ボクシング観戦記(海外編)

ドミトリー・ビトル 終盤失速、最近ちょっと物足りたりませんね。 ドミトリー・ビボルVSジャン・パスカル

ドミトリー・ビボル(ロシア)VSジャン・パスカル(カナダ)

(出典:WOWOW)

WBA世界L・ヘビー級タイトルマッチ(2018年112月24日)

ビボルは、14戦全勝11KO、27歳。

6度目の防衛戦です。もはや若くして安定王者の貫禄が漂います。安定感ではLヘビー級ではNO.1かもしれません。

パスカルは、40戦33勝20KO5敗1分け1NC、36歳。

まさしく歴戦の雄ですね。

前半はビボルが完璧なボクシングを展開

ビボルのボクシングはいたってシンプルです。左ジャブを突いて、コンパクトなワンツーを放ち、相手のガードが上がったら、強烈な左ボディブローがわき腹をえぐってきます。

パスカルもいきなり大きな右を放ったりと、あの手この手でビボルのパワーに対抗しますが、ほとんどのパンチをビボルに読まれ、徐々になすすべがなくなってきます。

後半パスカルがベテランの味を発揮

8ラウンドに、突然パスカルが大振りのパンチを振り回し、反撃に転じます。最後の力を振り絞った感じですが、それでも1分近く連打が続いたでしょうか。問題は、スタミナの切れたパスカルに、ビボルもむきになって反撃し、かなり体力を消耗したことです。

パスカルはすっかりスタミナを使い切った感じですが、ビボルは完全にペースを乱されてしまいます。ビボルの計算がここで完全に狂ってしまった感じです。

終盤ビボルがペースを乱し失速

ヘロヘロのパスカルは、9ラウンド開始直後、グローブのテープの補修にかなりセコンドが手間取り、そこそこ体力を回復します。一方のビボルは、力んでパンチを振り回しおかげでスタミナを予想以上に消耗し、9ラウンドから明らかに失速します。

一発のカウンター狙いに徹したパスカルに、ビボルは前半とは別人のように攻めあぐね、手数も減って、終盤は安全運転に切り替えます。

これで2回連続判定勝利。物足りませんね。
ちなみに採点は3-0(117-111、119-109、119-109)の大差。
パスカルはこれで引退でしょうね。

それにしても、このクラスのチャンピオンは破格の強豪揃いです。まずは、IBFのアルツール・ベテルビエフ、WBOは、エレイデル・アルバレス、そして、WBCのオレクサンダー・クボジーク。安定感ではクボジークかな~。破壊力はもちろんベテルビエフがダントツです。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 通りすがり より:

    WBCのチャンプはウシクではなくクヴォジークですよ。

    • わしボク より:

      通りすがりさん、ご指摘ありがとうございます。
      オレクサンダーと打ったら、勝手に指がウシクと続けてしまいました。
      ぼーっとしてましたね。チコちゃんに叱られそうです。
      すぐに訂正します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)