速報)究極のテクニック合戦 ワシル・ロマチェンコVSギジェルモ・リゴンドー WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年12月10日)

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSギジェルモ・リゴンドー(キューバ)

WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20171221101026j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171221101037j:plain

(出典:WOWOW)

注目のテクニック合戦は、私の予想通りになりました。

 

www.boxing-blog.com

 ロマチェンコは10戦9勝7KO1敗、29歳。現在、3連続「ロマチェンコ」を継続中です。

リゴンドーは、18戦17勝11KO1無効試合、37歳。

 

慎重な立ち上がりのロマチェンコでしたが

 

リング上に対峙する二人に、それほど体格差は感じませんね。

f:id:stonemeintothegroove:20171221101109j:plain

(でも、よく見ると上半身の体格はかなり差があるようです)

さすが、究極のテクニック対決です。ロマチェンコがいつになく慎重なスタート切りました。

どっしり構えて右ジャブを放つリゴンドーの周りをゆっくりサークリングして、様子を見ています。

こんな慎重なロマチェンコは久しぶりに見ますね。

 

2ラウンドに入ると、ロマチェンコの動きが少しずつ速くなり、エンジンがかかってきます。

3ラウンドあたりから、ロマチェンコの手数が増え、リゴンドーはホールドが多くなります。

f:id:stonemeintothegroove:20171221101342j:plain

(リゴンドーはこのホールドで手を痛めたのかな?)

4ラウンドはもう完全にいつものロマチェンコの動きで、リゴンドーはこの動きについていけません。

5ラウンドはロマチェンコがプレッシャーをかけ、完全にペースを握ります。

6ラウンドにはもうロマチェンコはリゴンドーの動きを完全に見切り、かなり強めにパンチを打つようになります。なすすべのないリゴンドーは、ホールドを繰り返し、減点を取られます。

f:id:stonemeintothegroove:20171221101545j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171221101552j:plain

(この減点で完全に心が折れたかもしれません)

 

そして、コーナーに帰ると、リゴンドーがギブアップしました。

左手を痛めたと言っていますが、ほとんどパンチを打っていないのに、どうして痛めたのでしょうね。(本人は2ラウンドに痛めたとか言っています。)

 f:id:stonemeintothegroove:20171221101727j:plain

6R終了、ロマチェンコのTKO勝ちです。

 

これでなんと4連続「ロマチェンコ勝ち」です。

今日も結局、スペックの違いを見せ付けました。それにしても私の予想がぴったりと当たり、びっくりしました。

No tags for this post.

11 Comments

j

画像が荒い240pのロシア語で見たので、リゴンドーがロマチェンコを見失ったとも見えなかったし、どちらのパンチもヒットしたのかも分からない状況だったのですが、ハッキリしたことは、私(ボクシング素人)は玄人の予想を信じろ!ってことでしたw。
私の採点も全ラウンドロマ。仮に本当に右手を痛めていて、再試合が行われても結果は変わらないと思います。
ボクシング素人の意見ですが、せめてダウンするまでは戦えよ! 負けても客を楽しませるのもプロだと思うのです。

返信する
stonemeintothegroove

j さん、私はWOWOWのオンデマンドで見ました。
リゴンドーは楽にファイトマネーを稼ぎましたね。
彼のプロ意識は、お金を稼ぐことで、ファンのことなんか何も考えてませんよ♪

返信する
ボクシングファン

リゴンドーはプライドが高いですからね…
ダウンしても「ダウン?効いてないよ?」みたいなジェスチャーしますし、
判定勝ちが見えたら「はい、もう俺の勝ちー。」って感じでディフェンスに回りますし。
ロマチェンコにボコボコにされたと認めたくないから手を痛めたということにしたんでしょう。(本当かもですが)
私もかつてニコラス・ウォータースを続けろよコノヤロウ!と批判しましたが…
今回はともかくソーサやマリアガの限界までコテンパンにされてからギブアップを見ると、
ウォータースのギブアップも半分くらいは正しいのかな?
と思います。
いや、先日ハーフマラソン出たら足の爪が少し剥がれまして、
走るたび爪がパカパカして気持ち悪くて痛くて「これであと12キロ走るの?」と完全に心が折れましたので…

返信する
stonemeintothegroove

ボクシングファンさん、見事にリゴンドーの特徴をとらえてますね♪
しかし、プロですからね、ファンの期待に応えないと。
ハーフマラソン、お疲れ様でした。

返信する
まんじろう

村田の言うとおり、リゴンドーは終わりですね。
情けなさすぎます!
井上尚弥は、拳を痛めても、片手で戦い続けましたよ!
西岡さんはいつも見抜いてますが(笑)、トップクラスのボクサーは、ごまかしながら試合を続けますよね。
まさかですが、ロマチェンコはリゴンドーの左を壊すために、わざと肘でパンチをブロックしてたとか??
ロマチェンコならそれくらいやってのけそうです。

返信する
stonemeintothegroove

カスダマト さん、コメントありがとうございます。
私はiPadの小さな画面でしか見ていませんので、リゴンドーのリーチにごまかされたのかもしれません。
WOWOWの放送でしっかり確認します。

返信する
ジョーイ

こんにちは。
録画した試合を先ほどようやく観ました。
管理人さん、以前コメント欄で聞いた予想がバッチリ当たりましたね!
私の7ラウンドあたりKO予想も、リゴンドーがあっけなく諦めなければありえたんだけど(^_^;)
村田選手が拮抗した試合になる、と予想されていたのは意外でしたが、蓋を開けてみれば一方的な試合でしたね。例え同階級だとしてもロマが頭一つ上と思っていたので、まして階級差があれば驚く結果ではありませんでした。
それにしてもロマチェンコの動きはいつ見ても惚れ惚れします。現代ボクシングの最高峰ですね。
相手のダーティなプレイにエキサイトしてみたり、ダッキングした相手をチョコチョコ小突いておちょくるあたりも含めて大好きです笑
リゴンドーは元々過大評価では、と思ってましたが…拳痛めたとか嘯いてるし人としてもボクサーとしても私は嫌いです。
ロマチェンコ、次は誰とやるのかな〜。

返信する
ジョーイ

管理人様、改めてブログを読んでみると、手の負傷でリタイアまで予想されていたんですね。それは恐れ入りました…。
リゴンドーは年齢的にもピークを過ぎているということもあるかもしれませんね。

返信する
stonemeintothegroove

ジョーイさん、コメントありがとうございます。
私の予想はめったに当たりませんが、今回はリゴンドーの性格そのままの試合でした。
ロマチェンコはジャーポンティ・デービスとの対戦を希望しているようですね、楽しみです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です