大変です!WBSSが崩壊の危機に立たされているようですよ。原因は一番危惧していた「資金不足」か~、やっぱりね。

参加者へのギャラが未払い 

アメリカのボクシング専門誌「リングマガジン」の情報によりますと、WBSSの参加者へのギャラ未払い問題が発覚したようです。
大会参加者24選手中、半分の12選手のギャラが未払いになっているとのことです。

「わしボク」が一番心配していた「お金の話」です。

シーズン1は、賞金がはっきりしていましたが、セカンドシーズンは優勝賞金が分からず、ファイトマネーもどうなってるのか不明のままでした。

下手をするとシーズン1の10分の1程度になるという噂もありましたね。賞金総額は未だに分かりませんが、優勝賞金は400万ドルという説が有力でした。
こういったお金に関する正確な情報がほとんどなく、「わしボク」はずっと気になっていましたが、それでも、そのうち発表されるされるだろうと楽観視していました。

準決勝の会場も日程もいまだに未定

セカンドシーズンは、3階級(バンタム級、S・ライト級、クルーザー級)で行われていますが、その準決勝6試合の会場の手配は全くされておらず、日程も場所も未定だといことです。

来年、早ければ2~3月に準決勝が予定されていますので、場所やおおよその日程ぐらいは発表があってもいいのでは、と思っていたところです。

このままでは、少なくとも3月の開催は不可能でしょうね。

まことに勝手な話ですが、せめてバンタム級だけでも何とかしてほしいものです。

このままではWBSSは消滅するかも

大会出資者がその出資比率を巡って対立し、資金面で混乱しているようです。

そもそも、それぞれの大会出資者は、財政的に問題はないのでしょうか。

シーズン1で、派手にお金をバラマキ過ぎて、セカンドシーズンの資金面での目途が全く立っていないのに、見切り発車したような気がします。

WBSSの主催者の詳細もよくわかりませんね。

派手にアドバルーンだけ上げて、「お金がないので止めます」は絶対に許されませんよ!

No tags for this post.

2 Comments

団長

こんにちは。
これ、ちょっと恐れていたのですがなんだか現実味を帯びてきましたね。心配です。
私的には原因が二つあって、クルーザー級を2期連続で開催してしまって魅力的なカードが減ったこと(2年連続で”最強”を選出するなんて訳がわかりません)、および大きな市場である米国でのTV放送をDAZNに絞ってしまったこと、です。米国のDAZNは日本と違ってWBSS、他の格闘技、位しかコンテンツがなく、平日はライブ放送が何もないという有様。それで月間$10かかります。私は井上選手の試合見たさに契約しましたが、次のロドリゲス戦までは一旦解約しようかと思っているほど。
とにかく、井上選手が試合できない状況が続いてしまうことだけは避けてほしいものです。

返信する
わしボク

さすが団長さん、詳しいですね。
DAZNは、私も村田の試合の時に契約しました。息子がモータースポーツを観るというので、解約してません。
それはともかく、空中分解だけはなんとか回避してほしいですね。リング誌あたりがバックアップしてくれないかな~

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)