3度目の激突も超凡戦、サウル・カネロ・アルバレスが判定で4団体統一世界S・ミドル級王座を防衛VSゲンナディ・ゴロフキン

目次

(出典:WOWOW)

サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)VSゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

4団体統一世界S・ミドル級タイトルマッチ(2022年9月17日・日本時間9月18日)

両選手のプロフィール

サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)4団体統一世界S・ミドル級王者

61戦57勝39KO2敗2分け、32歳 オーソドックススタイル

身長 173cm リーチ 179cm

2011年にWBC世界S・ウェルター級タイトルを獲得し、6度防衛後、フロイド・メイウェザーとの王座統一戦で判定負けし、初黒星を喫しました。その後のカネロの対戦相手は、ボクシングファンならだれもが知っているボクサーばかりです。ミゲール・コット、ゴロフキンなど名前を上げたらきりがないほどです。そして、2019年にはライトヘビー級WBO王者のセルゲイ・コバレフにKO勝ちして、タイトルを獲得しました。その後、またカラム・スミスに判定勝ちして、S・ミドル級の世界タイトルを獲得、2021年にはケイレブ・プラントに勝って4団体統一王座を獲得しました。しかし、2022年5月にWBA世界ライトヘビー級王者のドミトリー・ビボルに挑戦し、全くいいところなく惨敗を喫し、大きく評価を下げました。

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)IBF・WBA世界ミドル級王者

44戦42勝37KO1敗1分け、40歳 右オーソドックススタイル

身長 179cm リーチ 178cm

2010年にWBA世界ミドル級タイトルを獲得し、なんと20度も防衛しています。その間にWBCタイトルやIBFタイトルも獲得しています。そして、2018年9月に、サウル・アルバレスとの再戦で初黒星を喫し、王座陥落。2019年10月にIBF王座決定戦で判定勝ちし、再び世界王座に返り咲いています。2020年12月に初防衛に成功してから、1年4か月のブランクの後、村田諒太と王座統一戦を行い、地力の差を見せ、9RTKO勝利で2団体王座を獲得しました。

メインのカードのほかに、アンダーカードが3試合予定されています。

① 11戦全勝のオースティン・ウイリアムズ(アメリカ)がキーロン・コンウェイ(イギリス)と対戦する10回戦。

② S・ミドル級10回戦 アリ・アフメドフ(カザフスタン)VSガブリエル・ロサド

③ WBC世界S・フライ級タイトルマッチ ジェシー・ロドリゲス(アメリカ)VSイスラエル・ゴンザレス(メキシコ)

展開予想

メインのカードが始まるのは、12時過ぎでしょうね。

ドミトリー・ビボルに全くいいところなく負けてしまい、評価を大きく下げたアルバレスですが、S・ミドル級ではまだまだその力は健在です。一方のゴロフキンは、序盤、村田のボディ攻撃に押されていましたが、中盤から地力の差を見せ、TKOで統一王座を獲得しました。しかし、パワーではやはりアルバレスの方が上ですし、初めてのS・ミドル級というハンデもあります。ひょっとすると、アルバレスの執拗なボディ攻撃に撃沈する可能性もありますね。少なくとも、アルバレスの優位は動かないでしょう。

試合展開

2戦目をコピーしたような、盛り上がりのない超凡戦でした。スリリングな場面は一度もありません。ゴロフキンのパンチもS・ミドル級では威力半減。カネロは相変わらずの堅実な負けないボクシングを展開し、判定で4団体統一王座を防衛しました。

採点は3-0(116-112,115-113,115-113)。満足したのは戦って大金を手にした二人だけでしょう。「わしボク」は寝そうになりました。DAZN、金返せ!

 

 

 

4 Comments

カネロにもがっかり。一方的な展開なのにノックアウトも無し。2R終了時点で下がり続けるゴロフキンに判定勝ちの可能性は0だと判明。それからは眠気との闘いでした。

返信する
わしボク

ゴロフキンはスロースターターの悪い癖が出ましたが、やはりいきなりのS・ミドル級は辛いでしょう。
カネロは連打という攻撃を知らないのか、それとも出来ないのかもしれませんね。

返信する
怒りの王子

カネロ、試合中に左手傷めたみたいですね

ゴロフキンも試合後のコメントで僕のパンチがいまいちだったのかもと述べてましたが・・

カネロは?ですがゴロフキンの適正階級はやはりミドル級なのかもしれませんね。

返信する
わしボク

いきなりS・ミドルでタイトルマッチは、かなりのハンデキャップですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)