激戦区ライト級に新星が台頭してきたぞ! レイモンド・ムラタラが6ラウンドTKO勝ち VSミゲール・コントレラス

目次

(出典:WOWOW)

レイモンド・ムラタラ(アメリカ)VSミゲール・コントレラス(アメリカ)

ライト級8回戦(2022年11月12日)

両選手のプロフィール

レイモンド・ムラタラ(アメリカ)WBO世界ライト級15位

15戦全勝12KO、25歳 オーソドックススタイル

身長173センチ  リーチ 183センチ

リングアナウンサーは、「ムラタヤ」と言っているように聞こえます。

ミゲール・コントレラス(アメリカ)

14戦12勝6KO1敗1分け、24歳 オーソドックススタイル

身長 170センチ  リーチ 171センチ

試合展開

コントレラスは手数で応戦

1ラウンドは両者様子見でスタートしましたが、2ラウンドからコントレラスの手数が増えてきました。しかし、ほとんどのパンチがガードの上で、パンチの的確性ではムラタラが上ですね。3ラウンドはムラタラが攻勢をかけます。的確にパンチをヒットさせコントレラスを追い詰めますが、コントレラスも手数で応戦します。

コントレラスの手数にムラタラは落ち着いて応戦

4ラウンドに入ってもコントレラスの手数は止まりません。ムラタラは打ち合いを避け、冷静にパンチをいなしながら、要所要所でカウンターを放ちます。ムラタラはボディワークも巧みで、スムーズにサイドステップしてコントレラスをさばくところなんかは、ワシル・ロマチェンコを彷彿させますね。ムラタラには「いつでも倒せる」余裕が見られます。

ムラタラが倒しに行く

6ラウンドにムラタラがギアを上げてきました。コンパクトなアッパーがヒットし、パンチのスピードも上がってきました。コントレラスも必死に手数で応戦しますが、ムラタラの強烈な左がコントレラスをとらえ、左右のパンチでコーナーに追い詰めます。そして、さらにコーナーに詰めて連打を畳みかけると、レフリーが割って入り、試合をストップしました。

ムラタラが6ラウンドTKO勝ちで無傷の16連勝をマークしました。

ムラタラは「トップランク社」の期待のホープ。一発のパンチ力に欠けるところがありますが、完成度は高いですね。まだまだキャリアを積んでいく段階ですが、もう少し強引に攻める姿勢も欲しいですね。来年にはライト級の激戦区を勝ち上がり、世界戦に台頭してくるような気がします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)