世界Sフライ級タイトルマッチ(2017年3月19日) (出典:WOWOW) ローマン・ゴンザレスは40戦40勝38KO、29歳。 シーサケットは46戦41勝38KO4敗1分け、…

もうこんなやつ要らんで!エイドリアン・ブローナー VSアドリアン・グラナドス

エイドリアン・ブローナー(アメリカ)VSアドリアン・グラナドス(アメリカ) ウェルター級10回戦(2017年2月18日) (出典:WOWOW) この試合、当初は142ポンドのキャッチウエイトで行われる予定だったそうですが、1か月前にブローナー側から「…

レイモンド・ピーターソンが1年4か月振りに王座へ復活 VSダビド・アバネシャン

ダビド・アバネシャン(ロシア)VSレイモンド・ピーターソン(アメリカ) WBA世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年2月18日) (出典:WOWOW) ダビド・アバネシャンはシェーン・モズリーに勝って、暫定王座の初防衛に成功しています。 そして、キー…

山中慎介の世界戦の豪華なアンダーカード 岩佐亮佑&ブライアン・ビロリア&尾川堅一

岩佐亮佑 3RTKO勝ち グレン・メデュラ(フィリピン) 124P契約(フェザー級)8回戦(2017年3月2日) (出典:日テレG+) 岩佐は24戦22勝14KO2敗、27歳のサウスポーです。 メデュラは10戦8勝5KO1敗1分け、フィリピンフェザー級6位…

ロバート・イースターが最大13ポイントの大差判定勝ち VSルイス・クルス

ロバート・イースター(アメリカ)VSルイス・クルス(プエルトリコ) IBF世界ライト級タイトルマッチ(2017年2月10日) (出典:WOWOW) ロバート・イースターは身長182㎝、リーチが193㎝と、ライト級としては破格に恵まれた体格をしています。 …

2016年の凡戦王の相方、ラウシー・ウォーレンが初防衛失敗 VSザナト・ザキヤノフ

ラウシー・ウォーレン(アメリカ)VSザナト・ザキヤノフ(カザフスタン) WBA世界バンタム級タイトルマッチ(2017年2月10日) (出典:WOWOW) ラウシー・ウォーレンは昨年、ファン・カルロス・パヤノと大拙戦の末、2-1の判定でスーパーチャンピオ…

このリマッチのどこが面白いのか「わしボク」にはさっぱり分かりません カール・フランプトンVSレオ・サンタ・クルス

カール・フランプトン(イギリス)VSレオ・サンタ・クルス(メキシコ) WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2017年1月28日) (出典:WOWOW) カール・フランプトンは、Sバンタム級の時のようなパフォーマンスは、フェザー級ではほとんど出…

マイキー・ガルシアが衝撃のノックアウトで3階級制覇 VSデヤン・ズラティカニン

デヤン・ズラティカニン(モンテネグロ)VSマイキー・ガルシア(アメリカ) WBC世界ライト級タイトルマッチ(2017年1月28日) (出典:WOWOW) ズラティカニンは昨年6月にフランクリン・ママニ(ボリビア)に3RKO勝ちしてタイトルを獲…

昨年の「凡戦王」ファン・カルロス・パヤノが格下相手にまたもや凡戦 VSイサオ・ゴンサロ・カランサ

ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)VSイサオ・ゴンサロ・カランサ(メキシコ) Sバンタム級8回戦(2017年1月27日) (出典:WOWOW) パヤノは昨年度最高の超凡戦のすえ、ラウシー・ウォーレンにWBA世界バンタム級タイトルを奪わ…

メイウェザーが怒るのも無理はない。これで引き分けはないでしょう! バドゥ・ジャックVSジェームス・デゲイル

バドゥ・ジャック(スウェーデン)VSジェームス・デケイル(イギリス) WBC・IBF世界Sミドル級王座統一戦(2017年1月14日) WBC王者のバドゥ・ジャックはこれが3度目の防衛戦となりますが、ジョージ・グローブスは2-1の辛勝、ルシアン…