井岡一翔&京口紘人 ダブル世界戦の展望(「わしボク」の勝手な妄想です)(2019年6月19日)

令和元年5月の日本人世界戦の総括

ダブル世界戦の前に、5月に行われた日本人世界戦を振り返ってみたいと思います。何と8試合もあったんですね。そして、井上尚弥の一人勝ち、あとはすべて惨敗でした。

井上以外の試合結果を列記してみます。

IBF世界S・フライ級タイトルマッチ(2019年5月4日)IN アメリカ)

ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)7RTKO 船井龍一(ワタナベ)

IBF世界フライ級タイトルマッチ(2019年5月13日)IN 後楽園ホール

モルティ・ムラザネ(南アフリカ)判定 黒田雅之(川崎新田)

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(2019年5月19日)IN 神戸

フェリックス・アルバラード(ニカラグア)判定 小西怜弥(真正)

WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ(2019年5月25日)IN フロリダ

ジャメル・へリング(アメリカ) 判定 伊藤雅雪(伴流)

WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2019年5月26日)IN 中国

シュー・ チャン(中国)6RTKO 久保隼(真正)

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2019年5月26日)IN 中国

カルロス・カニサレス(メキシコ)判定 木村翔(青木)

WBC世界ミニマム級タイトルマッチ(2019年5月31日)IN タイ

ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)8R負傷判定 福原辰弥(本田フィットネス)

アストン・パリクテ(フィリピン)VS井岡一翔(Reason大貴)

(出典:WOWOW)

WBO世界S・フライ級王座決定戦(2019年6月19日)

さて、気を取り直して、ダブル世界戦の展望と参りましょうか。

パリクテは、28戦25勝21KO2敗1分け、28歳。WBO1位。

井岡が判定で敗れたドニー・ニエテスと引き分けています。1月に無敗のホセ・マルティネスに2RKO勝ちしているハードパンチャーです。

井岡は、25戦23勝13KO2敗、30歳。WBO2位。3階級王者。

ニエテスに2-1のスプリットデシジョンで判定負けし、タイトル獲得に失敗しています。

井岡がプロ入り初のKO負けも

パリクテは、身長173㎝の長身のハードパンチャーです。ニエテス戦では、老獪なボクシングに強打が空転しましたが、パリクテのパンチでニエテスが腰を落とす場面もありました。攻撃がやや雑で、パワーにものを言わせたボクシングをしますが、井岡にとってはニエテスより危険な相手だと思います。165㎝の井岡が、パリクテのパワーを前半なんとかしのいでも、相当スタミナを消耗するでしょうね。後半から終盤、タフなパリクテの強打に沈むシーンが頭をよぎります。

京口紘人((ワタナベ)VSタナワット・サコーン(タイ)

(出典:TBSチャンネル)

WBAスーパー世界ライトフライ級タイトルマッチ(2019年6月19日)

京口は、12戦全勝9KO、25歳。2階級王者。

昨年12月に、ベッキー・ブトラーを10R終了TKO勝ちして、タイトルを獲得しています。

タナワットは、11戦全勝5KO、26歳。WBA11位。

サタンムアンレック・CPフレッシュマートのリングネームで、ムエタイ200戦以上のキャリアがあるということです。

中盤にはKOで初防衛

タナワットの実力が未知数ですので、何とも言えませんが、パンチ力、スピード、パワーでは京口が上回っているでしょう。ムエタイのキャリアが豊富なタナワットですが、中盤までには京口がペースを握り、ダウンシーンが見られると思いますよ。

TBS系列で9時から井岡の試合が生中継されますが、井岡が倒されたら、京口のKOシーンもテレビ放送されるかもしれませんね。ちょっと複雑な気分ですが。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)