オレクサンドル・ウシクが判定勝ちでヘビー級世界4団体のタイトルを統一! VSタイソン・フューリー(DAZNが5月19日午前1時から生配信)追加料金3000円!

目次

最近やや精彩を欠いているフューリーとパンチ力のないウシクの対戦だと、判定決着。しかも凡戦が予想されます。「わしボク」は3000円も払う値打ちのある試合とは思いません。従って、生で見るのは諦めました。

4団体統一世界ヘビー級タイトルマッチ

タイソン・フューリー(イギリス)VSオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

タイソン・フューリー(イギリス)WBC王者

35戦34勝24KO1分け、35歳 オーソドックス

身長 206cm リーチ 216cm 

2015年11月、ウラジミール・クリチコに判定勝ちして4団体統一王座を獲得しましたが、その後病気でタイトルを返上し、3年間のブランクを作りました。2018年に復帰し、12月にWBC王者のワイルダーに挑戦しましたが、引き分けで王座獲得に失敗。しかし、2020年の再戦でTKO勝ちしタイトルを獲得し、3度目の対戦でもKO勝ちで初防衛に成功しました。2022年4月に暫定王者のディリアン・ホワイトと統一戦を行い、6RTKO勝ちで2度目の防衛に成功。しかし、その後引退を表明しましたがすぐに撤回し、2022年12月、デリック・チゾラにさえないTKO勝利で3度目の防衛に成功しました。そして、2023年10月にフランク・ガヌーにダウンを奪われる辛勝と、やる気のない試合が続いています。

オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)WBAスーパー・IBF・WBO王者

19戦全勝13KO、35歳 サウスポー

身長191cm  リーチ 198cm

2013年にプロに転向し、2016年にWBO世界クルーザー級タイトルを獲得しました。2018年7月に、ムラト・ガシエフにWBSSに優勝するとともに、4団体統一王者となりました。2019年にヘビー級に転向。2021年9月に3団体王者のアンソニー・ジョシュアに判定勝ちして、3団体王者になりました。2022年8月にジョシュアとのダイレクトリマッチでも2-1の判定で防衛に成功しました。2023年8月、ダニエル・デュボアにTKO勝ちして2度目の防衛に成功しました。

展開予想

凡戦。

試合展開

序盤は体格で劣るウシクが前に出ましたが、徐々にフューリーが攻勢に転じます。しかし、8ラウンドにウシクが強打を浴びせ、9ラウンドに左フックから連打でダウンを奪いました。

しかし、その後両者決め手を欠き、12ラウンドのゴングを聞きました。

判定は2-1(115-113,114-113,113-114)でウシクの手が上がりました。ヘビー級史上初めて、4団体を統一しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)