アメリカライト級のホープ、ガブリエル・フローレスが全勝をキープ VSサルバドール・ブリセノ

ガブリエル・フローレス(アメリカ)VSサルバドール・ブリセノ(メキシコ)

(出典:WOWOW)

ライト級8回戦(2019年6月8日)

フローレスは、13戦全勝6KO、19歳。

17歳でプロデビューし、13連勝中のホープです。ライト級にしては、ちょっとKO率が物足りない感じはしますね。

ブリセノは、18戦15勝9KO3敗、24歳。

元WBC中米S・フェザー級チャンピオン。 身長178㎝の長身ボクサーです。

1R)

フローレスはいい構えをしてますね。ブリセノの長いジャブをしっかり外しています。左ジャブは速いんですが、フックはもっと鋭角に打った方が威力が増すと思います。

2R)

ブリセノ方がパワーはありそうですね。しかし、ブリセノの動きが止まると、フローレスのコンビネーションがヒットします。パンチの回転も速いですね。右の距離も合ってきた感じです。そしてブリセノのワンツーもほとんど見切ってきました。

3R)

フローレスがブリセノの打ち終わりにパンチを決めます。ブリセノの得意の(おそらく)アッパーもきわどくかわしています。しかし、終始、前出てプレッシャーをかけているのはブリセノです。ブリセノが止まると、フローレスが思い切ってステップインし、ワンツーを放ちます。フローレスのいきなりの右ストレートが結構ヒットします。

4R)

ブリセノがプレッシャーをかけますが、フローレスが左ジャブに連打で応戦します。ブリセノのパンチはフローレスの柔らかいボディワークに阻まれ、ほとんどヒットしません。フローレスのストレートはキレがありますが、フックは今一つですね。ラウンド終盤、ブリセノの左ボディがヒットし、フローレスが少し嫌な顔をしました。

5R)

ブリセノがプレッシャーを強めてきました。またブリセノの長い左ボディが決まりました。フローレスがブリセノの打ち終わりに左をヒットしますが、ややブリセノのパワーに押され気味です。フローセスのガードもやや雑になってきました。ブリセノの左ボディブローが効果的ですね。

6R)

ブリセノがかなり強めにパンチを放ってきました。フローレスが左拳を振るしぐさをした途端、解説の西岡さんが「フローレス、今、左手を痛めましたね」。ブリセノのボディブローがいいですね。フローレスはちょっと苦しくなってきました。心なしか左ジャブに鋭さがなくなってきたように見えます。しかし、ブリセノもやや疲れたのか、それほど強引に攻めてきません。

7R)

フローレスのパンチにキレが戻ってきました。しかし、左拳を振るしぐさを見ると、やはり痛めているのでしょうね。ブリセノの得意のアッパーがヒット。このラウンドは、ブリセノもそれほどプレッシャーをかけて前に出ません。お互いやや手数が減ってきた感じです。ラウンド終盤、フローレスが思い切ったコンビネーションを放ちました。

8R)

ブリセノがまた強めにプレッシャーをかけて前に出ます。フローレスも歯を食いしばってワンツーで応戦します。しかし、後半はブリセノも疲れたのか、手数が減ってきました。終盤は、ブリセノのパンチに合わせて、フローレスが大きな右フックをヒットさせます。

判定は3-0(79-73、78-74、78-74)でフローレスが判定勝ちで連勝をキープ。

しかし「わしボク」は、フローレスは階級を下げた方がいいような気がします。ライト級ではまだ体に余裕があるように見えますし、とにかくパワー不足です。まだ、19歳ですからこれから体が大きくなるでしょうが、しばらくはS・フェザー級て戦った方が、もっと力を発揮できると思います。いずれにしても、世界戦線に登場するまでには、かなり時間がかかるでしょうね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)