楽しみなヘビー級プロスペクトが登場!将来のスター候補、ジャレット・アンダーソン。これからはヘビー級もスピードの時代。

(出典:WOWOW)

ヘビー級8回戦(2021年10月9日)

ジャレット・アンダーソン(アメリカ)VSウラジミール・テレシュキン(ロシア)

ジャレット・アンダーソン(アメリカ)

9戦全勝9KO、21歳。サウスポー

身長 193cm リーチ199cm 体重 109キロ

ウラジミール・テレシュキン(ロシア)

23戦22勝12KO1分け、33歳。オーソドックススタイル

身長 198cm リーチ 196cm 体重 116キロ

試合経過)

1R)

体格は明らかにテレシュキンが上回っています。しかし、序盤からアンダーソンが長くて速い右ジャブを放って試合をコントロールしようとしています。早いジャブが何発もテレシュキンの顔面にヒットします。そして返しの左も速い!

テレシュキンは体格差を活かして前に出ますが、アンダーソンは先に上下にパンチヒットさせます。テレシュキンは何とか体格差を活かして、もみ合いにもっていこうとします。しかし、その前にアンダーソンの右ストレートがきれいにヒットします。右フックはややオープン気味ですね。アンダーソンはしつこくボディにパンチを集めます。ラウンド終盤、アンダーソンはテレシュキンのパンチに合わせて、カウンターを打ち込みます。

2R)

アンダーソンは、右ジャブをボディにヒット。テレシュキンはサウスポーにスイッチしました。そして、また右に戻します。アンダーソンは今度はワンツーをテレシュキンの顔面に叩き込みます。アンダーソンはテレシュキンが接近すると、うまく右ボディブローを打ち込みます。

とにかくアンダーソンが先手先手で先にパンチを放ちます。テレシュキンは速い動きについていけてませんね。テレシュキンは苦し紛れに、左右にスイッチを繰り返しています。そこへ、アンダーソンの的確な速い右ジャブが飛んできます。

アンダーソンが前に出て、ワンツーを叩き込み、ロープに追いつめます。早くも倒しに行っている感じです。アンダーソンのボディストレートが効果的ですね。左ボディからオーバーハンドの右フックを叩き込み、テレシュキンをコーナーに詰めました。レフリーがストップのタイミングを計っていますね。そして、アンダーソンが打ち下ろしのワンツーを叩き込んだところで、レフリーが試合を止めました。

アンダーソンはこれで10戦全勝10KOですが、KO率ほどのパンチ力はなさそうです。しかし、スピードはヘビー級ではピカ一ですね。好戦的なボクシングスタイル、そしてディフェンスもしっかりしていて、テレシュキンのパンチをほとんどもらってません。193cmとこのクラスでは決して大きくありませんが、このスピードは十分世界を狙える武器になると思います。スター候補の素質は十分にあります。

「わしボク」好みの新星が現れました。しばらく追っかけたいと思います。まあ、2~3年はかかると思いますが、少しずつ強い相手と対戦して、着実にステップアップしていってほしいものです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)