ケル・ブルックが世界5位を豪快に倒して再起 VSセルゲイ・ラブチェンコ

ケル・ブルック(イギリス)VSセルゲイ・ラブチェンコ(ベラルーシ)

WBCシルバーS・ウェルター級王座決定戦(2018年3月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20180410122948j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180410122957j:plain

(出典:WOWOW)

ブルックは、ゲンナディ・ゴロフキン、エロール・スペンスに連敗し、これが正念場の再起戦となります。

38戦36勝25KO2敗、31歳。

ざっと見渡したところ、4団体の世界ランクから完全に姿を消しています。

 

ラブチェンコはWBC5位。31戦29勝22KO2敗、32歳。再起戦の相手としてはかなり危険な気もしますが、トニー・ハリソンに完敗していますし、このレベルの選手に勝てないようでは、世界戦線に返り咲くことは難しでしょう。

ラブチェンコはハリソンに負けてから、2連続KOで世界ランクに返り咲いています。

 

www.boxing-blog.com

 

 

ブルックが完全復活

ラブチェンコがプレッシャーをかけて前に出ますが、序盤からブルックのワンツーがヒットし、パンチのスピード、動きの俊敏さにかなり違いが感じられます。

初回にカウンターでのアッパーを何度か試していました。

 

圧巻だったのは2ラウンド。初回で試し打ちした右アッパーが見事にラブチェンコの顎をとらえ、さらに返しの左フックをヒットさせます。

f:id:stonemeintothegroove:20180410123516j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180410123525j:plain

(芸術的な右アッパーがラブチェンコの顎を打ち抜き、返しの左フックで追い打ち)

何とかこらえ反撃しようとしてきたラブチェンコの右に合わせて、ブルックの右のフックがカンターでヒットしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180410123808j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180410123843j:plain

(右フックがカウンターでヒット)

これで、ラブチェンコは大きくたたらを踏むようにして、体勢を崩しダウンしました。

辛うじて立ってきたものの、ファイティングポーズを取れずレフリーがカウントアウトしました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20180410123749j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180410124207j:plain

(このカウンターをもらったら立てないでしょう)

全盛期のブルックらしい豪快なKO劇でした。

初回から実力差が明確でしたね。初回で相手の戦力を見切ったブルックが、2回に一気に爆発させました。

S・ウェルターは今のブルックにはベストのようですね。

パワーもあり、スピードもパンチのキレも申し分なしです。

 

ブルックはこの勝利でWBC3位にランクされています。

ジャーマル・チャーロとの対戦が楽しみですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)