速報)井上尚弥VSアントニオ・二エベス WBO世界S・フライ級タイトルマッチ 井上が5Rボディブローでダウンを奪い、6R終了TKO勝ち

井上尚弥(大橋)VSアントニオ・二エベス(アメリカ)

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年9月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20170911142515j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170911142527j:plain

(出典:WOWOW)

井上は13戦全勝11KO、24歳。これが6度目の防衛戦です。初めての海外での試合、そして念願のアメリカデビュー戦でもあります。

二エベスは20戦17勝9KO1敗2分け、30歳。WBO7位。

戦績からは、それほど危険な相手とは思えませんが、元々バンタム級の選手ですので、フィジカル面では井上に引けを取らないかもしれません。

体幹負けしなければ、早い回で井上の圧巻のKOシーンが見られると思います。

ただ、二エベスはかなり打たれ強そうな感じはしますね。

 

いや~参りましたね。クアドラスVSエストラーダの試合が11時15分ごろということで、井上の試合はそのあと。クアドラスの試合は間違いなく判定決着でしょうから、井上の試合は12時半ごろかもしれませんね。

ダウンを喫したクアドラスが114-113で判定勝ち。これはないでしょう。

えっ!採点が間違っていたようですよ。勝ったのはエストラーダです。珍しいですね。

 

試合経過)

やっと始まるようです。

両者リングインです。

井上は調子よさそうですが、お父さんはかなり緊張しています。顔が引きつっています。

1R)

右が軽くヒットしました。井上がプレッシャーをかけます。

ボディブローがいいですね。左ジャブもシャープです。

2R)

二エベスはガードが堅いですね。手数は井上が圧倒しています。特にジャブを多用しています。

井上の右が効いたぞ。二エベスが大きく体勢を崩しました。

f:id:stonemeintothegroove:20170911142729j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170911142753j:plain

(この右ストレートはダメージがあったようです)

おっと、井上が十秒前の合図をゴングと勘違いしました。

3R)

井上が少し強めに出てきましたよ。

二エベスはカタツムリのようにガードを固めます。これだけガードに専念されると井上も攻めにくいです。

4R)

井上、ペースを変え、少し足を使います。そして、後半また攻勢をかけましたが、二エベスはとにかくガードが堅いですね。

 5R)

井上、ちょっとてこずっていますね。これだけ守りに徹せられると、なかなか倒すのは難しいですね。

井上の強烈なボディブローがヒット!ついにダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20170911142915j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170911142928j:plain

(えぐるようなボディブローで、二エベスがプロ初のダウンを喫しました)

6R)

逃げ回る二エベス。完全にボディが効いています。

時折、二エベスも捨て身のカウンターを振ってきます。ガードはしっかりしないと。

それにしても、二エベスはよく逃げますね。井上が追いかけまわします。

 

アッと、二エベスがこのラウンド終了時点で、ギブアップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170911143116j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170911143127j:plain

これだけ攻め続けられると、さすがに心が折れたようです。

井上、アメリカデビューをTKOで飾りました!

圧勝でしたね。素晴らしい!

8 Comments

綿棒

圧倒して相手はガードを固めるしかなく最後はギブアップ
ロマチェンコの試合を見ているようでした
ボディでダウンを取ったのはいいですが、アメリカのファンにインパクトを与えられたかは微妙ですね・・・
強すぎるというのも考えものだなあと思った次第

返信する
stonemeintothegroove

綿棒さん、コメントありがとうございます。
ロマゴンが衝撃的なKO負けを喫したので、モンスターの印象が薄れましたね。
井上の相手も悪かったと思います。

返信する
まんじろう

「ロマチェンコ勝ち」は良かったですが、少し物足りなかったかな。
ロマチェンコなら、ガードガチガチの相手でももっと多彩な攻撃で魅了させてくれますよね。
まあ、本人も70点と言ってるので、今後に期待です。
しかし、井上は強すぎるせいで、とんでもない勝ち方をしてるのに、もっと求めたくなります。
スーパースターの宿命ですね。

返信する
stonemeintothegroove

まんじろうさん、長谷川穂積さんが言ってましたが、井上に欠けているの強弱の打ち分け、だそうです。
昨日はすべて、「強」でしたからね。

返信する
豪州在住

こんにちは、以前も書き込みさせていただきました。
自分は井上選手の大ファンですが、「モンスター」というリングネームは何とかならないものでしょうか・・・
モンスターやビーストと言う言葉はタイソンみたいなキャラに使われます。更に性犯罪者や幼児虐待者にニュースなどで使われることもあります。井上をモンスターと呼んでも、欧米人はピンときません。
試合と直接関係なくてすみません!

返信する

英語と日本語で見ましたけど、英語の解説で井上は30過ぎると今のままだと勝てなくなる。反射神経が良い20代だから出来ることだと言ってました。井上のディフェンスは現代ボクシングでは古いらしい。私には分かりませんが、そうなのかな?
日本語版では具志堅のテーピングの巻き方の違いがなるほどな~と。アメリカだとテーピングが薄いので井上は強打が打てないのかもと言及してましたね。確かに、右の強打はほとんど無かったですね。
あと、youtubeのボクシングチャンネルで井上のジャブの後、左手が下がる癖を指摘してました。次の左ボディーに移行する為に下げていると思うのですが、クアドラスならこの隙を見逃さないし、シーサーケットなら強打を叩き込めるとの指摘。
次は強者と戦ってほしいな~。
井上の一方的な試合は見飽きました。

返信する
stonemeintothegroove

j さん、英語が出来るんですか!羨ましい限りです。
私もWOWOWを見始めたときに、せめてリングアナが言ってることぐらい理解したいと、ECC に一年通いました。
結局、レフリーのwatch your headの意味だけ解りました(笑)
さすがの井上もシーサケットやエストラーダにはてこずるでしょうね♪

返信する
stonemeintothegroove

豪州在住さん、お久しぶりです。
日本英語はネイティブとかなりニュアンスが違う場合がありますよね。
話は少しそれますが、リングアナが選手を紹介するとき、欧米では、挑戦者が先ですが、日本はチャンピオンが先ですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です